白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

谷中散歩、有賀薫さんの個展、四谷で日本酒

f:id:hakuoatsushi:20180323052200j:plain

20日のツレ弁、厚揚げと菜の花、豚肉のゴマ味噌炒め弁当。

1:1の酒とみりんを味噌に溶き、薄く切った厚揚げと豚肉を、たっぷりのショウガみじん切りで炒めておいたところに混ぜ、菜の花を加えて水分を飛ばしていき、トロっとしてきたら完成。この日はゆでておいたスナップエンドウも別にあったので、最後に加えました。最後にほんのちょい、ゴマ油

久々に『レタスクラブ』を買ったら弁当特集、一品おかず弁当を参考にしました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323052336j:plain

レタスクラブ』、この『離婚してもいいですか?』という付録のコミックエッセイが読みたかったんですよ。友人ふたりから期せずして「おもしろいよー」と聞いて興味を持って。

シンプルながら無駄のないスピーディな展開で、ヒリヒリするような話でしたが、引き込まれました。野原広子さんの他の作品も読んでみたい。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323053142j:plain

さて、午後は谷中散歩。

午前中はあいにくの雨でしたが、ありがたいことに止んでくれました。千駄木2丁目あたりの桜、かなり咲いてましたねえ。

f:id:hakuoatsushi:20180323053647j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180323053720j:plain

花爛漫。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323053547j:plain

谷中二丁目『ひるねこBOOKS』に立ち寄り。ネコの本からカルチャー全般、そして絵本が専門のセレクトブックショップ。

古書から新書、北欧雑貨までいろいろと置いてありますよ。こちらでは拙著『にっぽんのおにぎり』のイベントを開催してくださったこともありました。

今回は小さな木のさじを1つ購入。小張さん、また来ますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323054145j:plain

f:id:hakuoatsushi:20180323054211j:plain

うろうろしていたら見つけた『OLD SCHOOL』という古書店。谷中三丁目、岡倉天心公園のそばです。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323054306j:plain

この本、ほしかったんだよなあ。出会えてラッキーでした。猪俣勝人さんの思い入れたっぷり、書きたい放題の筆致がたまりません。前書きがまた素晴らしかった。戦前生まれの文学系インテリ青年の文章、という感じで。

社会思想社の映画文庫シリーズ、30年ぐらい愛読してます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323055111j:plain

さて谷中に来た目的は、古いアパートをリノベーションした『HAGISO』で開かれている…

 

f:id:hakuoatsushi:20180323055240j:plain

スープ作家・有賀薫さんのイベントを拝見するため。


 俳句とのコラボイベントなんですよ。趣のある展示で、谷中のリノベーション施設との相性もぴったりでした。まさにここでなくては、という感じ。

有賀さんとちょっと打ち合わせもして、辞去。開催、おめでとうございます。

イベントは4月7日まで。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323060010j:plain

夜は四谷に移動。

とある飲食店を編集さんに教えていただきました。料理とのペアリングでいろいろ出される中、いちばん好みだったのが『星自慢』、福島は喜多方市「喜多の華酒造」のお酒。私はこの日はじめていただきました。

お店のかたとのご縁もつないでいただき、Oさんに感謝です。

 

f:id:hakuoatsushi:20180323060528j:plain

よく歩いたな、今日は。

 

それではまた。