読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

玉ねぎのスープ、そして渋谷『チャングミ』

自炊生活 減塩 VIVA 肉!

f:id:hakuoatsushi:20160518104827j:plain

こんな色のシャクヤクがあるのですね。

きれいだったな。サーモンピンクというのか、橙(だいだい)がかった桃色。いま、まさにシャクヤクの盛り。うちにも飾りたい。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160518105215j:plain

玉ねぎがあまっていたので、スープにしました。

利尻昆布のだしとショウガでゆっくりと煮て、ミキサーに。煮詰めてから牛乳でのばして、バターひとかけ。塩味なし、コショウだけで整えましたが、甘くておいしい。

減塩コラムの連載を『栄養と料理』という雑誌で続けておりますが、減塩のコツも少しずつ身についてきたかな、と思います。

最大のコツは……やっぱり酒を飲まないこと、これに尽きますね(笑)。

 

パンとチーズを含めて、この朝食で塩分1.1~1.2gぐらいでしょうか。健康目標としては1日6gぐらいが妥当ではないかと。日本の成人男性は現在、1日に12gぐらい摂っているよう。もっと多いとみる向きもあります。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160518105714j:plain

この日は夏日でした。

どーーーーーにも焼肉ランチが食べたくなり、渋谷・NHKそばの韓国焼肉店『チャングミ』へ。カルビとロース盛り合わせ定食で、1200円。至極妥当な内容と値段に、満足。

 

うーん。

簡単な減塩ポイントとしては、味噌汁をつけないこと。これで塩分1gちょいは違います。「好きなものを食べられる」これも、誰しもがいつまでも享受できることじゃないんですよね。『栄養と料理』の仕事をしていて、毎回感じます。

感謝しつつ…キムチはしっかり楽しみました。

栄養のことを細かく知って頭で考えるのも大事ですが、ともかくも適度な運動が何より大事…最近はとみにそう思います。なかなか出来ないけど、せめてよく歩こう。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160518110006j:plain

ビールを飲みたいところでしたが、グッと我慢。

カラッと涼しい晴れ日、あとどのくらい続いてくれるかなあ。