白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

塩竈みやげで朝から夜まで

f:id:hakuoatsushi:20171120000428j:plain

宮城県塩竈(しおがま)の市場で買ってきたウニとイクラで、ぜいたくな朝餉です。

 

f:id:hakuoatsushi:20171120000513j:plain

これも塩竈で買ってきた、イカのつみれ。たっぷりのセリと一緒に雑煮風に仕立てました。ユズもちょい。

 

f:id:hakuoatsushi:20171120000805j:plain

この日はどうにも豚汁をつくりたくなり、ベースを仕込みました。この状態で2つに分けて、半分は味噌といて豚入れて豚汁に、半分は醤油でけんちん汁にします。

ちなみに「豚汁」って、どう読みますか?

ぶたじる派、とんじる派、2つありますね。ざっくり西日本は「ぶたじる」、東日本は「とんじる」のようですね。北海道や沖縄はどうなのかなあ…?

 

f:id:hakuoatsushi:20171120001108j:plain

塩竈からはヒラメも買ってきましたよ。これで1200円。

 

f:id:hakuoatsushi:20171120001227j:plain

お刺身、二日目のほうがおいしかったな。エンガワはサッと火を通してちょいナンプラーたらしました。朝から晩酌まで、塩竈の魚介を堪能。

仙台で夜ごはん食べて一泊、翌朝塩竈の市場に足をのばして帰るというコース、ホントおすすめですよ! 

 

塩竃・仲卸市場で白子や生カキ堪能しました!

f:id:hakuoatsushi:20171118055017j:plain

翌朝、塩竃の仲卸市場に寄ってきました。

あ、塩竈(しおがま)と読みますよ。仙台から近い港町、8時20分に仙台駅を出発して、駅からタクシーで市場まで。朝の9時ぐらいに到着。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118053215j:plain

正面入り口を入るとすぐ、こんな魅惑の情景が。

食べられるよ! むく?

 食べたそうな顔してたんでしょうねえ、すぐさま声かけられちゃいました。

まいったな。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118055446j:plain

ええ、むいてもらいましたとも。

f:id:hakuoatsushi:20171118055658j:plain

寝起き一発目に濃厚ミネラル注入。体、起きましたねえ(笑)。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118084029j:plain

別のお店でもういっちょ。 

うまいなーッ!

 思い出して今、口のなかに潮の香り。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118055848j:plain

場内ふらふら。

f:id:hakuoatsushi:20171118055954j:plain

f:id:hakuoatsushi:20171118060007j:plain

f:id:hakuoatsushi:20171118060050j:plain

あ! すき身を仕込み中だ。こちらはマグロ専門店の佐藤商店さん。

f:id:hakuoatsushi:20171118060833j:plain

たまらず、ちょっと買ってしまいました。少量でも買わせてくれるのがうれしい。これで320円ぐらいだったかな。

f:id:hakuoatsushi:20171118060536j:plain

そう、奥にスペースがあって、買ったものいろいろ食べられるんです。ごはんを買って、上にもろもろお好みで「のっけ丼」にできるシステムもあるんですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118061017j:plain

売店ではビールはもちろん、塩竃の地酒も買えます。『阿部勘』、好きなんだよなあ。いっちゃいましょうか。1杯700円、なみなみ注いでくれます。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118060642j:plain

タラの白子があんまりきれいでねえ……たまらんかったですよ。味は言わずもがな。しばらく白子、食べようと思えない。舌の記憶を大事にしたくなる、そんな体験。赤貝もひとつ、目の前でむいてもらいました。

f:id:hakuoatsushi:20171118061210j:plain

食べて飲んで、またうろついて刺激される食欲。100円の使用料で使える焼き場もあります。今度はバターとナンプラーとライムも持ってこよう。

f:id:hakuoatsushi:20171118061445j:plain

宮城は練りもの王国でもあるんです。この種類の多さよ! そして…安い!

 

f:id:hakuoatsushi:20171118061641j:plain

「包装やらパッケージやら凝ってないからね。だからこの値段で売れるんだ」

なるほど。名物の笹かまやら玉ネギ揚げやら、いろいろとお土産にしました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118062213j:plain

そろそろ帰ろうと思いつつ、「思い残しはいかん!」とホタテを購入。

関東で食べてもねえ、やっぱり満足できんのですよ。ホタテ欲、満たされました。肉厚で、きれいで、濃いのに消え方のきれいなうま味。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118062233j:plain

 最後に、食堂でシジミ汁をいただき胃をあっためました。刺身類を食べたあとはこういうの大事です。最後に市場外の漬物屋さんで白菜漬けも購入。

さあ、家に帰ろう。

 

塩竈(しおがま)も先の震災で大変な被害を受けました。行きの道すがら、タクシーの運転手さんに

あの高いビルが見えるでしょ。震災の翌日にこの通りにきたら、あの四階ぐらいの高さまで流された車が何台も刺さっていたんだよ。この味噌蔵は残った。あそこは残らなかった。このへんは丘があったから、陰になっていた店は残った。わからないもんだね。 

いろいろと、教えていただきました。

そう、先の市場のかたがたも、話してくれている運転手さんもみんな、生き残った方々なんですよね。

そして塩竈のまちは本当に、きれいになっていた。

 

また来て、食べて飲んで帰りたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118062324j:plain

「また来るぞ宮城!」と新幹線の車窓から心で叫びつつ、『秋味』とカツサンド。

 

 

〇塩釜の市場のサイト

www.nakaoroshi.or.jp

 

 

仙台へ。お酒の『水鳥記』、そして文化横丁

f:id:hakuoatsushi:20171117043717j:plain

調べものがあり、仙台へ。

よく晴れてくれました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171117043823j:plain

青葉通り、色づきはじめていましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171117230035j:plain

目で見るともっときれいなんだけどなあ、写真が下手で仙台に申し訳ない。

f:id:hakuoatsushi:20171117044244j:plain

さて調査もつつがなく済んだので、さっそく一杯。

『水鳥記』というお酒のひやおろし、なんとも好みでした…! 宮城県気仙沼のお酒。おみやげにしたくて翌日、酒屋さんを2軒ぐらいまわるも「ひやおろしはすぐ売れちゃったよ」と撃沈。ネットで探してみるか。

 

f:id:hakuoatsushi:20171117044821j:plain

アテは北寄貝の焼きで。

東北の太平洋側、北寄貝をよく食べます。私も好物。ご旅行のさいはぜひトライしてみてください。刺身もいいけど、加熱したものがまたうまいんです。

この店がどこかかは、また記事にて。

 

f:id:hakuoatsushi:20171118090007j:plain

文化横丁へ移動。ああ…ワクワク。 

f:id:hakuoatsushi:20171117045618j:plain

二軒目は『源氏』を初訪問、期待どおりのすばらしいお店でした。

まず、お通しはアンキモ。

 うまい……。

f:id:hakuoatsushi:20171117045809j:plain

秋田の『高清水』初しぼり。

うしろに写っている、着物姿の女将さんが注いでくれます。いかにも年季の入った感じの慣れた手つき、ひとりで見事にカウンターを切り盛りされていました。その無駄のない動きに見惚れましたよ。てきぱきしてるんですが、なんとも優美で。

f:id:hakuoatsushi:20171117050229j:plain

f:id:hakuoatsushi:20171117050252j:plain

f:id:hakuoatsushi:20171117050316j:plain

アテにはカキの酒蒸しを。酒盗みですねえ。宮城県はカキも特産なんですよ。

 

夢幻感のあるお店でした。多くの人が魅了される理由、一発で納得。月曜日の早い時間でしたが、お客さんが途切れず来店。愛されてるなあ。

さて、旅の酒は長居は禁物。

 

f:id:hakuoatsushi:20171117050824j:plain

『源氏』を後にし、こちらもかねてより行ってみたかった『あくび』へ。お、運良くカウンターが空いている!

 

f:id:hakuoatsushi:20171118052352j:plain

「蒼天伝」を一杯いただきました。中の感じがまた素敵だったなあ。ごちそうさまでした。そしてまた近くの…

f:id:hakuoatsushi:20171117051002j:plain

『八仙』で餃子をいただいて、この日のシメに。ああ、文化横丁満喫コース。ほかにも入ってみたいお店が数軒あったけど…次の楽しみにしましょうか。

 でも……せっかくだし、もう一軒だけ!

 

f:id:hakuoatsushi:20171117051025j:plain

定禅寺通りまで戻って渡って、ここ数年人気の『ちょーちょ』で本当の〆。ここのお通しがね、おいしいんだ。

f:id:hakuoatsushi:20171118090238j:plain

宮城県大崎市・新澤醸造店の『あたごのまつ』をいただきました。盤石のうまさ。

大崎市っていってもすごく広いんですが、旧志田郡あたりのよう。

 

いやー、ちょっとひと晩で欲張りましたね(笑)。仕事の聞き込みもかなりうまくいったし、いい夜となりました。

仙台、いいお店多いぞ。

そしてこの日に周ったお店、どこもお手頃なんです。

 

f:id:hakuoatsushi:20171117061823j:plain

そうそう、宮城県の新しいお米『だて正夢』、かなりうまかったです。身びいきでなく、近所で手に入ればぜひ買いたい。炊きたてをいただきましたが、冷めてもおいしいのがウリだそうな。

 

f:id:hakuoatsushi:20171117062056j:plain

 最後に、今朝のグジュを。

すっかり大きくなりました。

 

 

ポロネギのスープ、そしてグジュ会で日本シードル

f:id:hakuoatsushi:20171116102724j:plain

ナショナルマーケットで衝動的に買ってしまったポロネギ。

 1本350円ぐらいだったかな、長野産です。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116112934j:plain

ポタージュにしました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113407j:plain

青みがかったところをソテーしてのせてみれば、これがおいしい。

ジャガイモ少々とバターでじっくり炒めて、コンソメと牛乳で簡単に仕上げました。一度濾したいところだけど、面倒だったのでそのまま朝食に。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113537j:plain

ツレ弁はカレーです。

豚スペアリブとキャベツのカレー。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113627j:plain

その残りで自分用の昼メシ。

タイ米を炊きました。浸水要らずですぐ炊けるのもいいですよねー。

さて、夜は友人たちがグジュに会いに来てくれるのです。

何つくろうかな。買い出しに行ってきます。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113816j:plain

最近、うちの近所のスーパーではなかなかいいムール貝が買えます。

お客さん用に4パック買って1400円ぐらい。セロリとニンニク、バターと白ワインで蒸しましたよ。手間いらずで好評を得やすく(笑)、うれしい食材です。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116114052j:plain

 

ブリのサクがおいしそうだったので購入。

サッと湯引きしてから切って、上にバルサミコとオリーブオイルで和えた三関セリと紫玉ネギをたっぷりと。いいつまみ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116114535j:plain

日本シードルにハマっているデザイナーのセキネさんがたっぷり4本も差し入れしてくれました。なんともやさしく、それでいて凛々しい味わいのシードル。和食にも洋食にもよく合いますね。体にもやさしい味わいに思います。

セキネさん、おいしいポテサラ含め、ありがとう!

他のみんなもたくさんおいしいものを持参くださって、感謝。

よく飲んだよねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116114858j:plain

グジュはみんなの膝上で君臨していました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116115011j:plain

カメラマンのカタギリさんが撮ってくれたグジュ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116115104j:plain

 おやすみ。

 

野毛で37年、容子ママさんの店『華』の記事

f:id:hakuoatsushi:20171111065124j:plain

横浜の飲み屋街、野毛(のげ)。

大好きなんですよ。17年ぐらい前に地元のかたに連れていってもらい、いっぺんで…やられました。なんという濃密な風情。私は飲み屋街ってすべからく「今と昔」が混在していてほしいと思っているのですが、その理想形のひとつです。

戦後の匂いがまだあるような。

昔の映画の中にまぎれこんだかのような。

f:id:hakuoatsushi:20171111065926j:plain

今はもう新しいお店がどんどんできて、おじさん比率もちょっと低くなりましたが(笑)、まだまだ独得の魅力をたたえています。

さてそんな野毛に通って17年。大好きなお店がいろいろとあるわけです。そのうちの1軒が、『華』さん。

f:id:hakuoatsushi:20171111070216j:plain

野毛で37年続くスナックです。

f:id:hakuoatsushi:20171111070507j:plain

容子ママさんの作る餃子やおつまみがとてもおいしい。そしてなによりお人柄が粋でね、素敵なんですよ。

 

そんな『華』についての記事を作ることができました。

ぜひ、読んでみてください。

  

f:id:hakuoatsushi:20171111071529j:plain

グジュ、元気にヒモとたわむれております。

最近は元気すぎて、ちょっと大変です…。

 

 

 

 

 

サツマイモとシャケの混ぜごはん弁当

f:id:hakuoatsushi:20171109093110j:plain

サツマイモごはんを炊きましたよ。

おはようございます。

 

f:id:hakuoatsushi:20171109093145j:plain

どこで拝見したか忘れてしまったのですが、サツマイモとシャケの混ぜごはんがおいしそうだったのでマネしてみました。

(というか、先の炊き込みサツマイモごはんに、ほぐした焼ジャケを混ぜたもの)

おお、うまい…マネしてよかった。ゴボウきんぴらと、ネギ入り玉子焼きできょうのツレ弁です。

緑黄色野菜を足したいところですが、それは今晩にまわします。弁当づくりは無理せずマイペースで、栄養は1~2日内でバランスよく調整すればいいと私は思っています。

 

f:id:hakuoatsushi:20171109093408j:plain

グジュも元気です。

洗濯しよう。

 

 

豆乳スープの朝、そして長芋のナンプラー炒め、グジュ日誌

f:id:hakuoatsushi:20171108063529j:plain

我が家の朝食でも定番となった、有賀薫さんの豆乳レシピ。

きょうは中国の揚げパン・油条と温泉玉子、豆苗にミョウガを入れてみました。うまいよー。

レシピが気になるかたは、こちらをゼヒ。本当に簡単なんですよ。↓

f:id:hakuoatsushi:20171108072357j:plain

朝からグジュさん元気です。

f:id:hakuoatsushi:20171108082258j:plain

そして昼に寝る。

f:id:hakuoatsushi:20171108082408j:plain

最近は、毎週末グジュに会いに友人連が来てくれます。

なので近所の酒屋さんに行く回数が増えました。地酒いろいろ置いてある個人商店。とても穏やかな、人当たりのいいご夫婦(50代ぐらいかなあ…?)がやられています。

さして世間話もしたことないのですが、先日いきなりお会計の際に「いつもありがとうございます」と、ミカンを3つくれました。

嬉しいですね。ごちそうさまです。

 

f:id:hakuoatsushi:20171108082646j:plain

友人の手みやげ。

これ、すべて日本酒の1合瓶なんです。最近、1合瓶のニーズが増えているようですよ。

蒲田に『ICHIGOU&TOKYO』という専門店もあるんです。こちらの紹介記事も以前に作りましたので、よかったら読んでみてください。

O君、差し入れありがとう!

おいしくいただきました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171108083012j:plain

長芋のナンプラー炒め。

久々に作りましたが、やっぱりおいしい。皮をむいた長芋を適当に切って、油ひいたフライパンで熱し、酒、ナンプラー、ゴマで炒めるだけです。これがビールや日本酒のアテにいいのですよ。

f:id:hakuoatsushi:20171108082931j:plain

Yちゃんから、岡山のご実家の柿をおすそわけいただきました。

グジュのおかげでいろいろ得しております(笑)。

 

f:id:hakuoatsushi:20171108083415j:plain

さてグジュのことを。

獣医さんが「念のため検便を」というのでやってみたら、回虫がいました。この子はお母さんが野良で、グジュたちがお腹にいたときに保護されたんですね。「おっぱいでうつったんだと思います」と獣医さん。母乳感染するんだなあ…。

よくあることのようですが、猫を飼うのが初めてで無知なこともあり、ビックリしてしまいました。虫下しの錠剤を飲ませるの、やっぱり難しいですね。3度目のトライでようやく成功。

f:id:hakuoatsushi:20171108083705j:plain

こちらの飲ませ方が下手で、つらかったろうと思います。

しかし不機嫌になるわけでもなく、すぐまたなついてくる。なんか不憫に思えてなりませんでした。きれいに駆虫できますように。

 

f:id:hakuoatsushi:20171108083818j:plain