読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

久々に吉祥寺『ひまり屋』へ

 

 

この日は東久留米に住むかたと吉祥寺で飲み。

吉祥寺で夜飲みは久しぶりだなー。『ひまり屋』さんを予約しましたよ。

日本酒とアテがいっぱい、個人的に東京で最も好きな居酒屋さんのひとつです。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919040127j:plain

駅から10分は歩くかな。

道が分かってればもう少し早いかもですが、多分はじめてだと迷うと思います。

住所は東町1丁目。吉祥寺駅を出て、八幡宮前交差点のほうにへ。

この入り口もちょっと見逃しやすいのでご注意を。靴を脱いで上がります。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919040635j:plain

掘りごたつのカウンターに座って、まずは一杯。

肌寒くて、まずは静岡の『喜久酔』をお燗にしてもらいました。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919041029j:plain

お通し、モロヘイヤのおひたしのせ豆腐とカボチャの煮つけ。

甘じょっぱい煮つけで、「今夜は酒を飲むぞー」って感じが高まります。

ここで「ほくほく・ヘルシーに炊き上げましたー!」

みたいなの出されると結構なえるもの。

 

 

 

f:id:hakuoatsushi:20150919035430j:plain

サンマのユッケ。これおいしかったな。

ユッケのタレとほろ苦いルッコラがよーく合う。今度何かで真似してみたい。

福岡のゴマ和え的な味×ルッコラもよさそうだ。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919042121j:plain

小肌刺はあると必ず頼んでしまいます。

酢じめされた魚介と日本酒って合うよねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919042339j:plain

大好きな佐賀の『七田』をいただきました。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919042426j:plain

間違いのないライン。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919042521j:plain

北寄貝の酒盗焼き、これもすばらしいアテだったなあ。

 

こちら、接客の感じのほど良さも好きなんです。

聞けば答えてくれるけど、そのトークも押し過ぎず引き過ぎず。

 

いい意味で力の抜けたスタッフのいる、ほどよく放っておいてくれる店です。

また近々行ってこよう。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20150919043628j:plain

帰り道、秋祭りが行われてました。

生のお囃子なんて贅沢だなあ。笛や太鼓に呼ばれる人々。いい光景。

 

f:id:hakuoatsushi:20150919043931j:plain

金魚すくいやってしまいました。何年ぶりだろう?

三匹とれましたよ。