白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

福島の桃、不忍のハス、浦和『よいさん』

福島の桃

f:id:hakuoatsushi:20170814113337j:plain

福島の桃「あかつき」をいただきました。

なんとも良い香り。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814113444j:plain

ちょっと前に話題になってた「熱湯に30秒、すぐ冷水にとって3分」という皮むきを試してみたんですが、1つは本当に「つるんッ」とむけて気持ちよかったですねえ。もう1つは熱しが甘かったのかイマイチ。

なんにせよ、アッコちゃんごちそうさまです。いつもありがとう。

不忍のハス

f:id:hakuoatsushi:20170814114323j:plain

午後は上野・不忍池(しのばずいけ)へ。盛りもそろそろ終わりと思い、ハスを見ておきたかったんですよ。

 f:id:hakuoatsushi:20170814151845j:plain

繁茂という言葉がまさにぴったりの群生ぶり、いちめんハスの葉、ハスの花。

f:id:hakuoatsushi:20170814153258j:plain

戦時中はこのハス池、埋められて田んぼだったのだそうですね。復旧したのは昭和30年代に入ってからとのこと。上野の老舗を取材することがあれば、このあたりのこともいつかうかがってみたい。

f:id:hakuoatsushi:20170814153441j:plain

ハスは早朝に開いて昼には閉じる…なんて聞きますが、たしかに開いていたのは私が見たかぎり一輪だけでした(写真は17時ごろのもの)。早朝に行けばもっと極楽的な世界が広がっているのでしょうかね。

なんてことを思い返しつつ、今ベトナムのハス茶を淹れています。 

f:id:hakuoatsushi:20170814153551j:plain

 しかし、なんでまた下品なさまのことを「蓮っ葉(はすっぱ)」って言うようになったのかな。長唄の詞章に「都育ちは蓮葉なものじゃえ」なんてありますね。

f:id:hakuoatsushi:20170814153805j:plain

「せっかくだしね」と上野動物園にも寄りました。何年ぶりだろう。夏は入園時間が延長されてるんですね。思ったより混んでおらず、いろいろ観られました。

上の写真はクロシロエリマキキツネザル、一匹だけ目線をくれてます。

f:id:hakuoatsushi:20170814154047j:plain

フラミンゴ、昔からなんか好きだなー。色と首のカーブがきれいで、眺めてて飽きません。

f:id:hakuoatsushi:20170814154135j:plain

このカエルもいい顔つきでした。無言で雄弁。

f:id:hakuoatsushi:20170814154227j:plain

個人的にやられたのはツキノワグマのこの表情…。ああ、キュートだ。手を重ねてるのがいい。子どもたちにも人気でしたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814154340j:plain

あ、そうそう。上野動物園、タイビールのシンハーとチャーンが売ってるんですね。びっくり。ちょっと飲みたかったけど、移動しました。

浦和『よいさん』

f:id:hakuoatsushi:20170814153710j:plain

さて、夜は浦和の居酒屋『よいさん』へ。家人がずっと行ってみたかったとのことで、初めてうかがいました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814113801j:plain

 この茎ヒジキたっぷりのサラダ、うんまかったっす。下にはキュウリ、パプリカ、玉ネギ、水菜にニンジンと野菜の種類もたっぷり。ああ、こんなふうにちゃんと料理してないなあ…最近。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814113840j:plain

 サゴシとイトヨリのお刺身盛り。2種で1,000円ぐらいだったかな? 魚はすべて長崎から取り寄せているよう。

f:id:hakuoatsushi:20170814113948j:plain

 春巻き(520円)、魚のほぐし身に切り干し大根が入ってます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814114005j:plain

 ギョロッケ(500円)、魚と豆腐とジャガイモでつくられているそう。

f:id:hakuoatsushi:20170814114059j:plain

ゴーヤの白和え(490円)、ゴマがきいてます。いやはや、どれもこれもおいしい。ここまでバクバクと食べることに集中しちゃいました。

お料理はご主人おひとりでやられています。どのお皿も彼の創意がイキイキとして、食べていてとても楽しい。「こういうつまみが好きなんです」というその思いがハミングで聞こえてくるかのよう。うつわとの調和もいいですねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155245j:plain

お魚の切り落としのキムチ、なんて一品も。これは値段メモ忘れ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155546j:plain

お酒は奈良県・上田酒造直送のこちらを。初めていただいたなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155629j:plain

スイカサワーもおいしかった。

 

f:id:hakuoatsushi:20170814155711j:plain

ご主人のよいさん、撮らせていただきました。与野のかただそうです。店名は彼の昔からのニックネームなのだとか。

ごちそうさまでした、また参ります!

 浦和、帰り道にまた気になるお店がいろいろ。しばらく通ってみようかな。