読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

服部志真さん×徳島市食材のイベントへ

料理イベント関連 郷土の味

f:id:hakuoatsushi:20170221133401j:plain

料理家・服部志真さんのごはんをいただいてきました。

食べる人と作り手をつなぐカンパニー『KitchHike』徳島市が提携された企画で、「10日間で、10人の料理家が、徳島市の特産物を料理する」というイベントでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20170221140112j:plain

もちろん徳島のお酒もたっぷり。やっぱりスダチ関連、多いですね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170221134037j:plain

場所は上野『ROUTE BOOKS』、こんなところがあるって知らなかったなあ。本と植物のセレクトショップで、奥にキッチンがあります。本のセレクト、すごーく好み。3月いっぱい休業されて、向かいに移転されるよう。また遊びに行こう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170221134512j:plain

菜の花とコブじめの鯛、ドライトマト和え」。日本酒によく合いました。さっぱりしつつ、あとから静かにうま味が広がります。こういうドライトマトのつかい方、真似してみたい。徳島市は菜の花の産地でもあり、大阪の卸売市場ではトップシェアだそう。

食事をいただきつつ、徳島市職員のかたがいろいろと解説してくれるんです。徳島産の食材は関西、ことに大阪の卸売では多大なシェアを担っているのだそう。

徳島といえばスダチ、鳴門ワカメがとくに有名ですが、それら以外に何かパッと思いつきますか? 「だから、もっと知らせたいのです」と職員さん。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20170221134526j:plain

左がシイタケ(菌床生産量日本一)を使ったレモン麹和え、右がカリフラワー(出荷量日本一)のゴマ&クミン和え。肉厚なシイタケ、会場でも大人気でした。

志真さんのつまみはうまいんですよ。「しま食堂」名義で、毎週金曜日に代々木八幡近くで夜だけの居酒屋さんをやられています。ご興味あるかたは検索してみてね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170221134539j:plain

さあ、これが楽しみでした! 志真さんは春巻名人なのです。

特産のレンコンと菜の花、そして足赤エビという地元名物のエビを使った春巻き。いわゆるクマエビのことのよう。その地域だけの食材、日本にもたくさんありますね。こういうのに出逢えるのも、郷土イベントの醍醐味。

  

f:id:hakuoatsushi:20170221142420j:plain

このほかにも、特産の「なると金時」(甘みのやさしいサツマイモ)や阿波尾鶏(もちろん、阿波踊りにかけたネーミングのブランド鶏)を使ったメイン、そして名産の青のりをつかったクリームがけ焼きごはんが供されました。

食材で県を知ろう、というイベントはたくさんありますが、今回みたいに10人もの料理家さんで多角的にやるのはめずらしいですね。

志真さん、ごちそうさまでした!

 

すだち、サンマにかける人は多いでしょうが、味噌汁にしぼってもうまいんですよ。ぜひ今度やってみてください。

 

以前に服部志真さんにお願いして、こんな記事も作りました。よかったらのぞいてみてください。

www.hotpepper.jp

 

 

山梨へ。奥野田ワイナリー、いちやまマート、シャトー・ジュン。

ワイン関連

f:id:hakuoatsushi:20170214150333j:plain

思い立って、山梨へ。

テレビで見た、とあるスーパーを見てみたくなったのです。より安全な食品販売を独自に探究するスーパーマーケット。某誌の編集長も誘って行ってきました。せっかくの山梨行、気になっていたワイナリーにも寄ってきましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214150454j:plain

朝8時ごろ家を出て、10時30分ごろ塩山(えんざん)駅に到着。このあたりはもともと塩山市だったのが2005年、勝沼町、大和村と合併して「甲州市」になったのだとか。

 

奥野田ワイナリー 

f:id:hakuoatsushi:20170214150507j:plain

 塩山駅からタクシーに乗って5~6分、まずは奥野田ワイナリーへ。

去年の5月に甲府駅そば『Four Hearts Cafe』で飲んだこちらのワインがとても好みだったので、一度訪れてみたかったんです。

 

※ちなみに、そのときの模様はこちら


f:id:hakuoatsushi:20170218100855j:plain

造り手のひとり、ホソカワさんに畑を案内していただき、奥野田スタイルについて話をうかがいました。草生栽培のお話、興味深かったな。今度は青葉繁れるころに再訪したい。

天気にも恵まれました。畑にいる間は風がやわらいで、ありがたかったです。

 

f:id:hakuoatsushi:20170218101732j:plain

樽で寝かせ、ラベル貼りをする倉庫も見せていただき、

 

f:id:hakuoatsushi:20170214150750j:plain

最後はテイスティング。造ってる人に注いでもらうってのは本当に格別です。

ホソカワさんはワイン愛が高じてサラリーマンから転職、ソムリエを経て2010年に静岡・浜松から移住されたんだそう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170218102019j:plain

奥野田のワイン郡。デザインも配色も、きれいですよねー。(^ω^)

いちばん左、ロゼのデザートワインなのですがなんとも素敵な甘みで印象的でした。「ミルズ」というブドウ品種があるのですね。ホソカワさんいわく「ライチのような香り」とのことでしたが、まさにまさに。とても惹かれたけれど、今回は赤を2本購入。

このテイスティング付き見学コース、ひとり千円です。

ホソカワさん、ありがとうございました。また来ます!

 

f:id:hakuoatsushi:20170214150818j:plain

さて、お昼を食べましょうかね。お店に向かってワイナリーからてくてく歩いたところ、路傍にタンポポが! 左下にオオイヌノフグリも咲いてるの分かります? 日射しは確かに春めいていたけれど、早いなあ。 

  

f:id:hakuoatsushi:20170214150834j:plain

 このスイセンの隣には小さな畑が広がっているのですが、そこに土浴びでもしたかのような大猫がいたんですね。よーく肥えていました。年寄りなのか、ものぐさなのか分からないけれど、動作がすごーく緩慢。歩くだけでユーモラス。石段をあがるときに「はい、ヨッコラ…ショ」という声が聞こえたような。時間を忘れて見入ってしまいました(なので写真ナシ)。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214150857j:plain

さて、お昼はこちら『完熟屋』さんへ。地元のかたにおすすめしてもらいました。120年前の古民家を再生して利用、地元食材をつかった郷土料理メインのお店です。

 

f:id:hakuoatsushi:20170218104053j:plain

こちらは、野菜ほうとう

山梨の郷土料理というと真っ先にあがるのがほうとうですね。鶏肉、豚肉入りのもあり。量がタップリ! 

 

f:id:hakuoatsushi:20170218104352j:plain

こちらがおざら。 ほうとうのつけ麺スタイルと思ってください。甘めのつけダレ、おいしかったなあ。とてもノド越しのよいほうとうでした。

土曜日の昼間、けっこうな繁盛ぶり。お客さん、若い人が約8割の印象! 店員さんもみな20代前後という感じ。平日の状況は分からないけれど、雇用が生まれているといいなあ。

もちろん、メニューには山梨ワインもいろいろありました。ワイナリー見学からこちらのコース、おすすめです。 

 

f:id:hakuoatsushi:20170214150947j:plain

 さて、今回の目的はこちらのスーパー。いろいろと発見や勉強になること多々ありましたが、それに関してはいつか別に。記事にできるかなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170218105757j:plain

真向いにあったこちらの酒販店『清水屋』さんも充実の品揃え。一升瓶ワインがいっぱい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214151005j:plain

先のスーパーでタクシーを呼んで(入り口に4社ほどタクシー会社の電話番号が書いてありました)、勝沼町へ移動。 こちらの『勝沼ワイナリーマーケット 新田商店』に行ってみたかったのでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20170218110529j:plain

山梨ワインがずらり約200種! ワイナリーの方々から「うちにない商品も新田さんのとこにあったりする(笑)」なんてよく聞くんです。

品ぞろえはとても豊富でしたが、ポップ類は一切ないのである程度「何を買うか」目星をつけてから行かれたほうがいいかも?

こういうときは懐と相談しつつ、ジャケ買いですね(笑)。4本ほど購入。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214151018j:plain

 新田商店を後にして、『勝沼ぶどう郷駅』を目指します。けっこうな道のり&高低差! でも、路傍の福寿草を見られてうれしかったな。この花が咲き出すと、春はもうすぐ。地割りの福寿草を見ていると、「春の足音」という表現がうまれたのはごく自然なことに思えます。となりではヒヤシンスも地面を割って葉をのばしていましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214151030j:plain

駅に行く途中には『シャトー・ジュン』があります。素敵なエントランスですよねえ。夏樹陽子さんとか出てきそうな感じ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170221124415j:plain

入るとテイスティングスペースがあります。ノーアポでしたが、快く受け入れてくださいました。6種を味見。編集長とそれぞれ1本ずつ購入、私はやさしい味わいのロゼを選びました。白もとてもおいしく、好みだったなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214151100j:plain

醸造家の仁林欣也さんに運よくお会いできました。いろいろお話を聞かせてくださって、ありがとうございました!

 

f:id:hakuoatsushi:20170214151113j:plain

さて、勝沼ぶどう郷駅に着いてみれば「一度、塩山駅にもどって急行に乗った方が早い」と駅員さん(今回、電車はすべて行き当たりでした)。塩山駅にもどって電車を待つ間に、近所の飲食店で体をあっためなおし。熱燗のアテに、名物の馬刺しを

このあたりも馬食文化圏。塩山駅そばの精肉店には「馬もつあります」のビラが貼ってありました。先の『完熟屋』さんも、夜のおつまみには馬もつ煮が出るようです。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214151125j:plain

 こちらも山梨名物のひとつ、鳥もつ煮。レバーなどを甘辛くトロッと煮詰めたもので、卵になるまえの卵黄、通称“キンカン”が入っているのが特徴です。

「これ、よく蕎麦やうどん屋さんにあるんですよ。これで一杯やって、シメに蕎麦」なんて声を県人からわりに聞きます。

 山梨のこのあたりはアクセスがよくていいですね。

  

 さあ、山梨ワインいつ開けようかな?

 

白金『酒肆ガランス』、そして久々に五反田『ほじゃひ』へ

まちの名物 日本酒

 

f:id:hakuoatsushi:20170214135105j:plain

とある原稿のおつかれさま会で、編集さんが食事に誘ってくださいました。

「お店、リクエストあります?」と訊かれたので「酒のつまみがいっぱいあるところがいいです」と即答(笑)。そして選んでくださったのが、白金の『酒肆ガランス』でした。

“しゅし”、と読むのだそうです。「肆」を帰って辞書でひいてみれば、

奈良・平安時代に市場で取引のため商品を並べたところ

とありました。「酒肆」で酒を売る店、酒を飲むところ、と。知らなかったなあ!

そして店名のとおり、魅力的な酒肴がいっぱい。

写真はボタンエビ、ウニ、卵黄の紹興酒漬けです。この日は雪の降る寒い日だったので、熱燗といっしょに楽しみましたよ(チビチビねぶりつつ、酒クイクイいってしまいました…編集さん、あきれてないといいけど)。

多国籍料理というか無国籍料理というか、献立は種々雑多。チヂミのような独特のスタイルの焼き餃子、イカフライ、キヌアのタブレ、パクチー入りスパイスのきいたカツオのカルパッチョなどなど、どれもみな佳肴で、テンション上がりましたねえ…。

店内が暗めで写真がうまく撮れず。またうかがいたいと思います。

Oさん、Wさん、ありがとうございました!

 

シメにリトル広島へ

f:id:hakuoatsushi:20170214140050j:plain

せっかく都に来たのだからと、編集Oさんとそのまま五反田へ。

『ほじゃひ』でこれをシメにしたかったのです。広島出身のご店主が野菜料理と広島の酒、そして鉄板焼きメニューをたっぷり楽しませてくれます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214140826j:plain

まだ飲むか。ええ、飲むともさ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214140942j:plain

あ、こちらに初めて行ったら、ぜひ野菜マリネを頼んでみてください。うまいよー。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214141023j:plain

そしてカキのソテーは忘れずにね。

 

五反田にある小さな広島。駅からも近いですよ。

以前にこんな記事を作りましたので、ご興味あるかたはのぞいてみてください。

www.hotpepper.jp

 

 

 

アミエビのパスタ、弁当メモ、美猫スナップ。

お弁当 自炊生活 日記

 

ブログ、すっかり放置しておりました…。

あれこれ、メモ列記。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214130846j:plain

近所に『角上魚類』という鮮魚店があるのですが、アキアミの釜ゆで売られていました。オキアミとはまた別種なんですが、安くておいしいのですよ。

さっそく購入、ちぢみほうれん草とパスタにしました。ニンニクとオリーブオイルとガルム少々、コショウふって完成のシンプルスパゲティ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214131823j:plain

寝坊してしまったある日、ツレが冷蔵庫にあるものを自分で詰めてました。うーん…私より詰め方うまくて、くやしいな(笑)。

  

f:id:hakuoatsushi:20170214132806j:plain

友人Mさんのお宅へ。

おいしい手料理をたくさんごちそうになりました。鶏ハム、今度教えてもらいたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214132911j:plain

てりてりでなんとも豪華な肉巻きに…

 

f:id:hakuoatsushi:20170214132944j:plain

ボリュームたっぷり、ブリ大根。炊き加減が実に見事。Mさん、さすがですッ!

そしてごちそうのかたわらにはいつも…

 

f:id:hakuoatsushi:20170214133050j:plain

この美猫が。

メメちゃん、2歳。表情がクルクル変わって実に愛くるしい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214133207j:plain

丸くなり

 

f:id:hakuoatsushi:20170214133224j:plain

高貴に空を見上げ

 

f:id:hakuoatsushi:20170214133459j:plain

君臨する。

たっぷり遊んでもらえました。ありがとう。Mさん、メメ。

またおじゃまさせてくださいね。

 

 

 

【参加者募集】28日、池袋で藤村さんと新年会をやりますよ

料理イベント関連 レモンサワーのススメ

f:id:hakuoatsushi:20170123164131j:plain

こんにちは。

突然ですが、28日の土曜日に池袋でイベントをやります。

シンプルに、飲み会です。新年会です。

 

お酒担当は、料理家でバーテンダーの藤村公洋さん。おつまみは私が作ります。

f:id:hakuoatsushi:20170123164359j:plain

 

  • 1月28日(土)
  • 会費 3000円
  • 13時から16時のあいだ、いついらしていただいでもOK!
  • 場所 池袋駅西口から徒歩5分のバーを借ります。

2ドリンク、おつまみ盛り合わせつき

ご参加くださるかたは、hakuoatushi416@gmail.com こちらまで、参加人数と連絡先を明記の上、ご一報ください。場所の情報をお送りしますね。

藤村さんのレモンサワーも飲めますよ。

 

お待ちしています。

 

 

 

タラコスパゲティ

自炊生活

f:id:hakuoatsushi:20170109060418j:plain

先日のタラコスパ、リベンジしました。

前回よりはおいしくできたけれど、うーん……最後の汁気の残し方に悔いあり。

(>_<;)

もう一度練習します! 

 

たまに、どうにもこうにも食べたくなるタラコスパ

初めて食べたの、30年ちょい前ぐらいかなあ。当時小学生の私は「な・ん・て・うまいんだーッ!」と軽くショックを受けました。母に「また作って、もっと作って!」とせがんだところ「分かったからとりあえずそれ、食べちゃいなさい」と笑われたのを思い出します。

 

発祥といわれるお店、『壁の穴』のHPによると、昭和42年に誕生したそう。

パスタ壁の穴|店主の独白…うんちく!|オリジナル・メニュー誕生ものがたり

仙台の我が家に普及するまで、15年ぐらいかかったのですね。 

 

『壁の穴』では海苔をのせますが、きょうはシソを。

 

f:id:hakuoatsushi:20170109061401j:plain

濃いめの昆布だしとバター煮詰めたところにパスタ絡めて塩コショウひいて、火を止めてから、ほぐしタラコたっぷり。

フェイスブックに投稿したら、コメント反応が多くて驚きました。

40~50代の心の琴線をかき鳴らす何かを持ってるんだろうな、タラコスパ

 

 

f:id:hakuoatsushi:20170109061039j:plain

f:id:hakuoatsushi:20170109061050j:plain

市川染五郎のルポタージュが読みたくて、『AERA』を購入。坂東玉三郎の1ページ記事も載っています(シネマ歌舞伎『阿古屋』に関して)。執筆は両方とも千葉望さん。

 

 

 

新橋「せとうち旬菜館」で香川・愛媛のお雑煮を

新橋 郷土の味

 

ここ数年、日本各地のお雑煮に興味を持ち、いろいろと調べています。

3年前から、元日・二日にはツイッターで「地元のお雑煮を教えてください」と呼びかけ、たくさんの画像を見せていただき、いろいろ教えてもいただきました。いま、今年分をゆっくりとノートにまとめているところです。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

さて、料理家のフジムラさんとイベントの打ち合わせ。

新橋駅近くにある、せとうち旬菜館の2階で待ち合わせました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170106081225j:plain

せとうち旬菜館は愛媛と香川の合同アンテナショップ。1階は物販、2階は食堂になっています。香川のうどんやらいろいろと楽しめるんですが、現在は両県のお雑煮が楽しめますよ(1月15日まで)

 写真は「白味噌×あん入りの餅」で有名な、香川のお雑煮。

正直…私も最初食べるまでは想像もつかない世界でしたが(笑)、一度食べて「あ、おいしい…!」と好きになったんです。

これ、おつゆは甘くないんですよ。白味噌と聞くと無条件に甘さをイメージする人、多いんじゃないでしょうか。

以前に私がいただいたおつゆは「いりこ」がきいてましたが、ここのはすっきり。甘い餡との不思議な相性の良さ、やっぱり面白い。

 

f:id:hakuoatsushi:20170106110639j:plain

愛媛雑煮は丸餅に鶏のきいた出汁。

お雑煮にご興味ある方、15日までです。ぜひぜひ。