読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

白金『酒肆ガランス』、そして久々に五反田『ほじゃひ』へ

まちの名物 日本酒

 

f:id:hakuoatsushi:20170214135105j:plain

とある原稿のおつかれさま会で、編集さんが食事に誘ってくださいました。

「お店、リクエストあります?」と訊かれたので「酒のつまみがいっぱいあるところがいいです」と即答(笑)。そして選んでくださったのが、白金の『酒肆ガランス』でした。

“しゅし”、と読むのだそうです。「肆」を帰って辞書でひいてみれば、

奈良・平安時代に市場で取引のため商品を並べたところ

とありました。「酒肆」で酒を売る店、酒を飲むところ、と。知らなかったなあ!

そして店名のとおり、魅力的な酒肴がいっぱい。

写真はボタンエビ、ウニ、卵黄の紹興酒漬けです。この日は雪の降る寒い日だったので、熱燗といっしょに楽しみましたよ(チビチビねぶりつつ、酒クイクイいってしまいました…編集さん、あきれてないといいけど)。

多国籍料理というか無国籍料理というか、献立は種々雑多。チヂミのような独特のスタイルの焼き餃子、イカフライ、キヌアのタブレ、パクチー入りスパイスのきいたカツオのカルパッチョなどなど、どれもみな佳肴で、テンション上がりましたねえ…。

店内が暗めで写真がうまく撮れず。またうかがいたいと思います。

Oさん、Wさん、ありがとうございました!

 

シメにリトル広島へ

f:id:hakuoatsushi:20170214140050j:plain

せっかく都に来たのだからと、編集Oさんとそのまま五反田へ。

『ほじゃひ』でこれをシメにしたかったのです。広島出身のご店主が野菜料理と広島の酒、そして鉄板焼きメニューをたっぷり楽しませてくれます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214140826j:plain

まだ飲むか。ええ、飲むともさ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214140942j:plain

あ、こちらに初めて行ったら、ぜひ野菜マリネを頼んでみてください。うまいよー。

 

f:id:hakuoatsushi:20170214141023j:plain

そしてカキのソテーは忘れずにね。

 

五反田にある小さな広島。駅からも近いですよ。

以前にこんな記事を作りましたので、ご興味あるかたはのぞいてみてください。

www.hotpepper.jp