白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

藤村公洋さんの「ひたすらにホワイトアスパラを食べる会」 

f:id:hakuoatsushi:20180422065926j:plain

「ひたすらにホワイトアスパラを食べる会をやりたい」

料理家の藤村公洋さんがそんなことを呟いたのは、3年前だったかな。それがとうとう実現したのです。

 

この量!

 

 

f:id:hakuoatsushi:20180422070927j:plain

 ホント、実物を目の前にしてテンション上がりました…! なんかもう、収穫祭という感じ。心、まつり。ハレモード入りましたね。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422070952j:plain

参加者は全員で七名、みんなピーラー持参で皮をむきむき。全員がピーラー持ってるって画、なんか不思議なおかしみがありました。「皮、むいたろか」必殺仕事人的な。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422071123j:plain

マヨネーズも藤村さんの自作、なんともリッチな仕上がりでしたよ。

さあ、宴のはじまりです。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422071559j:plain

 

f:id:hakuoatsushi:20180422081949j:plain

今回、僕がやりたいのは『ゆで』と『焼き』だけです。

 この言葉を聞いたとき「おおー」と声を上げてしまいました。なんとシンプルな。

「ホワイトアスパラをとことん焼いて、とことんゆでてみたい」という思い。料理家さんの心を燃やす何かを感じましたね。

そのトライの先には、きっと藤村さんのアルカディアがあるんだろうな。

 

そこに連れていってもらおうじゃありませんか。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422082847j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180422083907j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180422084029j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180422084359j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180422084300j:plain

これ、それぞれ角度変えて撮ってるんじゃないんですよ。皿を空けては新たにゆでたて、焼きたてを盛ってもらっています。

f:id:hakuoatsushi:20180422084548j:plain

そう…もう「わんこホワイトアスパラ」状態。ああ、なんか落語的に酔狂で、いいなあ。

 

ちょっと感想を。

ランド産のアスパラ、採れたてはいかほどに豊かな味わいなんだろう…。旅した時間の長さにも関わらず、とても豊潤で、おだやかなうま味に溢れていました。長崎、香川のはそれに比べてあっさりなんだけれど、私たちの毎日の食卓にスッと溶け込みそう。おひたしやゴマ和えなんかにしたくなる。いや、クルミ和えかな…。なんか自然に手が動くというか、おそうざいの勘がはたらく感じ。日本の土で育つってそういうことなんでしょうかね。

佐賀のは一本きりっとした強さがありますね。今度はフライや天ぷらにもしてみたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422085220j:plain

うま味がおだやかなので、食べ飽きない。グリーンだったらこうはいかなかったと思います。おだやかなんだけど、ある種の強さはあるんですよねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422085858j:plain

ちょっと口直し。

中尾雅昭さんのうつわ、苺によく映えました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422090125j:plain

なんか変な感想なんですけど、青地にホワイトアスパラ描いて名古屋帯なんかにしたらいいだろうなってフト思うなど。早春帯でホワイトアスパラガス、ちょっと観てみたい。

f:id:hakuoatsushi:20180422090438j:plain

ラスト、11皿目はちょっと遊んでいただきガーリックアンチョビ、そしてチーズで。

 

ホワイトアスパラで、お腹いっぱい。

こんな日が人生でくるとはなあ。忘れがたい日になりました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422091036j:plain

ホワイトアスパラと藤村さん。調理おつかれさまでした、素敵な機会をありがとうございます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422091619j:plain

7人で持ち寄り、9本飲む。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422091934j:plain

そんな人間たちを見つめるグジュでありました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180422092027j:plain

 

 

西川口『鮨 くどう』

f:id:hakuoatsushi:20180418044743j:plain

父からまごころ便が届きました。

山菜たっぷり、行者ニンニクやカンゾウ、ニラのほかに花ワサビまで! 嬉しいなあ。サッとゆがいて甘酢漬けにしましたよ。赤羽の『とね川』さんで先日いただいたのがおいしかったので、マネしてみました。

 

さて、夜は西川口の寿司店『くどう』を初訪問。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045327j:plain

のれそれのポン酢がけから、コースがスタート。

f:id:hakuoatsushi:20180418051333j:plain

にぎりは鯛からはじまりましたよ。特に印象に残ったものをメモしていきますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045519j:plain

何よりも忘れがたいのが……アジでした。素晴らしいの一語。ショウガとワサビの両方でいただける。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418051647j:plain

 

 

f:id:hakuoatsushi:20180418051750j:plain

こちらお酒が持ち込み可なのですよ、さらには持ち込み料は無し。哲学ですね。初客ながら甘させていただきました。今年もじょうきげんで行きたいもんだ……と、赤羽の清水屋さんで選んでるときピンと来てセレクト。

山形は酒田のお酒『上亀元』です。なんとも柔らかい飲みくち。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418052726j:plain

ゲソのわた煮、大好物。お酒が進んじゃいますな。。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418052818j:plain

「うまいねえ、ごはんが欲しくなるねえ…」なんてつぶやいていたら、ご主人がそっと出してくれました。心で感涙。

ありがとうございます!

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045544j:plain

イカのウニのせ。

 

しばし、うっとり。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045609j:plain

シメさば。

f:id:hakuoatsushi:20180418045754j:plain

あぶりエビ。

f:id:hakuoatsushi:20180418045725j:plain

シイタケ。

最後のほうは黙ってゆっくり噛む、噛む……そして、飲む、を繰り返す私。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418050652j:plain

ふんわり玉子焼きでラスト。

全14貫につまみが5品、吸い物がつく構成でした。おいしかったなあ。ご主人がおひとりでやられています。北海道のご出身だそう。だんだんと打ち解けて、あたたかくもてなしてくださいました。四十代半ばぐらいの方だろうか。

またすぐにでもうかがいたい。

 

この日はツレが誕生日を祝ってくれたんです。本当に本当に、ありがとう。

また行こうね。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418053619j:plain

うれしい夜でした。

 

 

『地酒屋こだま』さんとコラボイベント、題して「にっぽんのおつまみ」

f:id:hakuoatsushi:20180417091913j:plain

大塚には日本酒を楽しめる良い飲み屋さんが結構多いのですが、酒屋さんもまた素敵なお店があるんですよ。

日本酒好きにはおなじみの有名店、『地酒屋 こだま』さん。販売だけでなく、毎月バラエティに富んだ内容の日本酒会を開催されています。

店主の児玉武也さんが今月から「こだまのアソビバ」と題して、ワークショップ的なことを始められました。なんとその第1回目にゲストとして呼んでいただけたんです。

 

f:id:hakuoatsushi:20180417092315j:plain

題して「にっぽんのおつまみ」。郷土のおつまみを私がセレクトして、児玉さんがお酒をペアリング。各地の特色や、食の歴史が見えてくるような酒肴を選んでみました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180417092547j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180417092730j:plain

「つまみ、渋すぎるかなあ…インスタ映えの真逆いってるよなあ…」とちょい心配にでしたが(笑)、好評で嬉しかったです。

 

f:id:hakuoatsushi:20180417093307j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180417093400j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180417093439j:plain

泡系から始まりどっしり旨味の原酒系、古酒に燗酒と展開する児玉さんの酒セレクトがなんとも華やかで楽しく、こりゃ客で来たかったなと(笑)。

取り寄せやらでそろえたものの他、漬物ステーキとそば米汁を現場で作りました。14人前の調理をしたのは人生初で緊張しましたが、なんとか目分量で成功。

テンテコマイだったので、そのへんの写真はありませぬ。(*´ω`;) 

 

f:id:hakuoatsushi:20180417093700j:plain

おいでくださった皆様、ありがとうございました。つたない話を聴いてくださり、心より感謝です。


最近はなんだかお話の仕事が増えてきました。ご質問を受けると、自分では思いつかなかった観点が見えたり、もっと勉強すべき点が見えたりして、とてもいいものですね。素敵な機会をくださった主宰の児玉武也さんに、あらためてお礼申し上げます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180417094001j:plain

ああ……無事に終わってホッとしています。「日本人はどんなアテでお酒を楽しんできたか?」、今後も研究していきますね。

 

 

メシ通でナポリタンに関する記事を作りました。

あることで、ナポリタンのレシピをチェックしていたときのこと。

「ああ、A先生はベーコンで、B先生はハムで作るんだな。ソーセージの人もいる。うーん……それぞれどんな理由からセレクトしてるんだろう…?」と、好奇心が湧いちゃったんですね。

同時に、自分の場合は深く考えず毎回ハムを使っていることに気づきました。これはホントに、なんとなく。でも今回の調査を進めるうち「ああ、確かに私はハム派だな」という理由がわかりましたよ。

料理家の藤村公洋、服部志真、スタイリストの久保百合子、編集者のツレヅレハナコ、料理研究家のきじまりゅうた、重信初江、ナポリタンブロガーのイートナポの各氏に、それぞれ何をお使いか、そしてその理由を併せてうかがっています。ハムなりの理由、ソーセージなり、ベーコンなりの理由、納得。

f:id:hakuoatsushi:20180413145942j:plain

ぜひぜひ、読んでみてくださいー。

 

f:id:hakuoatsushi:20180413144731j:plain

「ゴロン」を絵に描いたようなグジュ。ちょっと最近食欲ありすぎで太ってきました。まだ満8か月だからエサは減らさないほうがいいんだろうか、それともなあ…と悩みどころ。

 

 

タケノコを炊きつつ、『健康を食い物にするメディアたち』を読む。

f:id:hakuoatsushi:20180411081955j:plain

朝に味噌汁。

高野豆腐に三陸ワカメ、そしてたっぷりのきぬさや。色調補正まったくせずにこの鮮やかさ、春の緑ですね。歯ざわりが好きなんだなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411082239j:plain

遅ればせながら『健康を食い物にするメディアたち』(ディスカヴァー携書)を読みました。バズフィードの記者である、朽木誠一郎さんの本。なんと群馬大の医学部を卒業されているんですね。

ともかくも、オビにあるように「医療デマから身を守る」ために必要な情報がたくさん詰め込まれています。

 

世の中にあふれる、デタラメな医療・健康情報の数々。「健康になれる」を法にひっかからないようにうたう商品の数々。

それらはときに病人の命を縮めることもありますね。この大検索時代に、どうやったらより有用で、正確な情報を得られるのか?

気をつけるべきポイントが分かりやすく書かれてありました。うちの親、健康食品のたぐいが大好きなんですよ。一冊送って読ませたくなったなあ…。

 

人間って自分にとって都合のいい、夢を見させてくれるような情報についついすがってしまうもの。健康や美容に関する情報って、特にこの傾向が強い。そこを突いて儲けんとする現代ビジネスの仕組みについてもいろいろ書かれてあり、勉強になりました。

そしてこの本は同時に、より良い情報をどうやったら発信できるのか、有害な情報をどうやったら駆逐できるのか、そのことに関して悩み、奮闘したメディア人の記録でもあります。「医療情報と報道」に携わるものなら必ず感じるであろうジレンマ。その点がひしひしと伝わってきて、読み応えあり。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411091419j:plain

さて、本を読みつつタケノコの下ごしらえも終了。米ぬかと唐辛子でじっくり1時間フツフツと煮て、アク抜き。これやってるときの香り、好きなんです。

このタケノコ、安すぎるぐらい安かったのでちょい心配でしたが、なかなか良い味。ホッとしましたー。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411092741j:plain

狙うグジュ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411092857j:plain

タケノコ、まずは実山椒と照り焼きに。

まず油ひいて、片面1分ちょいぐらい焼きます。このとき、いじらないの大事。軽く焼きつけたら返して酒・みりん・醤油・砂糖に実山椒。実山椒なければ最後に粉山椒パラリでもOK。

自分で言うのもなんですが、うまかった…。休酒をちょっと休んで(ややこしい)、ビールをグイっと。ああ、しあわせだ!

 

f:id:hakuoatsushi:20180411093152j:plain

タケノコのソテー、バターナンプラー風味。

半分に切ったプチトマトと一緒にタケノコをバターでソテーして、最後に火を強くして、軽くナンプラーふりかけ。バターとナンプラー、意外な取り合わせでしょうが相性いいんですよ。このぐらいのタケノコ量に対して小さじ3分の1ぐらい、ほんのちょいがポイント。あくまで香りづけです。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411092054j:plain

シメはやっぱりタケノコごはん。今回はカツオと昆布のだしに醤油で炊きました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411101227j:plain

おにぎり2つ、翌朝用に。やっぱおにぎりはアルミで包むに限る。

 

f:id:hakuoatsushi:20180411092821j:plain

この日は、ずっとほしかったミヤコワスレの苗にも出合えて嬉しかったなあ。早速鉢に植え替え。大きくなってくれますように。

 

 

八田亨さんの個展へ

f:id:hakuoatsushi:20180409094452j:plain

八田亨さんの個展に行ってきました。

場所はおなじみ、駒場東大前『party』です。坂根さん、ものすごいペースで個展企画されてますね。すごい。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409095621j:plain

いいなあ。

 

眼福。

 

ネットもいいけど、やっぱり手で触って、持って、味わいたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409095815j:plain

八田さん。

現在は大阪在住、お会いするのは二度目です。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409100011j:plain

以前に求めた、八田さんのうつわ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409100210j:plain

この片口も。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409100307j:plain

どのうつわも、こんな食材やあんな料理を盛ってみたい…と思わされる。想像してしまう。家に帰って一日経って、「あの皿も良かったなあ」とボンヤリ考えつつ、それぞれの手ざわりを思い出しています。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409100531j:plain

酒器もたくさんありましたよ。

f:id:hakuoatsushi:20180409100556j:plain

15日まで。

そうそう、訪れた時たまたま長谷川奈津さんもいらしてました。今月21日から川越の『うつわノート』で個展なのですね。こちらも行ってみたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20180409100852j:plain

 

f:id:hakuoatsushi:20180409101159j:plain

この植物、名前もメモせず買ってしまい、ずーっと名知らずだったんですが先日とある花屋さんで見かけ、「トラデスカンチア」と書いてあったのメモ。

しかし帰宅して画像検索すると違うような…? 「トラデスカンチア 紫」で検索したら「セトクレアセア」「ムラサキゴテン」と出てきました。

まあともかくも、ムラサキツユクサ属なんだそうな。ムラサキツユクサって呼ぶことにします。

 

 

西川口『蒙古羊屋三兄弟』

f:id:hakuoatsushi:20180407033407j:plain先日、『蒙古羊屋三兄弟』に行ってきました。西川口に新しくできた中国料理店、その名のとおり羊料理の専門店です。

 

f:id:hakuoatsushi:20180407034406j:plain

といっても羊以外のメニューもかなりありました。おつまみに老虎菜(青唐辛子とキュウリ、パクチーの和えもの。880円)をまず頼んで、

 

f:id:hakuoatsushi:20180407034656j:plain

羊串と一緒にいただく。1本180円、オーダーは5本から。この羊串焼きがかなりうまかったです。さっぱりしてて辛みもほど良く、香りスッキリ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180407033751j:plain

羊は辛味鍋がイチオシのようでしたが、自家製漬け白菜入り羊鍋(1680円)をオーダー。鍋の中で細切りになってるのが白菜、いわゆる酸菜です。これもサッパリしてて、実に食べよい。羊らしい香りはもちろんあれど、イヤな臭みはないんです。

羊の小籠包も頼んだのですが、こちらは過熱がちょっと残念で汁漏れ多々。でも、総じてかなり満足!

 

ふたりで行って、トータル5300円ぐらいだったかな。私は今回飲まなかったので、ちょい休めです。次回は大人数で行っていろいろ頼んでみよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20180407035639j:plain

それではまた。