白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

忘年会一発目は新橋『宇木央』にて

f:id:hakuoatsushi:20151214194523j:plain

世の中、忘年会シーズンですねえ。

この時期、多くの店が忘年会やらでにぎわいますが、

お店のかたからよく聞かれるのは

「急なキャンセルも、とても多い時期なんです」との言葉。

 

コースを予約したのに、当日になっての急な取り消しも多いそうです。

どうか心ある方はそういうこと、しないでくださいね。頼みます。

お店にとっては死活問題。心をすりへらす誠実な料理人も、多いのです。

 

すでに予約してあるグループの待ち合わせに声をかけ、

「いくらのコースで予約してるんですか? うちなら○○円でやります!」

なんて強引に勧誘する客引きもいるのだそう。

こんな店に行っても、いいことありませんよ。( ;´Д`)

実際、客引きトラブルも増加するシーズン。

くれぐれもご用心を。 

 

 

さて、私の2015年忘年会一発目は、新橋の『宇木央』(うこう)でした。

良い日本酒が飲めて、つまみのうまいお店です。

一度行って以来、ご主人のお人柄も含めて、贔屓になりました。

 

f:id:hakuoatsushi:20151214195244j:plain

小さなビルの2階にある、小さなお店です。

なのでけっこう早くから予約を取っておきました。

 今月はひとりでフラッとは無理だろうなあ…。

 

f:id:hakuoatsushi:20151214195919j:plain

最初から日本酒をオーダー、高知のお酒『文佳人』、初めて飲みましたが、うまいっ!

いっぺんでファンになりましたよ。他のも探して飲んでみよう。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20151214195906j:plain

お通しがエイヒレの煮たのと、根三つ葉のおひたし。

気の利いた、いいお通しだなあ…。

 

f:id:hakuoatsushi:20151214200133j:plain

お刺身、一人前ずつ盛り合わせてくれました。

 

f:id:hakuoatsushi:20151214204013j:plain

紋甲イカが抜群だったなあ。別にまた頼めばよかったと今もちょっと後悔…。

 

f:id:hakuoatsushi:20151214200241j:plain

アイナメの山椒風味のから揚げ。こういうの、嬉しいですね。

 

f:id:hakuoatsushi:20151214200408j:plain

牡蛎と千住ネギの青のり煮。

どれも間違いなくおいしく、やさしい味わいです。

 

『波の音』『小左衛門』『風の森』などいただきつつ、

日舞の先輩たちと飲みましたよ。

私の先生は昭和8生まれの女性で、一緒に飲んだ先輩は50年ぐらい習っています。

いろんな話を聞きつつ、日本酒をさしつさされつ。

ほどほどにして引き上げた、いい夜でした。