白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

手打ちパスタで昼食、そして春菊ガパオの記事。

f:id:hakuoatsushi:20180929144804j:plain

昼ごはんは手打ちパスタ。

昨夜思い立って、水餃子の皮づくりなんてしてたんですよ荻野恭子先生のレシピ、簡単で実においしい。先日、料理教室で習ってきたのを早く復習しなくちゃ、という思いもありました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180929145227j:plain

その生地の残りを「パスタにしてもおいしいわよ」と仰られてたのが頭にあったんですね。ピィチっぽく伸ばしてみたり、もっと細長く伸ばしてみたり。かなり適当ですが、実にもっちり、おいしくいただけました。ソースはにんにくオレガノトマト。

 

昨日作った生地、ラップして冷蔵庫に入れておいたんですが、全然問題なく食べられますね。しばらくいろいろ遊んでみよう。

 

さて、こんな記事を作りました。

ガパオライス、タイのバジル「ガパオ」で作るのが本当ですが、春菊でやってもうまいんです。このやり方覚えると、具材はいろいろ変えて楽しめますよ。弁当のおかずにもいい味つけです。ぜひぜひ、お試しください。