白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

南インド料理『ダクシン』

 インド料理好きの知人からうれしいお誘い。

  八重洲ブックセンターの裏手にある、南インド料理のお店へ行ってきましたよ。

 

 私も年々、インド料理愛がアップするばかり。クセになるんですよねえ…。

 

 

 地下1階の店内、けっこう広い!

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131231j:plain

 

 木曜夜の19時半、65席の店内がほぼ満席。

 

 びっくり。

 京橋のサラリーマンと思しき商用ごはんグループ、20代サラリーマンの飲み会、30代女子の二人メシが数組…そんな構成だったかな。カウンターでひとり夜ごはんな外国人さんが多かったのも印象的。

 

 なんて観察をしつつ、まずは生ビール。そしてインドワインの白へ。

 おつまみは、こんなところを。

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131312j:plain

「玉ねぎとインド豆のサラダ」

 ペッパーがきいていてビールのおつまみによかったです。もう少し酸味があったほうが好みだけれども。お願いしたら、なにか柑橘もらえたかな。

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131250j:plain

「チキン65」

 知人のイチ推し、鶏のミニから揚げなんですが、ストレートに辛い。

 ミントチャツネつけるとあら、食べやすく、新たな味の世界が。

 こういうミックスが面白いよなあ。。。

「なんで65なんですか?」

「諸説ありまして、スパイス65種類使っているという説と、辛さを100としたら65番目ぐらいに辛いとか、いろいろなんです」

「ほおお」

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131300j:plain

「カリフラワー・マンチュリアン」

 揚げたカリフラワーをトマトペーストで和えたもの。

 うーん、ソース別添えのほうがうれしい。

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131344j:plain

「エラ・チェティナード」

 タミルナード地方の料理だそうで、スパイシーなエビの炒めもの。あめ色玉ねぎにチリパウダーとかブラックペッパーを主体に風味つけしてエビと絡めた感じ。

 これこそビールのつまみに◎ですな。

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131322j:plain

 ラストに「チキンビリヤニ」をいただきましたよ。

 ビリヤニ久しぶりだなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20150327131331j:plain

 ビリヤニにかけるヨーグルトソース、ライタがおいしかった。

 これ、マネしてみたい。汁っぽくもなく固形に過ぎないヨーグルトの状態が絶妙! 作っているところを見たいなあ。。。

 

 おなかいっぱい。

 

 最初は4人ぐらいで行くのがいいかもです。

 

 

 T中さん、お誘いありがとうございました!