白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養、暮らしと食をテーマに執筆しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『自炊力』『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通『栄養と料理』『ホットペッパー』などで執筆中。

肉団子スープ、そして最近の仕事から。

先日作った、白菜と肉団子のスープ。 合いびき肉が安くなってたので、いっちょ作るかなと。使い切りたいパセリをたっぷり刻んで加えてます。 合いびき肉を塩でこねて、酒と片栗粉、パセリ加えて練って。細切りショウガをこれまたたっぷり用意して、団子と一…

金沢『𠮷はし』

先日、取材で石川県に行ってきました。 早めに行って金沢で降り、和菓子店の『𠮷はし』に寄ってきましたよ。 入り口にはホテイアオイが飾られ、ちょうど花が。 お菓子は前日までの要予約、 お電話すれば、ちょうど栗きんとんが始まったばかりというタイミン…

お豆腐屋さんで教えてもらった巾着煮

先日、とあるお豆腐屋さんでのこと。 隣にいた方が、おいなりさん用の油揚げを手に取ったんですね。多分、70代ぐらいの女の人。わー……おえらいなあ、と思ってしまって。いや、私はおいなりさんってとても面倒に思えて、なかなか作らないのでね。 こんなご時…

暮しの手帖別冊『気分を大事に 続ける料理』

お月見丼。 シラスは雲に見立てて……というわけじゃなく、単にある日の朝食です。目玉焼きとシラスで小どんぶり。好きなんですよー、この組み合わせ。 先日(9/21)は中秋の名月でしたね、満月と重なるのは8年ぶりだったとか。当日はツイッターのTLに月がたく…

久々の炊き込みごはんは松茸で。

さて9月になりました、と書き出そうと思って早10日。 (;^_^A 今月初ブログでございます。 いきなりですが、松茸ごはんの画像から。久々に嗅ぎましたこの香り。やっぱりいいもんですねえ。 この松茸、なんとブータン産。 先日取材で久々に豊洲市場に行ったん…

8月の食記録、『クロワッサン』『メトロミニッツ』でのコラムなど。

渡辺康啓さんのキュウリサンドイッチ キュウリの薄切りをたーーーっぷりのせたサンドイッチ。 この夏、何度も作りました。キュウリとハム、マヨネーズのシンプルなサンドですが、輪っかに手切りして塩したキュウリだと実においしく、食べやすくもなる。 料理…

最近の料理メモ。イカのピリ辛炒め、初江さんの梅ジャム、名前のないのっけメシなど。

先日、どうにもイカのピリ辛炒めが食べたくなりました。 なんというか発作的に。こういう衝動には従うのが私の常。スーパーに行ったら、その日はイカ2杯で580円だったかな。安くはないが、不漁なんだからしょうがない。 ナスとピーマン、ズッキーニと一緒に…

8月1日、野菜日和。

もう8月なんですねえ。 8月最初のブログは、色鮮やかなトマトの写真から。近所に無人販売所があるんですが、サンマルツァーノ種のトマトが置いてあったので即買い。これで300円でしたよ。 生よりも煮込みに向くタイプのトマト。もう少し追熟させて、トマトソ…

四国カルストのハンカイソウ、そしてウルメイワシ刺

七月は出張が続きました。 先日は高知へ。名所の誉れ高い四国カルストと青い山の風景、しばしご覧ください。 たくさん咲いていた、黄色い背の高い花。 調べてみたら、ハンカイソウという名前。 どんな字だろうとさらに検索したら、樊噲草。よ、読めない! 初…

静岡・中伊豆のワサビ谷

先日、静岡・中伊豆のワサビ農園を取材で訪ねました。 沢ひとつがワサビ栽培の地となっていて、もう圧巻というほかなく……! 分け入っても分け入ってもワサビ谷。 天城山系の豊水、とめどなく。 ざぶんと飛び込みたくなっちゃったな。 暑い日でしたが、水はい…

小石川後楽園のヤマユリ

先日、小石川後楽園に初めて行ってきました。 ツイッターで公式アカウントの方が「ヤマユリが見ごろですよ」とつぶやかれていて、どうにも寄りたくなったんです。小石川といえば東京文京区、後楽園遊園地・東京ドームのすぐとなりにありました。 東京ドーム…

ササニシキ、プラムの「しんじょう」、インゲンとトマトの蒸し煮……この頃の記録。

近所のスーパー、私の「推し米」であるササニシキを入れてくれてて、嬉しい。 小さい頃を宮城県で過ごしたので、お米といえばササニシキでした。コシヒカリ系とは対照的な、さっぱりとしたおいしさが特徴。湿気の多い時期、暑い時期には特に向いてるお米だと…

ハモにゅうめん、『塩野』さんの和菓子、『華』の餃子など、このごろの食メモ。

いきなりですが、ハモにゅうめん。 ハモのアラをたまたま池袋西武の地下『なかお』さんで見つけたんですね。いいダシが出ると聞いていたので、試してみたくなり購入。 ほどよく炙って、昆布だしで炊いて薄口醤油、酒とみりん、塩少々でおつゆにしました。骨…

秋田のジュンサイ、無印のパッタイキット、『パテ屋』さん、このごろの食記録。

秋田の三種町からジュンサイを取り寄せました。 6月は収穫の最盛期、水の膜におおわれた、新芽の部分をいただきますよ。 サッとゆがくと鮮やかな緑色に変わります。 ツルっとした食感、いいもんですね。このひと房ひと房、手作業で摘み取られていると思うと…

5月の食メモあれこれ

きょうの昼はゴーヤをいただきました。 今季初ゴーヤ、豚モモと一緒にオイスターソース炒めに。余ってたピーマンも入れてます。にがいはうまい。年々苦みのある野菜が好きになるのはなんでだろうな。 さて明日からは6月ですねえ。5月のあれこれをギュッとメ…

おかゆ研究な日々、その2。

お米が煮える匂いというのはやさしく、いいものだなと最近あらためて感じています。 前回も書きましたが、このところおかゆに興味を持ち、ウー・ウェンさんの本を参考にあれこれ試しているんですね。朝起きてその日の気分で「きょうのおかゆは何にしようか」…

おかゆ研究な日々、そしてショウガ焼き。

最近、おかゆをよく作っています。 お腹の調子がイマイチなわけではなく、シンプルに作るのが面白くて。上の写真はいわゆる白がゆなのですが、鯛のアラのだしで作っています。鯛アラは本当にうま味が強いなあ……我ながらおいしくできました。 中華がゆを勉強…

鶏がゆ、春キャベツのコールスローなど最近作ったあれこれ。

ある日の昼食、鶏がゆと水餃子。 たまに食べたくなりますね、おかゆさん。最近ちょっと中華粥を勉強したくなっているのです。作り方もいろいろなんだよなあ。 鶏ひき肉とショウガ、ネギの青いとこで出汁にして、太白胡麻油でじっくり炒めた米を煮ました。も…

木の芽蕎麦と告知3つ、秋葉原駅のホームのあんみつ、緊急事態宣言。

お花をいただきました。 芍薬の花ひらく朝、いいもんですね。 うれしかった。イクル君ありがとう。 さて4月も最終週。きょうのブログはこんな感じ。 木の芽肉南蛮 鳥羽の海女さんに教えてもらったワカメとメカブの味 雑誌『クロワッサン』買ってよかったもの…

亀戸の藤、佐野みそ、YATOBOOKS

亀戸天神へ 佐野みそ YATO BOOKS 亀戸天神へ 東京・江東区にある亀戸天神社。 SNSで「藤が見事ですよ」とアップされてる方があり、その写真が実にきれいでね。「あ、行きたい」と衝動的に思ってしまって。 ・亀戸~両国方面に行ってみたい店が他にもある ・…

池袋のレンゲ、カツオ菜、タケノコで三品、誕生日。

いきなりですが、レンゲです。 池袋駅の近くで咲いてたんですよ、びっくりしたなあ。駅西口から5分ちょい歩いたところ、電柱の脇の茂みに。種がどこからか飛んできたんでしょうかね。レンゲを見かけるなんていつぶりだろうか。 漢字だと蓮華と書きますが、た…

我が家の春のちらし寿司

こないだの日曜日、ちらし寿司を作りました。 きぬさや、えんどう豆、白魚、タケノコ、煮シイタケ、甘酢に漬けたレンコンとミョウガ。私の好きな春の組み合わせです。若緑のちらし寿司。 3月が妙に忙しくてなかなか作れず、「ちらし寿司作りたいぜ!」欲が妙…

タケノコ山椒ごはん、鳥羽の天然ワカメ、ヨルムキムチ。

タケノコ山椒ごはん、炊き上がりました。 春の湯気ですねえ、いい香りだ。お米は茨城産のコシヒカリ。薄口醤油と塩ちょい、ゴマ油少々で炊いています。リゾットにしてもいいだろうな。 三重県は鳥羽の海女さんにいただいた天然ワカメが実においしくて。食感…

牛スネのスープ、『プラス・オ・ソレイユ』のクッキー、常安寺、日向夏。最近のメモ

和牛スネ肉が手頃で、嬉しくなって2パックほど購入。 一度ゆでこぼしてから、また水から沸かし、アクを取ったのち弱火でことこと煮込みます。大根と合わせて、ねぎの青いとこと玉ねぎも余ってたので一緒に煮て、スープづくり。計50分ぐらいかな。塩だけでも…

開花宣言の日にキツネうどん、そしてしらいさんのレンコン鶏炒め。

3月14日、気象庁が東京の開花を発表しましたね。 平年より12日早いのだそうな。そんな日の朝、なぜかキツネうどんが食べたくなりました。ベースはいりこと昆布、一発で好みのおつゆになり幸先のいい日曜日。冷凍してある「大桃豆腐店」の油揚げをコトコト煮…

尾張稲沢『松屋長春』のお菓子

『京菓子司 松屋長春』さんの和菓子の数々。忘れがたい味わいです。長いこといただいてみたいと思いつつ、先日ようやく念願かないました。 どれもおいしかったのですが、特に忘れがたいのが若草餅。なまめかしいほどの柔らかさと、香りの良さ。和菓子って、…

『栄養と料理』でミールキット特集

グジュさん元気です。 最近、くわえているゴム輪っかが大のお気に入り。取ると「ぐるる」と怒ります。投げると取りに行ってはくわえて戻ってきて「もっと投げて」とせがまれる。何度も繰り返しては、しまいに疲れてコテンと寝てしまう。 めずらしく、りりし…

『オレンジページ』でコラム連載が始まりました。

料理雑誌の『オレンジページ』、現在発売中の号からなんと1年間、コラム連載を持たせていただけることになりました。 題して「白央篤司のマイペース自炊日記」、私のこのブログや拙著『自炊力』を読んでくださったオレンジページの編集長からご連絡があった…

春キャベツとユズの肉うどん、骨付き鶏と新玉ねぎのスープ。

なんだか無性に食べたくなった、春キャベツときざみ揚げをたっぷりと入れた肉うどん。ユズを最後にのせて香りづけ。春のものと冬の香りの同居ですが、なんとも良い取り合わせになりました。 肉うどんといっても、豚を使っています。一度別に熱湯でしゃぶっと…

麻布十番へ。久々の『たき下』さん

仕事で麻布十番のスタジオに行けば、公園のコブシが咲き出していました。コブシやモクレンが咲き出すと、「おお、春だ」って気が高まります。 道すがらに沈丁花(じんちょうげ)も。 冬の終わりを告げる花、その香り。 早咲きの桜にはメジロが。どこにいるか…