読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

曙橋 『敦煌』へ

中華

f:id:hakuoatsushi:20160313120445j:plain

1か月ぐらい前、曙橋の『敦煌』に行ってきたのでした。

そのこと日記につけとこうと思いつつ、随分と時間が経ってしまった…。

ちょっと料理をメモ列記しておきますね。

 

 

カウンターの奥に通されて、まずは青島(チンタオ)から。

これ最初に飲んだのいつだっけなあ。いまはなき渋谷の『台南担仔』だったような。

 

f:id:hakuoatsushi:20160313120716j:plain

まず出されたのが、スプラウトの和えもの。

なんのスプラウトだったか…ちゃんとメモしてないとダメですね。反省。

さっぱりしてるのに、し過ぎないギリギリ感がさすが。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121336j:plain

蒸しガキ、これが抜群にうまかった!

潮の感じがぎゅーっと濃縮されて、

噛みしめたその瞬間に「お、おいしいねっ」と同行者と顔を見合わせました。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121433j:plain

大根もち、カリッとした表面が香ばしいなあ。

好きなんですよねえ、大根もち。

初めて食べたときは衝撃だった。

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121652j:plain

ここらで紹興酒のお燗をお願いしましたよ。

まだまだ寒い2月の夜、紹興酒もいいもんですな。

おちょこが可愛かった。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121720j:plain

これ、チンゲン菜と菜の花の掛け合わせ、「チンゲン菜花」の和えもの。

茎の食感がよくて、ほろ苦さと食べやすさがいい感じでミックス。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313123206j:plain

たのしき食卓。

同い年の友人でテレビのディレクターをやってる旧友Yとしばし話し込む。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121901j:plain

あなうれしや、腸詰来たり。

多分あの日、あの店にいた全員が「もっとくれええ!」と思ったはず。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121941j:plain

タラの揚げもの。

 

f:id:hakuoatsushi:20160313121959j:plain

ふわーっと漂う、鮮度の良いタラの香り。何もつけずともうまい。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122130j:plain

ちいさな水餃子。もうたまらない。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122222j:plain

このタレがまたうまいんだよ…。干しガレイや干しエビの粉が入っているそう。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122300j:plain

鶏とジャガイモの蒸しもの。香菜の茎を細かく刻んであるのがいいアクセント!

このタレもどういう構成になってるのかなあ。あれこれ質問したかったけれど、

おふたりだけでやられているお店、独占するわけにもいかないので、ガマンの子。

というか、こういうときはただひたすらに「おいしいなあ」と味わうが吉ですね。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122510j:plain

あったかいお茶をいただきました。きれいなポットですねえ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122646j:plain

シメはこれです!

ミニ担々麺。うーん…シアワセでした。辛さやさしくゴマ濃厚。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122718j:plain

デザートはこちら。これじゃなんだか分かりませんね。(;^ω^)

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122757j:plain

タピオカ入りのあたたかいお汁粉でした。

なんて優しい甘さだろう。。。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160313122859j:plain

一緒にいった友人のデザート、ジャスミン香るミルクプリン。

こちらも実に穏やかな、素直な甘さ。

 

ああ…ごちそうさまでした! 堪能いたしました。

今年中にもう一度行きたいなあ。

 

 

 

 

しばらく宣伝させてください…m(__)m

 

◇新刊、4/5に発売です!

 

f:id:hakuoatsushi:20160313111556j:plain