白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

ホトトギス、咲きました。そしてこのところの食メモ。

f:id:hakuoatsushi:20181014154839j:plain

我が家のホトトギス、ただいま盛りです。

今年も咲いてくれました、三年目かな。花の模様が鳥のホトトギスのそれと似ているから、この名前になったと聞きます。

なかなかつぼみをつけてくれず、半ばあきらめてたんですよ。日陰を好むんですが、去年は日当たりがよすぎて葉焼けがひどかった。今年はとにかく日陰で……と思いつつ、あまり日が当たらないのも心配。

 

むずかしいですね。

 

来年は肥料うまく足さないとダメだろうな。頑張ります。

 

きょうは、このところの食メモを。

 

f:id:hakuoatsushi:20181014154627j:plain

ある日の昼は、シラスとクレソンのレモンスパゲッティ。

ニンニクと輪切り鷹の爪を少々のオイルで熱し、シラス、パスタゆで汁、レモン1個分の果汁、白ワインちょいで煮詰め、パスタ、刻んだクレソンを入れてふり合える。コショウひいて完成です。仕上げに、香りづけのオリーブオイル少々。

 

f:id:hakuoatsushi:20181015054931j:plain

洋梨ってなんか撮りたくなります。ただいま追熟中。

 

f:id:hakuoatsushi:20181015055559j:plain

このところ腰痛に苦しんでおりました。

体、バッキバキ。ひとえに運動不足のたたりですねえ……反省。なので自炊もあまりできず、冷凍食品が活躍してくれました。上のはニッスイ『長崎風ちゃんぽん』、具だくさんでいいのですよ。ただ塩分が高いのが残念。

せめてもネギを刻みました。これがあるとないとで全然違いますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20181015060031j:plain

ツレ弁も休み休み。

厚切り豚ロースが半額だったので購入、145gで194円だったかな。塩麹につけてソテー、最後に香りづけの醤油。もやしとピーマンの炒めあんかけ、シラス入り玉子焼き。

細々続けております。

 

f:id:hakuoatsushi:20181015060810j:plain

ある日の朝食、ホタテと三つ葉とエノキの雑炊。ツイッターにあげたら妙に反響があって驚きました。肌寒い朝だったからかな?

煮干しと昆布のだしに、ホタテ水煮缶を汁ごとあけて、酒ちょいと薄口醤油、塩だけで味つけ。ネギもたっぷり刻みました。

もう風邪対策、きっちりしないとな季節ですね。加湿器も入れました。

 

f:id:hakuoatsushi:20181015061008j:plain

翌朝、先の雑炊の残りに冷凍しておいた油条(中国の揚げパン)、そして卵落として大陸風のお粥さんぽく。ナンプラーちょい。

パクチーはベランダでまだ茂っております。苗をくださった京都のオカダさん、ありがとうございまーす!

 

f:id:hakuoatsushi:20181014155049j:plain

ある日の朝、ツレが玉子焼きサンドをつくってくれました。

しみる……。

 

うれしいね。

 

このところ(あまり)晩酌しておらず、腰治しに注力しています。運動しなきゃなあ。