読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

『ロス・バルバドス』&おめでとうレオ!&『にっぽんのおにぎり』6刷に

渋谷 仕事のおしらせ 日記

f:id:hakuoatsushi:20160303061307j:plain

久我山の友人宅を訪ねたら、脇道にふきのとうがいっぱい!

「おおー出てるー」と、思わず声をあげてしまいましたよ。

やっぱり見つけるとうれしいものですな。

親の住む田舎ではそれこそあちこちで芽吹いていたものでした。

 

 

 

さて、この日はいろいろメモしておきたいことが。

まずは、食メモからです。

 

 

渋谷『ロス・バルバドス

f:id:hakuoatsushi:20160302213832j:plain

久々に渋谷の『ロス・バルバドス』へ行ってきました。

アラブ・アフリカ料理のお店です。

「えっそれはどんな料理?」と思いつつも、とにかく入って

ランチでいただいたひと皿にノックアウトされて以来のファン。

 

この日は独酌ではなく、

駒場でうつわギャラリーをやられているSさんと、

食ライターの先輩Kさんと3人でごはん会。

 

 

写真↑は野菜の前菜盛り合わせ(レギュラーサイズ700円)。

こちら、肉料理もありますがヴェジメニューも豊富なんです。

手前からクスクスサラダ、フムス、紫キャベツのマリネ、ニンジンラペ。

バルバドスのフムスはうまいですよ!! 

この前菜セットだけ家飲み用にテイクアウトしたこともあります。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160302214020j:plain

ビールはハイネケン、パイント飲みできるのも(酒飲みには)うれしい。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160302213846j:plain

スパイスとハーブ香る野菜の春巻き、魚の春巻き。

それぞれガーナとモロッコのスタイルだそうです。ビールのアテにとてもいい。 

1本150円~300円ぐらいだったかな。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160302213857j:plain

ファラフェルもいいおつまみ(1個150円で3個からオーダー)。

ざっくりいうと、ひよこ豆をすり潰して揚げたもの。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160302213916j:plain

 これ、初めていただきました。

瓜の豆をすり潰して作ったというその名も「ヴェジタリアン」というパテ(650円)。

うまかったなあ、とても素朴なのにきちんとおつまみになる味わい。

 野菜ものはあれこれ食べても胃に軽くていいですな。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160302213927j:plain

こちらに最初来たときはランチだったんですが、

そのとき食べて「ヤラれた!」一食、プーレ・ヤッサ。

酸味のきいた鶏の煮込みなのですが、なんとも好みの味つけ。

すっぱいんですが、それがきつくなくてうま味はたっぷり。

クスクスと一緒にいただきました。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160303062803j:plain

取り分けたもの。小皿が可愛かったので撮ってしまいました。

こちら、お皿も目に楽しい。

 

音楽好きのご夫婦がやられていて、店内のインテリアもなんとも素敵ですよ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160303063020j:plain

うれしいサプライズがありました。

こちら、ロス・バルバドス女将なのですが

私の本を用意していてくれてて、サインをねだってくださいました。

テレマスネ (*´ω`;) 女将さん、きょうもごちそうさまでした!!

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160303082615j:plain

詳細はこちらへ ↓  カウンターのみ8席のお店なので、予約は必須ですよー。

熱帯音楽酒場Los Barbadosロスバルバドス

 

 

 

 

レオナルド・ディカプリオ、悲願の主演男優賞に!

さて、この日は第88回アカデミー賞の発表の日。

昼間はしばし、発表に注目しておりました。

 

と、いうのもディカプリオは何度もノミネートされながら、

(そして受賞もおかしくない成果を残しておきながら)

すべて受賞にいたってなかったんですね。

「もう俳優はしばらくやらない」という悲痛な声も発表していただけに、

「獲ってほしいなあ!」と個人的に思っていたんです。

 

映画ライターの友人からは、こんなことを聞いていました。

今回の作品『レヴェナント』の演技は凄い。もうこれで獲れなかったらおかしいというレベル。そして…これでダメならもう一生獲れないだろう

 

そんなあ!

 

 

しかし、結果はご存知のとおり。

 

 

 

 

 

おめでとう、レオ!

 

そしてスピーチがこれまた素晴らしいものでした。

「やっと、やっとこの日が来た! (´;ω;`)ウッ…」

なーんて涙ながらに語ってくれるのかと思いきや(実はちょっとそれも期待してました)、ものすごく落ち着いた語りっぷり。作品スタッフと、今まで支えてくれた人々への感謝をしっかりと述べたあとに、彼がこれまでも長く取り組んできた環境保護を訴えたんです。

 

こういうの、ヘタするといきなりシラケてしまうもの。しかし、彼のバランス感覚は見事でした! 政治色の強いものにしないギリギリのバランスと長さで。大変に感動的な内容でしたよ。

 

これからは力を抜いて、本当にやりたい作品にだけ出ていってほしい。

 

 

『にっぽんのおにぎり』、第6刷となりました

f:id:hakuoatsushi:20160303065027j:plain

にっぽんのおにぎり』、おかげさまで第6回目の増刷になりました。

広く読んでいただけて、とてもうれしいです。

そしていつも尽力してくださる理論社の編集、

芳本律子さんにあらためてお礼申しあげます。