読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

楽しき野毛ハシゴ。hanasaku~桐のや水産~リソラ・デル・ブリオ~びじゃぽん~ホッピー仙人

独酌ライフ 野毛、そこは昭和のまち

f:id:hakuoatsushi:20160608175907j:plain

さて、きょうも野毛にやってまいりました。

といっても今回は仕事がらみ。取材のお願いです。何度か訪れている店だったので、スムーズにご主人とお話もでき、無事に取材OKいただけましたっ。

さて……心おきなく飲むぞ!

 

 

1軒目『hanasaku』

f:id:hakuoatsushi:20160608180653j:plain

たまたま見つけた『hanasaku』さん。

雰囲気がよかったので、入ってみました。場所は桜木町駅からすぐ、三菱東京UFJのATMの裏あたり。これで分かる人は野毛通ですな。

 

f:id:hakuoatsushi:20160608180823j:plain

宮城育ちとしては『伯楽星』があると飲んでしまう。

ああ…もう間違いのないうまさ!

 

f:id:hakuoatsushi:20160608181259j:plain

ひと口つまみ3点盛りのお通し。

スライスコリンキーのきんぴら、自家製白麹をのせたトマトスライス、おぼろ豆腐…だったかな。どれもおいしく、「もっとほしい…」と思ってしまいました。(;^ω^)

 

f:id:hakuoatsushi:20160608181533j:plain

カウンターメインで独酌派にも居心地よく、店員さんも感じのいい方だったなー。人気酒・スター酒が冷蔵庫にいっぱい! 今度はここでもっとじっくり飲もう。

 

2軒目 『立飲処 桐のや水産』

f:id:hakuoatsushi:20160608181912j:plain

さて、神奈川在住の友人・コニーとこちらで合流。

名前のとおり魚がうまくて、メニューはほとんど300円前後の立ち飲み屋さん。

 

f:id:hakuoatsushi:20160608182431j:plain

メヌケの刺身。うまいっ! 

 

f:id:hakuoatsushi:20160608182713j:plain

イワシのフェ、韓国料理です。うーん…本格的! いいアテだなあ…。

 

f:id:hakuoatsushi:20160608182826j:plain

自家製さつまあげ。買って帰りたかった。

ここではホッピー1杯、一度「なか」お代わりで出てきました。野毛はさくさくハシゴが基本だ!

 

3軒目『リソラ・デル・ブリオ』

f:id:hakuoatsushi:20160608183216j:plain

ずっと入ってみたかった、こちらのイタリアンバールに飛び込んみ。

『L'isola del Brio』サイトによると「陽気な島」という意味だそうです。

しかしご覧のとおり、どーにも入口が暗くて入りづらい。でもカウンター(立ち飲み)は常連さんらしき人でいつも賑わってるんですけどね。

 

f:id:hakuoatsushi:20160608183444j:plain

ローマ出身、ブリオさんと日本人の奥さんが営むお店(写真左のかたはスタッフさん)とのこと。着くなり隣あった常連さんから、いろいろとお店のこと教えてもらいました(笑)。こういう展開、野毛だとよーくあるある。

 

f:id:hakuoatsushi:20160608185158j:plain

初夏らしい夕暮れ、カンパリソーダでも飲もうとオーダーしたら「アペロールにしたら? カンパリと同じような味だけど、もっとすっきり飲みやすいよ」とすすめらたので、早速頼んでみました。お、確かにカンパリとほぼ同じような味わいだけど、さらにライトで飲みよいな。

 

f:id:hakuoatsushi:20160614220656j:plain

タコとジャガイモのマリネ、600円。けっこう量がありましたよ。

おつまみ、600円のものが多かったな。ちょっとつまみたいなら、二人での来店がいいかも。こちらも一杯でサクッと引きあげました。また再訪してみます。

 

 

4軒目『びじゃぽん』

f:id:hakuoatsushi:20160614222835j:plain

宮川町にある、つまみのおいしい静かなバー。

f:id:hakuoatsushi:20160614220915j:plain

マスターおひとりでやられています。店名はスペイン語に「村×日本」をかけているそうで、置いてあるお酒はすべて日本製のもの。ウィスキーやリキュールはもとより、日本酒、国産ワイン、クラフトビールを楽しめるんです。

まずはラドラーをいただきました。川越のコエドビール×国産のレモンリキュール…だったかな。初夏の宵にぴったりでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20160614221527j:plain

シラスとディルのカナッペ、400円。

いいアテだなー。作り方がマスターのブログにあったので、後日マネしてみました。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160614221630j:plain

青のりとラッキョウ酢のディップ、550円。

これまたいいアテ、国産の白ワインにも日本酒にも合う味わい。

 

f:id:hakuoatsushi:20160614221814j:plain

「あたりの優しい芋焼酎あります?」とリクエストして、出してくださったのがこちら。これ、あの『大関』の会社が出している焼酎なのですね! 知らなかったなあ。ホントにマイルドでおいしい芋でした。今度探してみよう。

マスター、今晩もごちそうさまでした。

 

 

5軒目『ホッピー仙人』

f:id:hakuoatsushi:20160614222118j:plain

「まだ飲むんかい!」

という声が聞こえてきそうですが、野毛に来たらここを外すわけにはいかないのです…(笑)。やっぱりここでホッピーを1杯飲んでいきたいのよ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160614222204j:plain

仙人がそそぐホッピーは、おいしいんだ。

この日も仙人の店はお立ちが出る盛況。やっぱり人気だなあ。

仙人の話を聞いて、笑って、なごんで。

 

 

ああ、野毛を満喫した!! 

満足です……。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160614222358j:plain

野毛よ、今夜もありがとう。