白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

ホトトギス、豚スペアリブとカブのカレー。

f:id:hakuoatsushi:20171004051934j:plain

ホトトギスという花。

花弁の模様が、鳥のホトトギスに似てるからこの名がついたそうです。林の茂みなんかに育つ植物で、木漏れ日でちょうどいいくらいなんだとか。ベランダで育ててたら日が強すぎて弱ったんですが、北側に移したら元気に咲き出しました。

さて、買い物に行きますか。なんか胃が疲れてるのでスープでもこしらえよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20171004053136j:plain

スーパーに行ってみれば国産豚スペアリブが特売。カブも立派で安かった。

(基本的にその日安いものだけで料理してます…汗)

よーし。

帰宅して、豚そのまま出しておいて常温に。

(この間に買ってきたものしまったり、野菜の下ごしらえしたり)

水から静かに煮て20分、アクはこまめに救います。これとカブの味、醤油だけでアジアっぽく作ろうと思いましたが、豚の香りかいでたら…だし昆布も加えたくなりました。

昆布加えてさらに10分、むいたカブ、うすくち醤油、紹興酒を入れてさらに7分ぐらい。この間も、アクはすくってます。

味見してみれば、ちょい甘味がほしいかな。小笠原味醂入れて、ひと煮立ち。最後に白コショウひいて、細ネギを散らしました(これけっこう大事)。

家人に好評でした。また豚スペアリブが安かったら作ろう。

 

f:id:hakuoatsushi:20171004052258j:plain

キノコも特売だったので、久々に干しましたよ。

さて……

 

f:id:hakuoatsushi:20171004052351j:plain

グジュさん元気です。うちにきてようやく一週間。

f:id:hakuoatsushi:20171004052455j:plain

食欲うなぎのぼりです。

f:id:hakuoatsushi:20171004052434j:plain

ピントがずれてくやしい。

f:id:hakuoatsushi:20171004053923j:plain

食べたら遊び、

f:id:hakuoatsushi:20171004052734j:plain

そして寝ます。

f:id:hakuoatsushi:20171004052842j:plain

起きてあくびをし、

f:id:hakuoatsushi:20171004052939j:plain

またあくびをし、

f:id:hakuoatsushi:20171004053054j:plain

じゃれて、

f:id:hakuoatsushi:20171004054036j:plain

寝ます。虚無僧みたいな顔してますね。どんな顔だ。

 

f:id:hakuoatsushi:20171004054134j:plain

またあした。