読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

ヨーロッパより友人来たる

日本酒 自炊生活

 

f:id:hakuoatsushi:20161230182934j:plain

ドイツに嫁いでいった友人が一時帰国中。

ダンナさんと遊びにきてくれました。「はい、おみやげ」とくれた現地のビール2本。こんな重いもの、現地から担いで来てくれたんだねえ…ありがとう。

(´;ω;`)ウゥゥ 右のビールがクリーミーでおいしくて、すごく好みでした。

 

向こうで食べられなさそうなものを考えつつ、野菜中心でいろいろ作りましたよ。せめてもの、もてなし。

 

f:id:hakuoatsushi:20161230182504j:plain

里芋は友人のリクエスト。濃いめにかつおだしひきました。良いだし、たくさん食べて帰ってほしい。水も違うしねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20161230182522j:plain

手羽元とレンコンの酢っぱ煮。相性のいいコンビですな。酢でほどよく鶏がホロホロになります。お弁当にもおすすめ。

 

f:id:hakuoatsushi:20161230182545j:plain

菜花のニンジンのゴマ和え。たっぷりのゴマを炒って、イリコだしと砂糖、塩と醤油。菜花とイリコは相性がいいと思う。

 

f:id:hakuoatsushi:20161230182604j:plain

ちぢみ雪菜という野菜とささ身のおひたし。ちぢみ雪菜は宮城県の特産物のひとつ。ほろ苦さと甘さが共存してて、おいしいのですよ。カツオと昆布のだしに、ささ身をゆがいた汁を加え、酒とみりん、薄口醤油と砂糖で仕上げた漬け地にひたしました。

ひたすから、おひたし。ゆがいて絞って、醤油にかつおぶし…というのがなんで「おひたし」になっちゃったのでしょうね。

 

f:id:hakuoatsushi:20161230182620j:plain

醤油でこっくり煮た玉コンニャク。濃いめの干しシイタケのだしと濃口醤油、たっぷりの砂糖であまっからく。最近は減塩の仕事をずっとやってたので、こういうの作ってなかったなー。昔は大鍋にこういう味わいで作って、何日も食べたんですよね。

今回はそれぞれ違うだしにして味わってもらいました。 

f:id:hakuoatsushi:20161230190455j:plain

お酒はこの2本でお迎え。

秋田・大仙市の『刈穂』、栃木・日光市の『清開』活性にごり酒。シュワシュワ。

Mちゃんのダンナさんも気に入ってくれたようで、よかった。秋田は酒どころ、美人どころで有名…なんて話もしてみました。「ええー雪が長いから肌がきれいで美人? 日光は人を健康にするって僕の国ではいうのにー」なんて返されましたが(笑)。

地酒はその土地の話ができるのもいいですな。

 

また遊びにきてね、Mちゃん。

 

これで今年のブログ更新はおしまい。

みなさま、どうぞよいお年を!