白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

牛スジとゼンマイと豆腐のユッケジャンスープ

f:id:hakuoatsushi:20180305151312j:plain

うららかな日曜日。

我が家のアジサイ、見れば若葉が開いていました。今年もたくさん咲いてくれますように。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305151526j:plain

椎茸干し。

ちょっとくたびれた椎茸が1パック100円になってたので、3つほど購入。風も強かったので、半日でよく乾きました。軽くもどして鶏肉とパスタなんかにすると実においしい。

 

そうそう、また春の便りが。

富山県の魚津漁協、浜多さんのツイートをご紹介させてください。

 

 

日本海の早春ですな。

魚津でホタルイカ、食べたいのう……。

 

さて、きょうはお客様なのです。つまみの用意をしなければ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20180305151544j:plain

みどりが目に眩しい!

佐賀産のつぼみ菜という野菜です。アーサイとか子持ち高菜という名前でも流通しているよう。安くてみずみずしかったので、まとめ買い。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305151816j:plain

炒めるとおいしいんですよ、つぼみ菜。ニンニクを細かく刻んでゴマ油で熱して、塩と酒だけでシンプルに。サラダオイルとナンプラーで炒めてもいいですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305152225j:plain

友人4人が持ち寄ってくれたお酒、どれもうまかった! 

ありがとう。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305152313j:plain

あおさ海苔空心菜スプラウトのサラダ。見た目は地味ですが、なかなかよいつまみになりました。アンチョビペーストを白ワインビネガーで溶いて、菜種油と黒コショウ加えてドレッシングに。野菜だけにドレッシングをからめて、海苔は最後にのせます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305152847j:plain

牛スジと豆腐とゼンマイ入りのユッケジャンスープ。大鍋にたっぷり仕込んだんですが、うーん……我ながらおいしくできました。心でガッツポーズ!

f:id:hakuoatsushi:20180305153133j:plain

みんなに食べてもらえてうれしい。

下ゆでした牛スジと、そのゆで汁にコチュジャン、醤油、酒、砂糖、おろしニンニク、ゴマ油で炒めたたっぷりの長ネギを加えて一度沸かし、味見。ちょっとコクが足りないなーと思ったのでダシダ加えようかと思ったんですが、牛赤身肉を細かめに切って、ゴマ油と小麦粉で炒めてさらに加えました。手で崩した絹ごし豆腐入れて、弱めの中火で25分煮て、ヒゲ取った豆もやしを加えてひと煮立ちさせて、完成です。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305153247j:plain

友人の差し入れ、その1。築地『やま藤』の練りもの盛り合わせ。ショウガ醤油で。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305153342j:plain

友人の差し入れその2、オリーブ盛り合わせ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305154211j:plain

友人の差し入れその3、ローストビーフのサラダ。うるいをトッピングしました。

 

f:id:hakuoatsushi:20180305154619j:plain

来てくれてありがとー、楽しかったよ。

W君、新潟のおいしいお米もごちそうさまです!

 

f:id:hakuoatsushi:20180305155643j:plain

それでは、また。