読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

冬のたのしみ、ヒレ酒を『魚ひろ』にて

やっぱり居酒屋 日本酒 独酌ライフ

f:id:hakuoatsushi:20160203123630j:plain

個人的に、「ここの梅が咲いたら春はもうすぐ」と思っている梅があるんです。

ビルの谷間で日がささず、いつも冷たい風が吹いているところ。

 

 

 

そこの梅が、咲きました。

 

 

 

 

まだ、2月にもなってないのに。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203123740j:plain

まんかい。

 

 

 

2月はどんな気候になるんでしょうね。

 

 

さて、日曜の夜にちょっと家から「プラ出」したくなりました。

この間とても楽しい独酌時間を過ごせた、『魚ひろ』に行ってみよう。

 

こないだの記録 ↓

 

f:id:hakuoatsushi:20160203124112j:plain

もちろん今回も最初からひれ酒を。

あああーーーーーううまあいいいいーーーーーーーーー。

うますぎて困るのコトヨ(おいしくてテンション変になってます)。

 

体がじんわり温まります。ぬくいのう。

700円という良心価格も嬉しいよう。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203124414j:plain

お通し、写真だとよく分からないけどカブラ蒸しでした。

おろした蕪と卵白を合わせて練り、蒸しあげたもの。

野菜たっぷりのあんかけ、おもしろいですね。

学生とおぼしきバイトの店員さんが「カブトムシ」のアクセントで

「こちら、カブラ蒸しです」というのが心にのこりました。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203124858j:plain

ヒレ酒に生ガキ合わせたらよかろうな、と思ってオーダー。

岩手・山田湾で育ったカキをつるりといただく…。

ああ、海の味。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203124559j:plain

サワラのたたきがあったので頼んでしまった。

うわー、いい具合のたたき!

嬉しいなあ。サワラには穏やかな野趣がある。

これでハーフサイズ。独酌派にうれしいお店です。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203125052j:plain

これ、すばらしかったな。

ヤリイカの焼いたの。シンプルだけどほどよい塩味で、よいアテになりました。

板前さん、「ケンタ」と名札がつけてある。

ごちそうさまです、ケンタさん。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203125434j:plain

これもよかったよー、「長芋まんじゅう」という名前だったかな。

おろした長芋でひき肉あんを包んで揚げて、銀あんをかけてひと蒸ししてるのかな。

行かれてメニューにあったら、ひとり1個はゼヒ!

 

 

ヒレ酒はつぎ酒でおかわり1度して、この日のお会計は3,800円ぐらい。

良心的だなあ。

 

 

もうすっかり地元の人気店のようだけど、かげながら応援してます。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20160203125318j:plain

ラベンダーが咲いていた。

あれ。

こんな季節の花だっけ?