白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

冷や汁つけめん

f:id:hakuoatsushi:20180724053631j:plain

昨日は冷や汁でつけめんにしました。用意するものは

  • 味噌(あれば麦味噌)
  • ゴマ
  • サバ水煮缶
  • キュウリ
  • ミョウガ
  • めん

原価、2人分で370円ぐらいかな。

 

f:id:hakuoatsushi:20180724054001j:plain

きょうはひやむぎでやりました。そうめんでも、うどんでも。

 

これ、手間はちょっとかかります。

 

  1. 麦みそをトースターで焼き目つける。
  2. それを水で溶く。※めんの水分が入るのでちょっと濃いめに
  3. サバ水煮とゴマをすり鉢でする。
  4. ②の汁に加えて、冷蔵庫でキンキンに冷やす。
  5. 塩もみキュウリ作って、ミョウガも刻んで、トッピングに。
  6. ひやむぎゆでる。盛る10分前ぐらいに、うつわを冷凍庫へ。

完成!

 

③の「すり鉢でする」が難しいとこですよね。これ、「サバ水煮缶とすりごまをよく混ぜ和える」で代用しましょうか。

 

f:id:hakuoatsushi:20180724054812j:plain

味噌はこんなふうにアルミにぬって、トースターで軽く焼き目つけてます。こうすうると香ばしさが全然違うんだ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180724055104j:plain

サバ水煮缶じゃなく、シーチキンでやってもおいしいですよ。もっと軽い感じに。イワシやサンマの水煮缶でやってもまた違うおいしさ

あ、シーチキンはオイル漬けでもいいっちゃいいけど、かなりコク濃厚になります。苦手なら油しっかり切るなり、そのへんうまく塩梅してください。

 

f:id:hakuoatsushi:20180724055040j:plain

キュウリをスライスして、少量の塩を全体にまわして軽く揉むこのひと手間、かなり大事に思います。結構味にかかわる。スライスそのままでもいいんですけどね、やっぱりここは外したくない。

 

冷や汁の作り方に関しては『メシ通』で一度まとめました。

この記事では、先に味噌とゴマと魚缶をすり鉢で合わせてます。多めに作っておくと、次は水で溶くところからいきなり始められますよ。密封容器に入れて冷蔵庫で3日ぐらいを目安に使い切ってください。

 

f:id:hakuoatsushi:20180724060620j:plain

冷やごはんにかけてもうまいですよー。

 

今日もまたやろうかな。