白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

魯肉飯的昼ごはんとイトウさんのもてなし夜ごはん

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606103850j:plain

昨晩は久しぶりに、ファローを仕込みました。

タイ料理なんですが、いわば鶏の八角煮です。タイ料理って中華の影響もかなり受けてるんですね。手羽先でやることが多いけど、私は食べやすい手羽元をよく使います。

鶏、厚揚げ、ゆで卵を醤油、砂糖、八角スターアニス)、五香粉で煮るだけの簡単レシピ。20分も煮れば食べられますが、一度冷ますと、なお美味しい。ひと晩おくと、さらにうまい。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606104242j:plain

あまりもののターツァイとハムをシンプルにナンプラーと酒で炒めて…

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606104315j:plain

それぞれをのせて、魯肉飯(ルーローファン)的に。

タイ米、買っておいてよかったなあ。この煮汁になんともマッチするんです。うまいよー。( ;∀;)

 

さて、この日は西川口へ。

 

f:id:hakuoatsushi:20160606104810j:plain

もうカンナが咲きそうでした。夏はもうすぐ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606104831j:plain

西川口にはマリリン・モンローがいるんですよ。

アップにしてみましょう。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606104858j:plain

マ、マリリン……(^-^;

 

 

さて、この日の夜は料理上手な友人・イトウさん宅へお呼ばれ。

手料理で歓待してくれました。うれしいなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20160606105007j:plain

4人でわいわいの夜。しかしコースターといいクロスといい、素敵ですね。

私はこーいうのまったくもって無頓着なので、尊敬してしまう…(;^_^A

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606105635j:plain

アンズ入りのコールスローと、韓国のり×おぼろ豆腐のスターター。

コールスローは今はなき名店『てっこん』のレシピ。

 梅さん、元気かなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20160606110157j:plain

これこれ、これがうまいんだよ。イトウさんのお得意料理、きつね納豆!(という名前の料理かどうかはわかりません。勝手に名づけてしまったw)

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606110247j:plain

納豆を油揚げで包むのはよくあるけど、イトウさんのはひき肉を合わせてオイスターソースで味つけしてあるのがポイント。ばくばく食べてしまった。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606110356j:plain

サムギョプサル!

肉はもちろん、タレもすばらしくうまかった。韓国の料理上手なご友人直伝とのことで、酸味と果実感がなんとも豊かなタレでした。レシピをうかがってきたので、今度つくってみます。

 

f:id:hakuoatsushi:20160606110517j:plain

シメに出された、豚とアサリの辛いスープ。

豆板醤とコチュジャンを使っているとのことだったけど、スッキリしたいいスープだったなあ。ひとさまの料理をいただくと勉強になりますね。イトウさん、奥さまのナミエさん、お招き本当にありがとうございました。今度お礼に、うちに飲みに来てくださいね!

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160606110717j:plain

そうそう、こんなめずらしい花が咲いていたんだった。

なんていう花だろう?