白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

メシ通でそば米汁の紹介コラムを書きました。


「これ、なんで広まらないのかなあ…?」と思ってしまう料理が四国にあるんです。その名もそば米汁(そばごめじる)徳島県の郷土料理。担当さんが「そばを米汁で煮るんですか!?」なんて驚いてましたが、

 

違います。

 

f:id:hakuoatsushi:20180330131910j:plain

そば米は、そばの実のこと。独得の食感でおいしいんですよ。

鶏と野菜のうま味が優しくて、そばの香りが豊かにただよって、実にうまいんです。カロリーや糖質の観点からもこれ、もっと広まりそうなものなのになあ…。

雑穀のコーナーで見かけることも多くなってきたそばの実、ぜひおうちでも作ってみてください。簡単なレシピも付けております。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20180330135457j:plain

グジュさん、いい面構えになってきました。毛の生え変わり時期で大変です。