白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

西川口『カリアゲ』で晩酌を

 

西川口駅から徒歩4分ぐらい、クラフトビール専門店の『cariage』さん。

キャリアージュと読むかと思いきや、カリアゲが正解です。最近すっかりハマって通っています。おいしいビールと、いろいろ出合えましたよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170411230050j:plain

カリフォルニアのブルワリー、Knee Deep』のダブルIPAが感動的にうまかった…。好みすぎました。「Hop Tologist」という名前だそう。

『カリアゲ』さん、夜な夜なクラフト好きが集まっています。ご主人がたしかに刈り上げているんだけれども、それが店名の由来なのかはわからず。いや…ひょっとしたら酔っぱらいつつ聞いたかも(汗)。今度、あらためて聞いてみます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170411230245j:plain

ウェールズIPA「クラブトロピカーナもすばらしかったなあ。なんだこの自然なマンゴー香! 『Tiny Rebel』という出来てまだ5年目のブルワリー。まったく飲みつかれない爽快さ。すごい世界だ。

いやしかし、赤羽から蕨にかけてディープな良店、いろいろあるもんですねえ…。

 

f:id:hakuoatsushi:20170413082542j:plain

『カリアゲ』は揚げ物がうまかったですよ。自家製バンズが上々と評判のハンバーガーは今度の楽しみに。