読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

最近のつれづれ食メモ、園芸メモ

ベランダ園芸の日々

f:id:hakuoatsushi:20170521085658j:plain

タイムの花が咲きだしました。

ハーブ類は今が花の時季。我がベランダも華やかになってきましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521085905j:plain

こちらはパクチー。こんな花が咲くんですねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521085938j:plain

育ててみて知りましたがパクチー、けっこうな背丈になります。

そしてアブラムシを取り除くのが毎朝の日課に。人間でも苦手な人が多いっていうのに…アブラムシめ、パクチーが好きだとは。

クレソンとルッコラはアブラムシにすっかりやられてしまいました。

くやしい。。(-_-;)

 

f:id:hakuoatsushi:20170521085826j:plain

ナスの花も開花、おだやかな紫色です。いっぱい実がなりますように。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521090154j:plain

去年のミニバラもまた咲いてくれました。ういヤツよのう。

一輪だけツートンに咲いてびっくり。

さて園芸メモはこのへんにしておいて、最近つくったものなど。

最近の自炊メモ 

f:id:hakuoatsushi:20170521083900j:plain

お赤飯…ではなく、黒米を混ぜて炊いています。

香りがよくて、食欲そそられるんですよ。ジャスミンライスにちょっと似た香り。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521091822j:plain

カレーにも相性バツグン。

 この黒米、富山県のアンテナショップ「日本橋とやま館」で買ったもの。値段も手ごろで無農薬。小原営農センターという団体のプロダクツでした。

また買ってみよう。自分用メモでリンクを貼っておきます。


f:id:hakuoatsushi:20170521090415j:plain

『暗渠マニアック!』の著者、吉村生さんに教えてもらった桜海老のアヒージョ。

うまいんだ、これが。「うそッ!」ってなぐらい 海老の甘味が出るんですよ。コショウきかせて、パセリ散らしてます。ちなみに桜海老は釜揚げのもの。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521094935j:plain

そうそう、この桜海老アヒージョのあまりを玉子焼きにしたら、これまたよかった。先の黒米ごはんにカレイの煮つけで、ツレ用弁当。弁当もなんだかんだ、作り続けております。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521091039j:plain

近所の居酒屋さんで食べきれなかったハムカツを持ちかえり、翌朝サンドイッチに。

仕事で三軒茶屋に行ってきたので、ごひいき『ラ・ブランジェ・ナイーフ』であれこれ買ってきました。好きなんだなあ、ここのパン。

ナイーフさんについては以前にも書いたので、よかったらのぞいてみてください。


f:id:hakuoatsushi:20170521091449j:plain

ブリのアラ炊き。

いろいろおかずが冷蔵庫にあるのに、立派なアラがパックで100円だったのでつい買ってしまった…。ごはんが進みますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521094155j:plain

アジの干物にミョウガ、カイワレが冷蔵庫にあったので、混ぜずしに。

すし飯ってたまに作りたくなります。すし酢と炊きたてめしをチャッチャと合わせてるときが、なんか楽しいのですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170521094304j:plain

家人が千葉の岩井海岸で買ってきてくれたアジの干物、うまかったな。ありがとう。

ひよっこ』、観ています

f:id:hakuoatsushi:20170521113957j:plain

最近、朝ドラの『ひよっこ』にハマりつつあります。人物造形が自然で、セリフがいいですね。上京して働き出してから、特に面白い。

柴田理恵のおっかさん、なんだか昔やってた『明るい農村』にそのまま出てきそうな。見るたび「なつかしい…。こういうおばさん、いたなあ」なんて思います。

前作はヒロインの演技力に目を見張りつつも展開にはずーっと「???」だったのですが、今回は作劇に無理がなくて、好感。

しかしおとっつあん、どこに行っちゃったんでしょうね。なつかしの記憶喪失とかかなあ…? 

 

 

 

 

 

『栄養と料理』最新号でお米の炊き方特集を企画しました

f:id:hakuoatsushi:20170519125856j:plain

女子栄養大学が出版する月刊誌『栄養と料理』。

今年で創刊82年の歴史があります。

おかげさまで3か月連続で書かせていただきました。今回は、炊飯に関する記事の企画・執筆をしています。

 

f:id:hakuoatsushi:20170519125911j:plain

ごはん、みなさんはどうやって炊かれてますか?

炊飯器とか土鍋…ということではなく、洗米して浸水させる、炊く前のプロセス

実は、ここがおいしく炊くうえでとても重要なんです。

  • 小田真規子
  • 柏木智帆
  • 小池理雄
  • しらいのりこ
  • 野崎洋光

こちらの各氏にインタビューし、構成しました。毎日のおいしさが確実にアップしますよ。ぜひぜひ、お手に取ってみてください。

 

 

連休の終わり

f:id:hakuoatsushi:20170512093056j:plain

長かった連休も終わり。

家人が1日、2日と休みをとったので、本当に…長かった(笑)。

どこにもゆかず、家で昼から飲んでたのしみました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512093114j:plain

ナスとズッキーニのグリル。焼いただけですな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512093127j:plain

トマト、キュウリ、セロリ、そしてミョウガのオリーブドレッシング和え。

坂田阿希子さんの教室で習ったグリーンオリーブ、ケイパー、アンチョビのドレッシングがとてもおいしく、何回もリピート。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512093305j:plain

牛スジのトマト煮、オレガノとカルダモンで風味づけしたもの。クスクスといっしょに。牛スジ、上野の肉屋さんで毎度仕入れています。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512093316j:plain

こないだの旅で見つけてきた福岡・小石原焼の小皿。

高松の『sara』さんというショップで出会いました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512093329j:plain

こちらも同じ。

旅に出たら皿を1枚、記念に買うようにしています。

 

 

 

新潟よりナベ来たる

f:id:hakuoatsushi:20170512084512j:plain

うちのパクチー、初収穫です。

今年の晩春は強風の日が多く、茎が頼りないころはヒヤヒヤしっぱなしでしたが、大きく育ってくれました。いまは虫にちょっと悩まされてますが、毎朝取り除きつつ葉を楽しんでいます。

 

さて、この日は新潟から友人が遊びに来てくれました。

f:id:hakuoatsushi:20170512085511j:plain

ワタナベの手みやげ、ラングドックのロゼ。とてもおいしい。

ありがとう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512090115j:plain

さっきのパクチーをたっぷりのせた、豚しゃぶのタイ風和えもの。

野菜たっぷり、セロリ、紫玉ねぎ、赤ピーマン、キュウリ。ナンプラーとレモンとニンニクで和えてます。辛みはごく控えめ。これ、意外や日本酒に合うんですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512090301j:plain

豆モヤシとミョウガとソバの芽のナムル。ちょっと蒸してくると、こういうのモリモリ食べたくなります。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512090348j:plain

あとはオクラとナメコのおろし和えとか、キノコのナンプラーバター炒めとか。

私は酔っぱらって途中で寝てしまいました…。

(>_<;)

 

ナベ、これから東京でがんばれよー。

幸運を祈る。

 

f:id:hakuoatsushi:20170512090701j:plain

アジサイ、絶賛開花中。

 

 

 

レタスとキノコと油揚げの味噌汁&メシ通新作

f:id:hakuoatsushi:20170511075218j:plain

レタスとキノコと油揚げの味噌汁。

きざんだクレソンをちょっとのせて、すりゴマで仕上げ。この組み合わせがなかなか良かった。さあ、一日をはじめよう。

 

あれ、お知らせしましたかね。『メシ通』でこんな記事を制作しました。

横浜・野毛は長年かよってる飲み屋街。好きなまちなんですよー。

「置いてある酒、すべて日本人の手づくり」というバーがあるんです。ご店主オリジナルのアテがまたいいんですよ。ぜひぜひ、のぞいてみてください。

www.hotpepper.jp

 

清澄白河 フジマル醸造所「ぷらり 日本ワインとおつまみの昼下がり」

f:id:hakuoatsushi:20170511070248j:plain

清澄白河はじめ、各地にあるワインショップやレストランを展開するフジマルさん

この日は日本ワインのイベントでした。その名も『ぷらり 日本ワインとおつまみの昼下がり』。好きだなあ、こういうネーミング。

13時30分のスタートでしたが、開店前から行列ができる盛況でしたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511070817j:plain

日本各地のワインがグラスで楽しめ、そのワイナリーおすすめの地元つまみがあれこれ屋台風に買えるんです。

以下、飲んだものメモ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511070914j:plain

「嘉 スパークリングシャルドネ

ああ、夏に家でがぶっと飲みたい…。スターターに最高でした。今度買う。宮城で育ったものとして、おとなりの山形・東置賜郡でこんなおいしいワインが出来ていることに胸熱。

  

f:id:hakuoatsushi:20170511071933j:plain

「Strate Cassee」ストラトキャッセって読むんだったかな。自社畑産セミヨンとソーヴィニヨンブランのブレンド。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511072410j:plain

ミュラートゥルガウ」というブドウを使った白。なんと詩情豊かな味わいだろう。穏やかなんだけど、いろんなニュアンスがある。個人的に最も好みだった1本。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511072541j:plain

南陽市シャルドネ2014年。鳥上坂シリーズは初めて飲んだ。鶏とカブの炊いたのとか、マッシュルームのクリーム煮なんかを作りたくなる。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511072651j:plain

「Absolute Ego KireDeLa 2015」デラウェアのイメージが変わる1本。これ、今度のワイン会にとってみんなに出そう。もう一度、お酒飲んでないときに素で味わいたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511072928j:plain

ツレが気に入ってた岩手県のくずまきワイン、山ぶどう交配種の「小公子」というブドウを使用。今の時期なら、若ゴボウと牛の炊いたのなんか食べたくなる。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511073320j:plain

おつまみは広島のムール貝缶詰、島根「赤てん」が忘れがたく。

楽しいイベントをフジマルさん、ありがとう。

 

 

『ダンディゾン』のマーマレード、冷麺、そして家ステーキ

f:id:hakuoatsushi:20170511061917j:plain

吉祥寺『ダンディゾン』のマーマレード。

文旦、甘夏、マイヤーレモンのミックスと聞いて衝動買いしました。苦味がしっかり、実に好み。目が覚めます。豚肉に軽くぬって焼いてみようかな。

ダンディゾン、フランス語で「10年後」の意味。10年後も愛されるお店でありたい、という意味のようです。

マーマレード、小さい頃はよく食べたなあ。母が好きだったんだろうか。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511061650j:plain

 この日は汗ばむ陽気でした。たまらず冷麺デビュー。岩手『ぴょんぴょん舎』のお店も増えましたねえ。キムチは別盛りしてもらう派です。まずはスープをそのまま楽しみたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170511061711j:plain

夜は家人がステーキを焼いてくれました。ありがとう。

新ジャガ焼いたのと、家のクレソンをむしって添えてます。