白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

551の肉団子弁当、ミネストローネ、グジュ日誌vol.2

f:id:hakuoatsushi:20170930095223j:plain

金曜日の弁当。

メインは大阪名物『551』の肉団子、ツレが大阪出張のみやげで買ってきてくれました。久しぶりにいただきましたが、やっぱりおいしいですねえ。こってり甘め。

ほかに厚切りレンコンのきんぴら、チンゲン菜のショウガナンプラー炒め、青のり玉子焼き。

 

f:id:hakuoatsushi:20170930100145j:plain

今週はミネストローネも作りました。

スープ作家の有賀薫さん(@kaorun6)が目下研究中のようで、一連のツイートを読んでたらどーにも食べたくなり。

私は特にレシピないんですが、セロリを強めにしたいんですね。玉ネギと一緒に粗みじんにして、オリーブオイルで炒めたら、さらにニンジン入れて炒めます。

そこにきょうはズッキーニ、大豆の水煮も加えて、野菜のブロード(だし)を投入。

きょうはブロッコリーの茎があったので、セロリ葉、ニンジンの皮と一緒に水煮に。これがスープのベースです。調味は塩コショウ、ワインだけ。トマト缶入れて、軽く煮詰めて完成。なんか文章にするとやたら手が込んでるように読めますな…。

ざっくり言うと、

1:あまり野菜をことこと水煮、一度ザルにとって水分だけにしておく

2:そこに同じ大きさに切って炒めた野菜を入れる

3:仕上げにトマト缶、もしくは粗く切ったトマト入れて軽く煮詰める

4:味つけは塩コショウ、白ワインは入れたり入れなかったり。ハーブやスパイス、おろしチーズなどはその日の気分で。

こんな感じかな。自分用メモ。

 

グジュ日誌 vol.2

f:id:hakuoatsushi:20170930104813j:plain

生後2か月のオス猫、グジュ。

きょうも朝から元気でした。寝そべってPC打ってると、様子をのぞきにやってきます。

f:id:hakuoatsushi:20170930104946j:plain

あどけない表情ですが…

f:id:hakuoatsushi:20170930105053j:plain

猫パンチはなかなか強い。テレビのリモコンが格闘相手です。

 

f:id:hakuoatsushi:20170930105223j:plain

ヨーロッパの湖畔にたたずんでいるかのような一枚。しかし実際はスニーカーの空き箱の中です。

f:id:hakuoatsushi:20170930105407j:plain

ダイニングテーブルとイスの間がお気に入りに。

 

f:id:hakuoatsushi:20170930105455j:plain

悠然としたものです。

f:id:hakuoatsushi:20170930105540j:plain

「撮りすぎジャー!」

すみません…仕事します。。。

 

f:id:hakuoatsushi:20170930105812j:plain

家に来て四日目、長いこと日なたでよーく眠っていました。熱中症にならないもんかなあ…とハラハラしつつ、たまに布ごと日かげに引きずって調整。余計なお世話なんでしょうねえ、きっと。

f:id:hakuoatsushi:20170930113942j:plain

伸びるとけっこう長い。

f:id:hakuoatsushi:20170930110237j:plain

仕事してると、いつの間にか起きて足元にいます。

f:id:hakuoatsushi:20170930111807j:plain

 「遊んでくれよ」

ハイ…かしこまりました。

というか、常にカメラをたずさえてる自分に引きます。『ちびまる子ちゃん』にたまちゃんっていますね。あのお父さんが、まさに今の自分です。とほほ。猫沼に自分が沈んでいく音が聞こえますよ。ブクブクブク…。

 

f:id:hakuoatsushi:20170930112011j:plain

まだまだ何枚も写真あるのですが、きょうはこのへんで。

 

f:id:hakuoatsushi:20170930112628j:plain

自分用のお昼に、さつま揚げと九条ネギのうどん。たまにこのシンプルな組み合わせ、食べたくなります。