白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

トウモロコシと新ショウガの炊き込み、赤ジソジュースなど。

f:id:hakuoatsushi:20170614170518j:plain

ベランダのプチトマト、初収穫です。

 

f:id:hakuoatsushi:20170614170609j:plain

茎の立派なうるい、なんかもったいなくて水にさしていたら葉が伸びてきました。しばらく様子を見てみます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170614170743j:plain

トウモロコシ、どんどん安くなってますな。

新ショウガといっしょに炊き込みました。フタを開ければ、なんともいい香り。

 

f:id:hakuoatsushi:20170614170845j:plain

ツレ弁に入れました。さやえんどうのゴマ和え、ズッキーニ焼いたの、メインは楽して、イシイのハンバーグ(けっこう好き)。初収穫のプチトマトも。

 

f:id:hakuoatsushi:20170614171014j:plain

エノキと油揚げ、ミョウガの味噌汁にハマっています。

カツオと昆布のだしでエノキと油揚げを煮て、火を止めて信州味噌溶いて最後に刻んだミョウガのせます。ホントおいしいのでおすすめ。 

 

f:id:hakuoatsushi:20170614171412j:plain

この時期の楽しみ、赤ジソジュースも仕込みました。

近所のスーパーで赤ジソひと束、300円ぐらいだったかな。

葉っぱをもいで、大鍋にお湯わかして、葉っぱを入れて煮るとドンドン色素が出てきます。色素が出尽くすと紫の葉が緑になるんですよ。

その葉をとりのぞいて、一度濾すか、網目の細かいざるなどでカスを取り除き、アクをとりつつ砂糖とレモン汁を加えて完成。

水2リットルで作り始めて砂糖150g、甘さはかなり控えめにしました。そのぶん早く飲み切らないとな。

やっぱり香りがいいなあ…。

 

なんてことをしつつ、今週はひたすらに原稿、仕込み、資料作りです。

来週は東北へ。