読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

麺もの生活&ショパンコンクール感想メモ

f:id:hakuoatsushi:20151022144457j:plain

今朝は久々にスパゲッティをゆでました。

朝起きて、お湯わかすとなーんかホッとする季節になりましたねー。

うーん…乾燥してきたなあ。ノド気をつけなければ。

 

私は難儀なことにえらい早起き体質で(前日飲んだ日を除く)、

通常だと5時半ぐらいにはバチッと目が覚めてしまいます。

それから家事をかたづけ、メールチェックなどして、だいたい8時ぐらい。

なので朝の第1食はけっこう毎回しっかり摂ります。

 

きょうはシンプルにトマトソースにツナ。らくちんだー。

月刊誌『栄養と料理』の連載「減塩日記」の研究もかねて、

塩をほぼ使わないレシピに挑戦してます。

パスタゆで塩はなし、酢や黒コショウで味わいメリハリ。

このへんのことは来年の2月発売号ぐらいに掲載予定です。鬼が笑うね。

 

などといいつつ、昨日はがっつりラーメンだったり。

f:id:hakuoatsushi:20151022144805j:plain

別の仕事で使った「なると」が余ってたんですねー。

こりゃラーメンにのせるしかない。のせたい!

小松菜、光ってますね。

あ、いま発売中の『栄養と料理』では減塩日記がラーメンの巻。

よかったら見てみてくださいませ。

 

 

秋晴れつづき。きょうも秋らしい陽光がさんさんと。

山に行きたくなるなあ。

 

付記

ショパンコンクール、結果が出ましたね。

今回はかなり見ました。その感想をちょっとメモ。

 

 

21歳のチョ・ソンジン君が見事、優勝!

素晴らしい構成力、そして気迫あふれる演奏で本選までを弾ききり、

いつも名前順でトップバッターだったにもかかわらず、

安定した見事な演奏でした。

 

すばらしかった。彼は韓国人として初の覇者に。

まさに大器。なのにおごった感じがなく初々しさが表情にあるのに好感です。

すっかり、ファンになりましたよ(1月の来日チケット、3次予選の段階で取ってしまいました)。

 

1次予選からもうそりゃたっぷりとyoutube配信を見続けたので、

結果発表のときにはこっちまでジーンとして、思わず涙が出ました。

「ザ・ファーストプライズ・ゴーズ・トゥ・ソンジンチョ!」

おめでとうソンジン! 当然の結果だあ!

おっさん深夜にボロ泣き。よがったねえ…。

 

そして結果が読み上げられるときの各コンテスタントの表情…。

舞台での落ち着きはどこへやら。10代の子たち(みなアジア人でした)、

ドレスやジャケットを脱いだ私服姿は

ほんとにもう単なる「修学旅行中の少年少女」といった雰囲気で、

あどけないったらない。

まだ16歳のイーケ・ヤンなどは、すぐそこのコンビニで

週刊少年マガジン」を立ち読みしていそうな風情。ニキビが目立ちます。

(発表を待つその姿は青いアディダスだったかのパーカー姿!)

そして彼は見事に5位入賞を果たしました。

がんばったねえ…えがったよお。(T_T)

 

日本の小林愛実さんは入賞ならずで残念だったけれど、

この体験をさらに大きな音楽家へのステップにされるはず。

ワルシャワはもとより、ヨーロッパでもファンを増やしたろうなと思います。

いい意味で若さのあるアグレッシブな演奏に、

今後どんなまろやかさや洗練が加わってくるか。楽しみです。

 

そして個人的にかなり贔屓になったのが、

第2位に輝いたカナダのシャルル・リシャール・アムラン。

(彼は入賞者では最年長の26歳だったかな、参加資格ギリギリ?)

本当に、素晴らしかった! 

第3次予選のときのピアノソナタ第3番が忘れられません。

www.youtube.com

 

2次予選までの彼は、うまいんだけれども派手さはなくて堅実なタイプの

音楽家…という感じでしたが、豹変。素敵に裏切ってくれました。

緊張感を保ちながら安定した技巧を披露、音の響かせ方がうつくしく、

緩急のつけかたがとてもよかった…音楽的なスリルとリリシズムを

交互に示してくれて、ワクワクしました。

そしてフィナーレの燃焼!

終わった瞬間には思わずPCの前でひとり拍手&ブラボー!

本選ではまるで「弾き振り」してるかのようなところもあり、大人の演奏でした。

www.youtube.com

第3楽章の入りかたなど得も言われぬ美感を漂わせて、これまた忘れられない。

ファンになったなー! 来日したら絶対に聴きに行こう。

 

 ソンジンとアムランはまったくもって違うタイプのピアニスト、

技巧と感情のバランスが両名とも絶妙なのですが、

その表現方法が根本から違うというか。

今後どんな音楽家になっていくのか……。

 

今回、 久々にクラシックピアノの楽しさを思い出しました。

(昔、習ってて、大学まではよく聴いていました)

ああ、音楽会に行きたいなあ。