読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

『馥や』さんのおつまみ盛り合わせ、圧巻!

 

 

 

小伝馬町にある『馥や』さんは

呑みすけにおすすめしたいお蕎麦屋さん。

 

一杯やりたくなるような佳肴がいろいろとあるので、

いつも品書きをひらくのが楽しみなのです。

 

 

先日は、編集さんとの打ち合わせを兼ねてうかがいました。

こういうときって、場がほぐれるまではメニューを考えたり

注文するのが煩わしいもの。

(みなさん、「一緒でいいです!」とかなりがちですよね)

 

「おつまみの盛り合わせ、お願いできますか?」

 とお願いしておいたんですが、出されたとき、目をみはりました。

 

f:id:hakuoatsushi:20160323143419j:plain

いやー……壮観!

 手前の青いお皿にのっているのから左に、

  •  田ゼリと新ゴボウ、鶏たたきのゴマ和え
  • クリームチーズの金山寺みそ漬け
  • 鞍掛豆のおひたし(おちょこに入っているものです)
  • はもわさ
  • フキのわさび漬
  • ノビルを叩きいれた蕎麦味噌
  • シュガートマトとアボカドの行者ニンニク和え
  • 石鯛、肝和え添え
  • 姫サザエのウニ和え

と、なります。姫サザエが真ん中。

お酒がいくらあっても足りない(笑)!

※盛り合わせは当日の仕入れによって値段が変わるそうで、

1人前で2000円~2500円ぐらいだそうです。

 

 

ちなみに、この日のお酒のラインナップはこんな感じ。

 

f:id:hakuoatsushi:20160324060856j:plain

 

あとこちら、玉子焼きと、ネギのたっぷりのった鶏焼きもおすすめですよ。

この2つは定番メニューだと思います。

 

f:id:hakuoatsushi:20160324055921j:plain

ご主人のネモトさん。

 

ごちそうさまでした!

お蕎麦の写真はまた別の機会に。