白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

ポロネギのスープ、そしてグジュ会で日本シードル

f:id:hakuoatsushi:20171116102724j:plain

ナショナルマーケットで衝動的に買ってしまったポロネギ。

 1本350円ぐらいだったかな、長野産です。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116112934j:plain

ポタージュにしました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113407j:plain

青みがかったところをソテーしてのせてみれば、これがおいしい。

ジャガイモ少々とバターでじっくり炒めて、コンソメと牛乳で簡単に仕上げました。一度濾したいところだけど、面倒だったのでそのまま朝食に。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113537j:plain

ツレ弁はカレーです。

豚スペアリブとキャベツのカレー。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113627j:plain

その残りで自分用の昼メシ。

タイ米を炊きました。浸水要らずですぐ炊けるのもいいですよねー。

さて、夜は友人たちがグジュに会いに来てくれるのです。

何つくろうかな。買い出しに行ってきます。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116113816j:plain

最近、うちの近所のスーパーではなかなかいいムール貝が買えます。

お客さん用に4パック買って1400円ぐらい。セロリとニンニク、バターと白ワインで蒸しましたよ。手間いらずで好評を得やすく(笑)、うれしい食材です。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116114052j:plain

 

ブリのサクがおいしそうだったので購入。

サッと湯引きしてから切って、上にバルサミコとオリーブオイルで和えた三関セリと紫玉ネギをたっぷりと。いいつまみ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116114535j:plain

日本シードルにハマっているデザイナーのセキネさんがたっぷり4本も差し入れしてくれました。なんともやさしく、それでいて凛々しい味わいのシードル。和食にも洋食にもよく合いますね。体にもやさしい味わいに思います。

セキネさん、おいしいポテサラ含め、ありがとう!

他のみんなもたくさんおいしいものを持参くださって、感謝。

よく飲んだよねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116114858j:plain

グジュはみんなの膝上で君臨していました。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116115011j:plain

カメラマンのカタギリさんが撮ってくれたグジュ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171116115104j:plain

 おやすみ。