白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

西川口『鮨 くどう』

f:id:hakuoatsushi:20180418044743j:plain

父からまごころ便が届きました。

山菜たっぷり、行者ニンニクやカンゾウ、ニラのほかに花ワサビまで! 嬉しいなあ。サッとゆがいて甘酢漬けにしましたよ。赤羽の『とね川』さんで先日いただいたのがおいしかったので、マネしてみました。

 

さて、夜は西川口の寿司店『くどう』を初訪問。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045327j:plain

のれそれのポン酢がけから、コースがスタート。

f:id:hakuoatsushi:20180418051333j:plain

にぎりは鯛からはじまりましたよ。特に印象に残ったものをメモしていきますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045519j:plain

何よりも忘れがたいのが……アジでした。素晴らしいの一語。ショウガとワサビの両方でいただける。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418051647j:plain

 

 

f:id:hakuoatsushi:20180418051750j:plain

こちらお酒が持ち込み可なのですよ、さらには持ち込み料は無し。哲学ですね。初客ながら甘させていただきました。今年もじょうきげんで行きたいもんだ……と、赤羽の清水屋さんで選んでるときピンと来てセレクト。

山形は酒田のお酒『上亀元』です。なんとも柔らかい飲みくち。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418052726j:plain

ゲソのわた煮、大好物。お酒が進んじゃいますな。。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418052818j:plain

「うまいねえ、ごはんが欲しくなるねえ…」なんてつぶやいていたら、ご主人がそっと出してくれました。心で感涙。

ありがとうございます!

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045544j:plain

イカのウニのせ。

 

しばし、うっとり。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418045609j:plain

シメさば。

f:id:hakuoatsushi:20180418045754j:plain

あぶりエビ。

f:id:hakuoatsushi:20180418045725j:plain

シイタケ。

最後のほうは黙ってゆっくり噛む、噛む……そして、飲む、を繰り返す私。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418050652j:plain

ふんわり玉子焼きでラスト。

全14貫につまみが5品、吸い物がつく構成でした。おいしかったなあ。ご主人がおひとりでやられています。北海道のご出身だそう。だんだんと打ち解けて、あたたかくもてなしてくださいました。四十代半ばぐらいの方だろうか。

またすぐにでもうかがいたい。

 

この日はツレが誕生日を祝ってくれたんです。本当に本当に、ありがとう。

また行こうね。

 

f:id:hakuoatsushi:20180418053619j:plain

うれしい夜でした。