白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

法師温泉、二日目。

f:id:hakuoatsushi:20171204152639j:plain目覚めてすぐそばに障子(しょうじ)がある、というのはいいもんですな。

法師温泉、二日目です。きょう帰るんですけどね。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204152411j:plain

外に出れば、うっすらと雪が。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204152859j:plain

しばし朝散歩です。

f:id:hakuoatsushi:20171204152928j:plain

雪の道に下駄の跡。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204181920j:plain

 

f:id:hakuoatsushi:20171204182606j:plain

 

f:id:hakuoatsushi:20171204182703j:plain

 

f:id:hakuoatsushi:20171204182420j:plain

宿に戻れば、玄関脇の部屋で番頭さんが炭をおこしていました。日課なんだろうなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204182903j:plain

煙と暖気がここから上部に抜けていきます。 

f:id:hakuoatsushi:20171204153358j:plainさて朝食をいただいて、

 

f:id:hakuoatsushi:20171204153127j:plain

部屋に戻り、

 

f:id:hakuoatsushi:20171204153202j:plain

ゴロリ。

畳の上に寝そべるの、気持ちいいなあ。時折ものすごく畳の感触が恋しくなります。

ガスヒーターが2台ついているので、まったく寒くもなく。そして障子の冷気遮断能力はやっぱりすごい。

f:id:hakuoatsushi:20171204153915j:plain

 帰りのバスが出るまで、こたつの温かさを楽しみました。しばし寝落ち。

いい一泊旅行だった。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204154036j:plain

館内には篠山紀信さんの色紙もあります。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204154131j:plain

さあ、バスが来た。

帰る前にもう一度山のほうに行って、深呼吸してきました。

空気がうまい、空気がうまい。何度も思ったな。

さようなら、法師温泉

 

f:id:hakuoatsushi:20171204154317j:plain

 猿ヶ京停留所そばにあったお酒屋さん、一枡屋(いちますや)

地酒と、隣県である新潟の酒の品揃えが素晴らしかったです。「これを紹介したいんだ!」というイズムが感じられてくる。日本ワインにも力を入れているようで、カーブドッチのセレクトはかなりの充実ぶり。

よろず屋さんになっていて、生鮮から日用品まで置いてあります。お惣菜の自家製コロッケ、うまかったなあ。もっと買ってくればよかった。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204154232j:plain

帰りの後閑駅でSLに遭遇。

あの大きな汽笛を聞けて、うれしかった。

 

f:id:hakuoatsushi:20171204170907j:plain

二日間ともよく晴れてくれました。

 ありがとうございました。