白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。

北千住『森栄』の餃子がうまかった!

f:id:hakuoatsushi:20171129185920j:plain

こないだの日曜日、北千住に行ってきました。

東北食材の店『プエドバル』の山形まつりに参加した後、ふらふら歩いているうち気になったお店が、こちら。

森栄……! 小津安二郎ファンならピンと来るはず。なーんてマニアック過ぎますね、小津さんが贔屓にして、一時は恋人だったともいわれる小田原の芸者さん。それはともかく、どうにも入ってみたくなりました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171130061510j:plain

安い。

ドリンクはさらに安くて、100円台だったかな、森栄サワーというのがあるので、それを頼みましたよ。

「どんなサワーなんですか」

「うーん、あー…ナイショ!」

とママさん。

店内は7~8人入れるかな、というぐらいのスペース。40歳前後かなあ…女の人ひとりでやられています。多分、アジア圏のかた。

入ったのは18時過ぎでしたが、今どきな感じのオシャレな28歳の男性がひとり、50代とおぼしき男性のひとり客がいて、ママさんは忙しそう。

ちなみになぜ「28歳」と断定できるかというと、のちにこの二人が話し出して、「いくつなの」と50代のかたが訊いていたからです。二人はこの店での顔見知りのよう。

それはともかく、

f:id:hakuoatsushi:20171130062017j:plain

これが森栄サワー。

うーん…なんだろ? アイスの「チューチュー」(ポキンと真ん中から折れるアレです)の白みたいな甘み。量もたっぷり。

「麻婆豆腐、おいしいよ」

ママさん、けっこうアクティブにおすすめしてきます。じゃあ、お願いします!

 ※ちなみに、こんなアンケートあるんですね。確かにあれ、人によって呼び方様々

 

f:id:hakuoatsushi:20171130063247j:plain

土鍋からジュージューと熱い音! しっかり濃いめの味つけ。

「ハンバーグ、ハンバーグ入れるとおいしい」

と、ママさん。ということで頼み、中に入っています。うーん、なくてもよかったかな(笑)。さらには

「少し残してね! 揚げ餅をここに入れるといいよ」

従いました。

f:id:hakuoatsushi:20171130072918j:plain

これがヒット。いいアテになるなあ。

「餃子もどう? いま包んでるよ」

従います(笑)。

f:id:hakuoatsushi:20171130072840j:plain

これが大ヒット。

なんともいい焼き具合、パリッとカリッと、完成度高いんですよ。またこのために訪れたくなる。

 

f:id:hakuoatsushi:20171130073424j:plain

メニューで気になった「おばあちゃん玉子焼き」もオーダー。ネギの青いとこたっぷり入って、これまたいいアテでした。3人で行ったんですが、ひとり2杯ぐらい飲んで、全部で4千円いかないぐらい。“せんべろ”を満喫しましたよ。

クラフトビール専門店『びあマ』や、つまみのおいしい居酒屋『葵』にも寄りたかったけど、本日はこれぎり。

 

f:id:hakuoatsushi:20171130073750j:plain

グジュさん、変わらず元気です。生まれてちょうど4か月ほどになりました。