白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養、暮らしと食をテーマに執筆しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『自炊力』『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通『栄養と料理』『ホットペッパー』などで執筆中。

ユッケジャンスープ的なごった煮と、この頃の仕事から。

きょうの第1食。

 

ユッケジャンスープ的な味つけで、ありものいろいろ煮たスープ。
豚肉、ゼンマイ、春キャベツ、キノコ2種、ニンジン、豆腐と具だくさんで。ショウガとニンニク刻んだのを油で軽く炒めてから、いりこと昆布のだしで具を煮て、薄口醤油、みりん、コチュジャン、韓国の粗びき唐辛子で調味しました。

 

我ながら、おいしい……。あ、薬味的に三つ葉ミョウガを食べる直前に入れてますが、よーく合いました。ゼンマイは田舎の親が送ってくれたもの。感謝です。

 

さて、このところの仕事を紹介させてください。

 

二日酔いの朝はコレ!

www.ienomistyle.com

二日酔いの朝って、とにかく水分を欲しますよね。

私の場合、水ももちろんなんですが、こんなものがあるとちょっと体が助かるのです、というお話。イエノミスタイルさんが書かせてくれました。

 

名前のない鍋

withnews.jp

朝日新聞ウィズニュースで連載中の「名前のない鍋、きょうの鍋」、最新回は社会人生活2年目の男性のお宅へ。冷凍野菜を自分で作ってストックし、手早く作る鍋は見事なものでした。家事力の高さ、お母さんからの“荒療治”がよかったようです。

 

映画と食に関するコラム

shueisha.online

「映画と食」について、自由に書いていいなんて嬉しいオファーが!

1990年の作品『殺したいほどアイ・ラブ・ユー』がまず思い浮かんできて。覚えてる人、いるかなあ? 冒頭からおいしそうなピッツァが登場します。当時日本は宅配ピザブームの真っ最中。そんなことも書きつつ、作品内に登場する“危険な”スパゲティについて書きました。

 

豪華キャストがなんとも楽しく真面目にフザけまくる、大好きな映画です。「映画と食」、またどこかで書けますように。 

 

メトロミニッツ×山形旅

そして配布中のメトロミニッツ、山形紀行文を書かせてもらってます。

山菜料理で有名な旅館の出羽屋さんのこと、山形の春告魚のサクラマスや郷土料理のこと、酒田や山寺を歩いて、最後は大好きなワインキッチン、プルピエさんを訪ねて、とボリュームもたっぷり。

 

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

一部はWEBでも公開中!

www.ozmall.co.jp

 

 

 

 

しかし、あちこちで花が盛りですな。

取材の行き返り、足を止めて見入ってしまうことが増えました。藤はいいねえ。

 

最近、ちょっと忙しくてあまり料理できてませんでした。連休は手作りを楽しみたいと思います。

 

それでは、また!