白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

長野へ ~蓼科にて山菜採り

f:id:hakuoatsushi:20170604101529j:plain

友人イシガキさんに誘われて、長野へ山菜採りに行ってきましたよ。

5月の最後の週末、まだコゴミに間に合いました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604101738j:plain

朝の6時に起きて目的地へ。車窓からの風景。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604101831j:plain

田の水に山映えて、苗が風にゆれています。いいもんですな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604095411j:plain

新宿から『あずさ』に乗って2時間半ぐらいの茅野駅で待ち合わせ。なかなか素敵な駅舎でしたよ。ここから友人の車で1時間ぐらいかな、山にずんずん入っていきます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604095803j:plain

いい空気!

みんなで深呼吸。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604102330j:plain

朝まで雨が降っていたようですが、さほど濁らずきれいな渓流でした。このあたりからまた車でさらにあがって山菜摘み。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604102519j:plain

採りたてコゴミ、やっぱうまかったですねえ。若い緑の強さがありつつ、えぐみはなくて食べやすい。さっとゆがいてポン酢でいただきました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604112112j:plain

ビールをゴクッと飲み干して、なんかちょっと泣きそうになったな。

心が不意にほどけそうになったというか。幸せなひとときでした。

チカちゃん、連れてきてくれてありがとう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604103744j:plain

三つ葉もいたるところに生えていたので、たっぷり摘んでおかか和えに。

大きな土グモは出てきたけど、ヘビやらにも出くわさずにすみました。コゴミの群生ポイントを見つけられてラッキーでしたが、そのほかの山菜運は今回はふるわず。キイチゴやクワの実もまだまだこれから。残念!

 

f:id:hakuoatsushi:20170604104603j:plain

知らなかったんですが、春ゼミってのがいるんだそうですね。夏のアブラゼミよりやさしい声。そこらじゅうで鳴いていましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604104646j:plain

お、八重のシダレザクラだ!

 

f:id:hakuoatsushi:20170604104716j:plain

見上げればまだかすかに花がついています。

見回せば山藤の盛り。東京で見終えた花々がまだそのいのちを燃やしていて、1か月ぐらいのタイムスリップをしたような。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105204j:plain

さて、宿に向かいました。温泉につかって、夜は宴会。

イシガキさん、アキオさん、楽しい宴に混ぜてくださって、本当にありがとうございました。感謝です。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105020j:plain

山の朝。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105232j:plain

宿の入り口には咲きたてのスズランが。これも東京ではもう花が終わりましたね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105256j:plain

※ここに泊まったわけではありません(笑)。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105537j:plain

宿の近くを朝散歩。ホント、絵のような風景で眼福この上なかったんですが…私は早くも昨日の山歩きの筋肉痛でモモが痛くて痛くて。ヒーハー言いながらの散歩でした。

(^-^;

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105830j:plain

この八ヶ岳高原牛乳、うまかったなあ。毎日でも飲みたい!

 

f:id:hakuoatsushi:20170604105934j:plain

10時に宿をチェックアウトして、農家さんの直売所へ。

一升瓶ワインやうどん用の地粉の豊富なこと! あと、長野はクルミや挽きグルミが手に入りやすくていいですねえ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20170604110331j:plain

もう一軒、地元スーパーに寄って食材いろいろチェック。

おとなりの山梨県甲府エリアだと煮貝をよく食べるんですが、ここ茅野でも同様の商品が置かれていて印象的。アカニシ貝の煮つけ、ニーズあるんだなあ。

馬刺しも肉コーナーの一角にあり、また長野名物・塩イカも鮮魚コーナーにありました。この辺も食べるのですねえ。

そうかと思うと、生シラス丼が弁当コーナーにあって感慨深く。保存&輸送技術の発達を思います。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604111050j:plain

さて、楽しかった旅も終わり。茅野駅の立ち食いソバで昼ごはん。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604112732j:plain

これ、食べてみたかったのですよ。ジビエ活用されてるようですね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170604111127j:plain

わりとしっかりシカ肉入ってました。シカ肉は別調理で後のせ…のようですが(まあそりゃそうだ)、なかなかにうまかったです! 

 

f:id:hakuoatsushi:20170604113011j:plain

古い言葉ですが、すてきな「命の洗濯」になりました。

今度は佐久に行ってみようと思います。