白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

グリーンピースと生ハムのパスタ。

f:id:hakuoatsushi:20180401173520j:plain

グリーンピースを衝動買い。

生ハムと一緒に、クリームパスタにしましたよ。塩味はほぼ生ハムとバターだけ、あとは少々の白ワインに黒コショウで仕上げます。

7年ぐらい前、某雑誌のイタリアン特集で『ヴォ―ロ・コズィ』の西口シェフに教えていただいたレシピ。忘れがたい取材のひとつです。

 

小学生の頃、グリーンピースがきらいできらいで仕方なかったなあ。献立に「豆ごはん」なんてあるともう憂鬱でねえ…。なんであんなにきらいだったんだろう。

 

神経がこう…意味なく細かったですね。今なら「きらいとか考えてる間に飲みこみゃ無くなる」ってなもんです。

 

いろいろと太くなりました。。

 

f:id:hakuoatsushi:20180401175440j:plain

おやつに柏餅。

柏餅って『ドラえもん』に出てきたの覚えてませんか? ってみんながみんな読んでもないでしょうが。藤子・F・先生は食べものをおいしそうに描く名人でもありました。

安野モヨコさんが何かに「F先生の描くケーキが食べたい!」と書かれていて、「分かる…」とひとり呟きましたとも。ホットケーキとか絶妙でしたよね。「グルメテーブルかけ」、欲しかったなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180401180253j:plain

それでは、また。

最近眠くてしかたありません。