読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

池尻『季節料理・酒処 さそう』

 池尻の旧道沿い、美味しいお店が多いんです。

 中でも好きで通っているのが、こちら。

 

f:id:hakuoatsushi:20150319143308j:plain

『季節料理・酒処 さそう』

「和×アジアン」な創作料理と、日本酒&自然派ワインのお店です。

 創作料理って私は結構苦手というか…「なんでそんな創作しちゃったの」とがっかりする経験が多かったんですね、今までは。

 しかし『さそう』さんの創作アイディアはすごいなあ…と毎回ほれぼれします。

f:id:hakuoatsushi:20150319143759j:plain

 お通し、新生姜入りのポテトサラダ。最初のビールと嬉しい組み合わせ。

 

f:id:hakuoatsushi:20150319143859j:plain

「なんか、3品ぐらいおつまみ盛り合わせてください」

 とお願いしたら、出してくださったのがこちらです。

・うどのキンピラと葉もの野菜の生春巻き

・鶏とふきのとうのリエット

・花わさびのおひたし

 こんなテイストの料理が日替わりでたくさんあります。岩手の銘酒『酔右衛門』と一緒にいただきましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20150319144133j:plain

 ラム団子のトマト煮こみ。これ、好きなんだ…。

 軽めの赤ワインがほしくなる。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20150319144308j:plain

 皮がもっちもちの餃子。餃子は『さそう』さんのが私は一番好きだなあ。

「ブリと春菊の水餃子」というのもこの日はあって、なんで頼まなかったんだろう…と今でも後悔中。(^д^;)

 

 ご主人のお人柄も穏やかで、居心地のいいお店なんです。

 英語の「cozy」ってここのような場のことを言うんだと思う。美味しい店はわりにあるけれど、居心地のよい店は少ないですね。