白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

桜、キャベツにアサリ、菜の花にタケノコ、そしてグジュの春。

f:id:hakuoatsushi:20180325120622j:plain

近所の桜、早くも七分咲きです。

花の下で、子どもたちがいっぱいに遊んでいました。しばしぶらぶら。西川口の公園はいろんな国の言葉が飛び交います。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325120731j:plain

あでやかな梅…なのかな? ともかくも、咲き乱れ感がすごい。春ですねえ。

 

うららかだ。。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325120936j:plain

春っぽいものを作りたくなり、アサリと春キャベツのカザレッチェ、トマトソースを。ショートパスタのカザレッチェ、味がらみが良くて食べごたえがあって、好きです。

ニンニクをオリーブオイルでじっくり熱して、ホールトマト、トマトペーストを投入、白ワイン少々。

くつくつ煮て水分を飛ばし、殻をすりあわせて洗ったアサリを入れ、フタして4~5分。口が開いたら一度アサリを出して、飾り用に少々のこして殻を取り除きます。

味見して、ケチャップ、コショウ少々。刻んでおいたキャベツ入れて、しんなりさせ、アサリ、パスタを入れて振りあえれば完成。

トマトソースですが、私はキャベツの外葉と芯を煮てダシにしたものを加えて煮詰めています。

ぺロッと食べちゃったな、つまみになるパスタですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325123330j:plain

朝はタケノコ入り具だくさん汁。タケノコ入ってるだけでグーンと嬉しさアップですな。具だくさん汁、めんどうなんだけどやっぱり作っただけの達成感というか満足感、ありますよねえ。

今回の具は冷蔵庫・冷凍庫整理も兼ねて、大根、ニンジン、豚肉、タケノコ、チクワ、キノコ、油揚げ。キノコ類、チクワやカマボコ、油揚げは冷凍OKですよ。

たっぷり仕込んで二日半、楽しみました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325123853j:plain

姫竹と菜の花入りのうどん、これは自分用のお昼。菜の花、ドンドン安くなってきて嬉しいかぎり。

f:id:hakuoatsushi:20180325125809j:plain

春セリ入りの雑炊…ではなく、そば米汁です。徳島の郷土料理なんですが、実にやさしい味で胃にも軽く、おいしいんです。取材で知ってからすっかりハマり、我が家でのリピート率トップクラス。月内に紹介記事を作るので、またお知らせしますね。

以上、ここんとこの自炊メモでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325124111j:plain

この白い花、クレマチスの一種だそう。店先で惹かれて、思わず買ってしまいました。ベランダに置いてみたら、一気に華やぐ。うーん…連れ帰って、よかったな。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325124537j:plain

春眠不覚暁。

グジュさん、ふと見たらツレの『リバーズエッジ』を枕に夢の中。この手の感じ、なんとも人間くさくて好きだなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180325125034j:plain

それでは、また。

どうぞ皆さま、よい日曜日を。