読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

減塩体験コラムを書いています(vol.8 おでん編)

f:id:hakuoatsushi:20160111142649j:plain栄養と料理』(女子栄養大学出版部)という月刊誌で、減塩の体験コラムを書いております。第8回目は、おでんの巻!

 

f:id:hakuoatsushi:20160111142921j:plain

我が家のおでんの塩分、いったいどのくらいだろう…?

コンビニでもおなじみの人気メニュー、レトルトのパックでもこの時季よく売られていますね。野菜類も多くて“ヘルシー”と思われがちな料理ですが、さてその塩分は?

 

糖質やカロリーを気にする人は多いけれど、先の2つほどはトピックにならないような。50代から高血圧を指摘されて塩分ケアをがんばるひと、結構多いのですが…やっぱり「やせる」ほどには訴求力がないのかなあ。リンクする部分も多いのだけれど。

日本人は世界的にみてもかなり高塩分って、ご存知でした?

私はこのコラムに取り掛かるまで、恥ずかしながら知りませんでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20160111143419j:plain

毎回、みそ汁やラーメンなど1つのテーマを決めて、塩分のことを考えています。

よかったら立ち読みでもしてみてくださいね!

 

 

○雑記メモ

さて、昨夜からはじまった『真田丸』…なかなかに面白かったなあ。

久々、大河ドラマの1回目から引き込まれました。

f:id:hakuoatsushi:20160111144010j:plain

まず思ったのが、草刈正雄のうまさ! 「時代劇役者だなあ…セリフ、いいなあ!」とちょっと聞きほれました。歴史ものらしい抑揚があって、ほどよくタメもきいて。

そして平岳大の勝頼の薄幸な風情、血筋の良い感じも好ましく。しかし…おとっつぁんそっくり。あの妖気はないものの、年々似てきますね。歌舞伎好きとしては思わず「二代目ェ!」とテレビの前で大向こうかけてしまいましたよ。

あと、ナレーションが有働由美子さんなんですね、ちょっとビックリ。

個人的にはもっとトーンの低い、井上あさひさんとかにやってほしかったけれど。

まあとにかく、来週も楽しみです。