白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

チーズトーストの朝、『なぎ』のなめろうと『et sona』のサラミで晩酌。

f:id:hakuoatsushi:20170819103711j:plain

今朝はツレが作ってくれました。

うれしいです、ハイ。

f:id:hakuoatsushi:20170819143327j:plain

先のチーズエッグトースト、これを使ってるんです。スーパーで「なんか楽しそうだな」と思ってカゴに入れましたが、予想どおりのパンチある味わい。なんというのか…アメリカンな感じになります。

 

f:id:hakuoatsushi:20170819103728j:plain

お昼は、トムヤムラーメン。 

 f:id:hakuoatsushi:20170819103856j:plain

 これ、サッポロ一番なんですよ。木村衣有子さんがツイッターでやってらした「つるむさらき載せ」を真似てみました。

サッポロ一番といえば味噌ラーメン。こちらは「レモングラス香る辛味噌ラーメン」という感じでなかなかの完成度なのです。日清のはもっとスパイシーだけど、こちらのほうが万人受けしそうな。

さて、この日の仕事は青山一丁目にて終了。帰りがけ、ちょうど18時前ぐらい。せっかくだし渋谷に寄っていきますか。

道玄坂『なぎ』

f:id:hakuoatsushi:20170819103807j:plain

道玄坂の立ちのみ処『なぎ』さん。福島の日本酒がメインのお店です。

このアジのなめろう、最高でした! 

なめろう、最近ハマって自分でもよく作っています。叩き具合、味噌の割合、薬味でガラリと味わいが変わるのが面白い。もともとは千葉の房総半島で生まれたとか、似たような料理は港町で昔からあった…などなど聞きますが、関西や四国の人からは「知らない」「東京に来て知った」という声もよく聞きます。さて、そこでアンケート。

よかったらご協力ください。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20170819144437j:plain

日本酒メモ。この『会津娘』の「花さくら」、個人的に大ヒット。好みも好みだったなあ…薫り高くてきれいで、米のうま味たっぷりで。

アジとやりつつ、しばしボンヤリ。

ご主人の甲田さん、ごちそうさまでした。

 

桜丘町『et sona』

f:id:hakuoatsushi:20170819145502j:plain

そうだ『et sona』のご主人、睦さんがレモンサワーを開発したと言っていたっけ。これは寄っていかなくては…と246を超えましたよ。

金曜の夜、早い時間とはいえ運よくカウンター席に座れました。さっそくいただいた"レサワ"は…お、ビネガーの香りが新鮮。疲れが取れていくかのよう。

f:id:hakuoatsushi:20170819145850j:plain

この「尾道パパイヤとせとうちレモン のむ酢」を使っているんだそうです。睦さんの奥様がたしか広島のご出身だったかな。さわやかで優しいレモンサワーでした。

しかしオリジナル・レモンサワーを開発してるお店、本当に増えていますね。

f:id:hakuoatsushi:20170819103827j:plain

睦さんはシャルキュトリーづくりの名人。

ここのロースハムは私の大好物なんですが、ちょっと添えてくださったサラミがまた素晴らしかったな。「今までで一番いい出来かも」とご自身も仰っていたので、エソナファンは今のうち、是非。

きょうもごちそうさまでした。

さて、遅くならないうちに帰ろう。

f:id:hakuoatsushi:20170819150433j:plain

アサガオ、元気に咲いてくれています。

 

 

ジャガイモの味噌汁、そしてサンケイリビング×レモンサワーのススメ

f:id:hakuoatsushi:20170817060639j:plain

おはようございます。

涼しさも過ぎて暑さが恋しい…というニュースが増えてきましたな。プールや海の家の従業員さんが困り顔でインタビューを受けている映像、よく目にします。ビールやアイス業界もマイナスは必至…「ほどよく暑く」なってほしいものです。

今朝はジャガイモとワカメの味噌汁。根菜を思いつくあたり、やっぱり冷えを感じてるんでしょうな。このペア、煮干しと昆布のだしがよく合いました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170817061031j:plain

この日は家にこもって原稿書き。朝から「しっかり食べよう」という気になりました。目玉焼きにしてそのままシラスもちょい焼いて、プラス朝キムチ。取材や打ち合わせがない日は朝からいきますよ。発酵がかなり進んで、なんとも酸っぱい。眠気が吹っ飛びました。

f:id:hakuoatsushi:20170817061308j:plain

で、いろいろのっけるのが楽しいんですな。お行儀悪いのはご勘弁を。

さて、告知を2つほどさせてください。

サンケイリビング様とのコラボ

藤村公洋さんと開催してきた「レモンサワーのススメ」ですが、サンケイリビング様が面白がってくださり、このような形でスペシャル版ができることになりました。

すっかり人気のレモンサワー、バーテンダーの藤村さんが考えるおいしい配分、そしてアレンジ形を楽しんでみませんか?

9/13(水)19時より、神田にて。参加費は3千円です。

 

ウーマンエキサイトにてご紹介いただきました

拙著『にっぽんのおにぎり』をウーマンエキサイト様が紹介してくださいました。評者は神保町『ブックハウスカフェ』の店長、茅野由紀さん

f:id:hakuoatsushi:20170817062723j:plain

なんともうれしい言葉をいただいております。発売から2年が経ち、いまだに取り上げてくださるのは作者冥利に尽きますね。

素敵にまとめてくださったライターの大久保朱夏さんにもお礼申し上げます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170817062325j:plain

この日は原稿書きっぱなし。昼はめんどうで『和幸』の弁当を。ロースカツ弁当が曜日サービスで530円! うれしいなあ。千切りキャベツにスプラウトとトマト加えて、たっぷりサラダに。ハナマルキの減塩カップ味噌汁がなかなかうまいのです。

 そろそろ晴れてくれますように。洗濯物すっきり乾かしたいよ。

 

『週刊女性』デビューしました。

f:id:hakuoatsushi:20170815082958j:plain

高橋一生さんが表紙の『週刊女性』夏の合併号、この中にある… 

f:id:hakuoatsushi:20170815083042j:plain

全国ソウルフード特集にて、なんとインタビューしていただきました。拙著『ジャパめし。』から飛んできてくださったよう。ありがたいことです。

f:id:hakuoatsushi:20170815083348j:plain

これ、10ページもある特集なんですよ。できあがりを拝見して驚きました、内容充実。郷土料理とご当地グルメをほどよいバランスで紹介されて、ありきたりでない仕上がりになっていると思います。私も勉強になりました。

ぜひぜひ、読んでみてください。

 

f:id:hakuoatsushi:20170815083641j:plain

我が家のアサガオ、今夏ようやく元気に咲いてくれました。開花が遅れたのは水をやりすぎていたようです。反省。

 

 

 

福島の桃、不忍のハス、浦和『よいさん』

福島の桃

f:id:hakuoatsushi:20170814113337j:plain

福島の桃「あかつき」をいただきました。

なんとも良い香り。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814113444j:plain

ちょっと前に話題になってた「熱湯に30秒、すぐ冷水にとって3分」という皮むきを試してみたんですが、1つは本当に「つるんッ」とむけて気持ちよかったですねえ。もう1つは熱しが甘かったのかイマイチ。

なんにせよ、アッコちゃんごちそうさまです。いつもありがとう。

不忍のハス

f:id:hakuoatsushi:20170814114323j:plain

午後は上野・不忍池(しのばずいけ)へ。盛りもそろそろ終わりと思い、ハスを見ておきたかったんですよ。

 f:id:hakuoatsushi:20170814151845j:plain

繁茂という言葉がまさにぴったりの群生ぶり、いちめんハスの葉、ハスの花。

f:id:hakuoatsushi:20170814153258j:plain

戦時中はこのハス池、埋められて田んぼだったのだそうですね。復旧したのは昭和30年代に入ってからとのこと。上野の老舗を取材することがあれば、このあたりのこともいつかうかがってみたい。

f:id:hakuoatsushi:20170814153441j:plain

ハスは早朝に開いて昼には閉じる…なんて聞きますが、たしかに開いていたのは私が見たかぎり一輪だけでした(写真は17時ごろのもの)。早朝に行けばもっと極楽的な世界が広がっているのでしょうかね。

なんてことを思い返しつつ、今ベトナムのハス茶を淹れています。 

f:id:hakuoatsushi:20170814153551j:plain

 しかし、なんでまた下品なさまのことを「蓮っ葉(はすっぱ)」って言うようになったのかな。長唄の詞章に「都育ちは蓮葉なものじゃえ」なんてありますね。

f:id:hakuoatsushi:20170814153805j:plain

「せっかくだしね」と上野動物園にも寄りました。何年ぶりだろう。夏は入園時間が延長されてるんですね。思ったより混んでおらず、いろいろ観られました。

上の写真はクロシロエリマキキツネザル、一匹だけ目線をくれてます。

f:id:hakuoatsushi:20170814154047j:plain

フラミンゴ、昔からなんか好きだなー。色と首のカーブがきれいで、眺めてて飽きません。

f:id:hakuoatsushi:20170814154135j:plain

このカエルもいい顔つきでした。無言で雄弁。

f:id:hakuoatsushi:20170814154227j:plain

個人的にやられたのはツキノワグマのこの表情…。ああ、キュートだ。手を重ねてるのがいい。子どもたちにも人気でしたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814154340j:plain

あ、そうそう。上野動物園、タイビールのシンハーとチャーンが売ってるんですね。びっくり。ちょっと飲みたかったけど、移動しました。

浦和『よいさん』

f:id:hakuoatsushi:20170814153710j:plain

さて、夜は浦和の居酒屋『よいさん』へ。家人がずっと行ってみたかったとのことで、初めてうかがいました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814113801j:plain

 この茎ヒジキたっぷりのサラダ、うんまかったっす。下にはキュウリ、パプリカ、玉ネギ、水菜にニンジンと野菜の種類もたっぷり。ああ、こんなふうにちゃんと料理してないなあ…最近。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814113840j:plain

 サゴシとイトヨリのお刺身盛り。2種で1,000円ぐらいだったかな? 魚はすべて長崎から取り寄せているよう。

f:id:hakuoatsushi:20170814113948j:plain

 春巻き(520円)、魚のほぐし身に切り干し大根が入ってます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814114005j:plain

 ギョロッケ(500円)、魚と豆腐とジャガイモでつくられているそう。

f:id:hakuoatsushi:20170814114059j:plain

ゴーヤの白和え(490円)、ゴマがきいてます。いやはや、どれもこれもおいしい。ここまでバクバクと食べることに集中しちゃいました。

お料理はご主人おひとりでやられています。どのお皿も彼の創意がイキイキとして、食べていてとても楽しい。「こういうつまみが好きなんです」というその思いがハミングで聞こえてくるかのよう。うつわとの調和もいいですねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155245j:plain

お魚の切り落としのキムチ、なんて一品も。これは値段メモ忘れ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155546j:plain

お酒は奈良県・上田酒造直送のこちらを。初めていただいたなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155629j:plain

スイカサワーもおいしかった。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155711j:plain

ご主人のよいさん、撮らせていただきました。与野のかただそうです。店名は彼の昔からのニックネームなのだとか。

ごちそうさまでした、また参ります!

 浦和、帰り道にまた気になるお店がいろいろ。しばらく通ってみようかな。

 

 

横須賀『梅澤燻製店』のつまみはやっぱりうまかった。

f:id:hakuoatsushi:20170814100204j:plain

京急線に乗って、品川から約1時間。

f:id:hakuoatsushi:20170814100427j:plain

はじめて降りました、YRP野比駅。

印象的な駅名ですよね。住所でいうと横須賀市野比1丁目。YRPって「横須賀リサーチパーク」という施設の略だそうです。さてこの駅から歩いて3~4分ぐらいの、

f:id:hakuoatsushi:20170814101314j:plain

梅澤燻製店に来てみたかったんです。ここ、朝日新聞横浜総局・太田記者のツイートで知りました。太田さんが紹介していた壁面のメニューがうまそうでねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814101537j:plain

はい、こんな感じ。まず安いでしょ? 内容もバラエティに富んでて、オリジナリティ感じるなあ。「いくら安くても家からの交通費いくらよ」といわれたら…まあそれはそのとおりなんですが、これが私のレジャーなのです。

酔狂な部分も人間には必要だ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814102206j:plain

まずはのどを潤しましょう、エビス生ビール(400円)。生はこれだけ、ほかにギネスやヒューガルテンなど。つまみは以下の3つをオーダー。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814101951j:plain

はんぺんの燻製(200円)、食べやすくカットされてるのがまず嬉しい。私は燻製感がきついのちょっと苦手なんですが、こちらのはとても食べやすかったです。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814102021j:plain

コノシロの酢じめ(250円)、〆具合がこれまたほどよくて、順調に気分がアガります。ああ、1時間半以上かけて来てよかった…。ホッピー白を頼みますか。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814102132j:plain

シイラのフライ(250円)、うまいッ! 先のコノシロもこのシイラも地物だそう。よく見ればメニューに地元野菜を使った料理やら、横須賀産のサバやサワラの燻製なども。横須賀、豊かですねえ。百恵ちゃんはどのあたりで育ったのかなあ。

さて、立ち飲みは長居するもんじゃありません。ごちそうさまでした。

今度は自家製ベーコンや「おすすめ!」と書かれたパスタ類にもトライしよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814103216j:plain

店の真ん前にある郵便局がなんかかわいくて撮ってしまいました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814104522j:plain

久しぶりのピカタ、ゆきわりにんじんジュース。

f:id:hakuoatsushi:20170809082412j:plain

困ったな。
ツレ弁の材料、何も用意してませんでした。祈るような気持ちで冷凍庫をあされば…ジュラ紀ぐらいの深さから鶏むね肉を発掘。

よし今日はピカタだ!

しらいのりこさんの本においしそうなレシピがあったはず! 『ほぼ ごはん弁当』(家の光協会)をひもとき、卵を溶く。この衣においしいひと工夫があるんですな。

しかしピカタ、作るの久しぶり。昭和21年生まれのうちの母、多分一度も作ったことないような。ちなみにピカタ、豚や鶏肉に小麦粉はたいて、卵液をくぐらせて焼いた料理のこと。元はイタリア語のようですね、日本にはいつごろ入ってきたんだろう。

さて他に、なんちゃってレンコンきんぴら(照り焼き汁を作って、冷凍レンコンを焼きからめただけ)、作りおきしてたピクルスを詰めて完成。ちょっと食物繊維増やしたくて、ごはんに海苔をはさみました。別タッパーでブルーベリー。

外はもう28度か。きょうの東京、最高気温37度とかホントなんでしょうかね…。

 

f:id:hakuoatsushi:20170809092824j:plain

これは昨日の夜ごはん。

豚うす切り肉を焼いて、キムチとトマトと一緒に食べるとホントにおいしい。豚はニンニクとコショウだけで焼きます。塩味はキムチだけでじゅうぶん。これをさらにレタスで巻いてもいいですよー。サラダつくる手間も省いてしまうという(笑)。

新潟の恵み

f:id:hakuoatsushi:20170809091519j:plain

ファンなんですよ、ゆきわりにんじんジュース

新潟県弥彦村というところの名物です。秋に収穫せず、雪の下で冬越えしたにんじんでつくられています。おだやかな甘さでとても飲みやすい。朝の一杯にいいですよ。

枝豆農家さんの取材で弥彦村に行ったとき知りました。ちなみに弥彦村には、彌彦神社というとても美しい神社があります。いつかまた訪れたい。

 

そうそう、このツイートに感じ入りました。ちょっとメモ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170809092739j:plain

今朝、四時半ぐらいの月。大きくてなんとも見事だったなあ。

 

 

 

 

魚の頭の鍋、そして花火大会の記録。

いま、朝の3時56分です。

変な時間に目覚めてしまい、ブログでもつけようかな、と。今こちらのほう、雨は止んでいますがひどい湿気と強い風。ニュースを見れば台風圏内、すさまじいですね…。滋賀・長浜の姉川氾濫の映像には驚きました。山梨に遊びに行った友人は電車・バスともに不通になり、急遽延泊の憂き目に。

台風5号、「自転車なみの速度」というのが困ったもんですな…。これ以上おおごとになりませんように。

 

f:id:hakuoatsushi:20170808035558j:plain

さて、家人が魚の頭をもらってきました。なので急遽昨夜は夏の鍋。いいダシが出ました。朝はこれでうどんにしよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170808040313j:plain

日曜の夜は近所の花火大会へ。ラッキーなことに、かなり間近で見られました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170808040500j:plain

f:id:hakuoatsushi:20170808042040j:plain

f:id:hakuoatsushi:20170808042006j:plain

f:id:hakuoatsushi:20170808041014j:plain

世代的にどうしてもドリカムの『あの夏の花火』を思い出してしまいます。

f:id:hakuoatsushi:20170808040802j:plain

花火玉の燃えカスを体に受けたのは初めてでした。

露店もいっぱい。憑かれたように焼きそばをむさぼる子どもがいっぱい。人生でまだ10回もデートしたことないようなカップルもいっぱいに。

いいもんですな。

思い出したら、なんかソースものが食べたくなってきました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170808041523j:plain