読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

原節子さん、逝く

 

父親がなぜか大量に送ってきた、ハウス『ふらんす厨房』ブイヤベースの素。

 

 

多分、夏のお中元でもらったものの、使わなかったんだろうなあ…。

(;´・ω・)

いえいえ、ありがたいんですよ。さてどう使おうかな。。。

 

連載中のコラム「減塩日記」でパスタを調査中なので、パスタに活用してみよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20151205090839j:plain

ニンニクを軽く熱して、玉ねぎ、ツナを軽く炒めて牛乳、ブイヤベースの素を注ぎ、軽くフツフツ。余ってた小松菜も細かく刻んで投入。黒コショウで仕上げました。

おお、おいしいじゃないの…。

次の日も同様に作ってみたんですが、イタパセたっぷりで作ってみたら、苦味がよく合いました。

 

と、夕食を楽しんでいたところに……

 

 

ああ、とうとう……。

 

私はまだ小学生のときに彼女の写真と出合って、ふしぎと惹きつけられたんです。それもかなり強く。そのときの本はまだ手元にあります。

 

彼女の訃報に接した当日、こんなつぶやきを残しました。

 

 

 

それから間もなくして、NHK名作劇場小津安二郎の『秋日和』が放映されたんですね。なんともいいタイミングで。そこからすっかり昭和の映画にハマっていきました。そして名画座での小津や成瀬の上映に通うようになって。

 

www.youtube.com

 

以来、原節子という文字を追って、いろんな本を探しては読み、映画を観ました。ネット検索や通販、動画サイトの発達していない時代に、そして10代という時期にそれらのことに没頭できて、本当によかったと思っています。

 

f:id:hakuoatsushi:20151205100223j:plain

 

彼女の「真価」というものはたしかに、戦中から敗戦を実際に体験していないとわからないものでしょう。彼女のモダンな容貌と洋服の似合う大柄な身体、そしてなによりディグニティあふれるその個性の輝きは、焼け野原のなかで消沈した日本人の心のともしびであった…と、数多くの人がそのまばゆさを記し残しています。その熱い称賛の数々が、私には印象的に思えてなりませんでした。かくも人のこころを打った女優とは、どんなひとだったのだろう…。

 

f:id:hakuoatsushi:20151205104525j:plain

 

 

そこを知りたくて、今まで追ってきたのかもしれない。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20151205104606j:plain

 

原節子とは、日本女優の中で「憧憬」というこころを最も集めた女優だと思っています。彼女を熱く語るひとの多さがその伝説性と神格を高めた、その代表者が小津安二郎ではないでしょうか。原さんが出演した小津映画からは独特の慕情が私にはひそかに感じられてならないのです。

 

 

2015年の秋、原節子死す。

 

合掌。

 

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20151205095434j:plain

 

 

 

※原さんの関連図書では、以下の2つが素晴らしい労作です。

ご興味のあるかたは読んでみてください。

千葉伸夫さんによる決定的評伝。

 

◇『原節子のすべて』出版共同社

f:id:hakuoatsushi:20151205105526j:plain

残念ながら絶版ですが、図書館などにあると思います。

出演全作品の写真と解説、佐藤忠男さんによる原節子論が掲載。そして荻昌弘さん、西村京太郎さん、池部良さん、半藤一利さんによるオマージュエッセイが楽しい読み物。上の写真は私が30年ぐらい持っているものなので、ボロボロですみません…。