白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

江戸川橋 『酢飯屋』

 

f:id:hakuoatsushi:20161227004727j:plain

連載がひとつ終わり、編集長がお疲れ会を設けてくださいました。

場所は江戸川橋の『酢飯屋』さん。ご主人の岡田大介さんは、日本各地の郷土寿司の研究もされているかたで、本も著されています。

 

f:id:hakuoatsushi:20161227004938j:plain

『季節のおうち寿司』(PHP)。

レシピ集なのですが、もち米寿司や生すしなど郷土寿司も多く紹介されています。勉強になりました。

 

f:id:hakuoatsushi:20161227004646j:plain

さて、一杯目はビールから。この「馨和 KAGUA ブラン」というビールはじめていただきましたが、おいしいですねえ。繊細でクリーミーな泡立ちに惹かれました。

また飲みたいな、探してみよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20161227004700j:plain

編集長は最初から日本酒、和歌山県の銘酒『紀土』を。

 

f:id:hakuoatsushi:20161227005856j:plain

最初につき出しが出て、そしてこのカキ鍋、寿司へと続くユニークな構成。

 

f:id:hakuoatsushi:20161227010020j:plain

お寿司はいずれも見事な味わいでした。『酢飯屋』の名前のとおり、それぞれ寿司飯にも工夫がこらされます。マッチングの妙に唸りました。

 

f:id:hakuoatsushi:20161227010225j:plain

これ、銚子のキンメダイを一度粕漬けにしてお寿司にしてあるんですよ。クセになるうまさ…!

 

f:id:hakuoatsushi:20161227011147j:plain

キビナゴとおからの郷土寿司。高知県に伝わるものだそうです。「ほっかむりずし」とも呼ばれるそう。おからを寿司飯の代わりにする地域、結構ありますね。

このおから、甘酸っぱくてうまかったのですよ。先の本にレシピが載っていたので、今度作ってみます。