白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

フードライター。郷土の食、栄養や減塩をテーマに記事を制作しています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)など。メシ通、『栄養と料理』、『ホットペッパー』、農水省広報誌などで執筆中。

『想いの木』のマトンカレー食べたさに神楽坂へ

f:id:hakuoatsushi:20151112022431j:plain

逢いみての のちの心にくらぶれば 昔はものを思わざりけり

ここのマトンに出逢わなければ……なんて突如オーバーですね。

(;^ω^)

しかしここのマトンカレー、好きなのですよ。惚れている。

神楽坂の『想いの木』、きょうもランチで食べてきました。

オープン前は私入れて7人並んでたな。

 

f:id:hakuoatsushi:20151112022736j:plain

インドカレー店というより、ちょっと昔のシックな喫茶店のような内装。

 

f:id:hakuoatsushi:20151112022831j:plain

この花、いつもおかれているのかな。

以前来た時にもあった。

 

f:id:hakuoatsushi:20151112022657j:plain

カレーを頼むとまずブルーベリーラッシが運ばれてきます。

中には普通のラッシを凍らせたものが入ってるんですよ。

ラッシ、カレーを食べ終えるまでとっておくと、後味スッキリさせられていい。

あと、ランチにはサラダもつきます。

 

f:id:hakuoatsushi:20151112022954j:plain

ここのマトンは、おいしいなあ。

なんでこんなにほどよくきれいにまとまっているんだろう。均整感!

私には理想的なマトンカレーに思える。。。

 

このあと近場で取材でした。

昼の神楽坂、何か用事をくっつけてまた来たい。

近所にある人がうらやましい。