白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

西川口『蒙古羊屋三兄弟』

f:id:hakuoatsushi:20180407033407j:plain先日、『蒙古羊屋三兄弟』に行ってきました。西川口に新しくできた中国料理店、その名のとおり羊料理の専門店です。

 

f:id:hakuoatsushi:20180407034406j:plain

といっても羊以外のメニューもかなりありました。おつまみに老虎菜(青唐辛子とキュウリ、パクチーの和えもの。880円)をまず頼んで、

 

f:id:hakuoatsushi:20180407034656j:plain

羊串と一緒にいただく。1本180円、オーダーは5本から。この羊串焼きがかなりうまかったです。さっぱりしてて辛みもほど良く、香りスッキリ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180407033751j:plain

羊は辛味鍋がイチオシのようでしたが、自家製漬け白菜入り羊鍋(1680円)をオーダー。鍋の中で細切りになってるのが白菜、いわゆる酸菜です。これもサッパリしてて、実に食べよい。羊らしい香りはもちろんあれど、イヤな臭みはないんです。

羊の小籠包も頼んだのですが、こちらは過熱がちょっと残念で汁漏れ多々。でも、総じてかなり満足!

 

ふたりで行って、トータル5300円ぐらいだったかな。私は今回飲まなかったので、ちょい休めです。次回は大人数で行っていろいろ頼んでみよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20180407035639j:plain

それではまた。