白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

ロイヤルホストの『苺のブリュレパフェ』

f:id:hakuoatsushi:20180402203114j:plain

ロイヤルホストの『苺のブリュレ パフェアイス』を食べてきました。

これ、HPを見たら2012年から発売されているのですね。一部店舗では値段が違うようですが、基本税込みで842円。


f:id:hakuoatsushi:20180402203841j:plain

いやーーーーー、満足でした…おいしかったな。パフェ評論家の斧屋さんが何度かあげてらしたので激しく心揺さぶられ、近くにロイホがあることもあって訪ねたんですよ。トライしてよかったです。

「苺パフェ」というぐらいだからイチゴざんまいかと思いきや、クリームブリュレの下にまず生イチゴがあって、ピーカンナッツにビスケット、バナナ、そしてようやくイチゴアイスにたどりつき、最後にイチゴシロップがあって…もうサプライズがいっぱい。

おいしかったなあ。

いろんな食感が詰まった楽しさ。口の中でいくつもの種類の音が響く。そしてそれぞれの量の塩梅がすばらしい(バナナもクッキーもナッツも絶妙の量)。もうちょっと食べたい、でもこれ以上あったら飽きるよな…のギリギリの感じを攻めてます。

f:id:hakuoatsushi:20180402204532j:plain

惜しむらくは、表面もうちょっと焦がしてほしかったけれどね(笑)。でも満足でした、ごちそうさまです!

 

f:id:hakuoatsushi:20180402204612j:plain

グジュも相変わらずよく寝てます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180402204650j:plain

毛の生え変わりがものすごくて、鼻をやられています。こっちがグジュグジュ。