白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

久々に渋谷『ガイトーン』でカウマンガイを。

f:id:hakuoatsushi:20160227052732j:plain

オープン時にはかなり話題になったタイ料理のお店、『ガイトーン』。

近くまで行くことがあったので、久々に寄ってきました。

こちら、カウマンガイ専門店。カウマンガイとは、

「鶏のスープで炊いたご飯に、ゆで鶏と特製ソースをからめて」いただく料理です。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160227052745j:plain

注文するとサイズを訊かれて、まず置かれるのがこの3点セット。

パクチーとタレ、刻み生唐辛子。

特製ダレは、タイの醤油&味噌、黒酢に刻みニンニクやショウガ入り。

このタレがおいしいのですが、刻み唐辛子が乾燥してカピカピでした。

こういうの、さびしいですね。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160227053018j:plain

チキンライス登場。

こちらはオープン時と変わらぬおいしさで、ホッとしました。

右のパクチーは先のを私が載せたものです。こんもり。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160227053100j:plainちなみにパクチーを広げてみるとこんな感じ。

やっぱりすごい量ですね、さらに増量する人も少なくない。

香りの強い葉野菜は胃が弱っているときにいいですよ。

ストレスで胃がやられがちなひとにもおすすめ。

 

うーん。

おいしかったんですけど、今度からはテイクアウトにしようかなあ…。

居心地的にいろいろと疑問を感じてしまいました。