白央篤司の独酌ときどき自炊日記Ⅱ

郷土の食、健康と食をテーマに書いています。連絡先→hakuoatushi416@gmail.com 著書に『にっぽんのおにぎり』『にっぽんのおやつ』(理論社)、『ジャパめし。』(集英社)。2016年10月に『にっぽんのおかず』が発売になりました。3部作完結!

大井町にあるテキーラ専門店の記事をつくりました。

f:id:hakuoatsushi:20170725084640j:plain

大井町に、テキーラ専門のバーがあるんです。その名も『Gatito』(ガティート)。

テキーラと聞いて、どんなイメージが浮かびますか? 「強い酒」「二日酔いのもと」「飲み会の盛り上げアイテム」…なんてとこでしょうかね。私もそうでした。

しかしそれは、飲み方ですよね。どんな酒も一気飲みで杯を重ねればそりゃ酔います。

テキーラの種類もいろいろ。その「真価」をもっと広めたい…と一念発起した女性が、先のテキーラ専門店のオーナーさん。元は大手出版社の社員で、脱サラしてのチャレンジとのこと。これを聞いて私は、どうにも開店までのいきさつを伺いたくなってしまいました。メシ通でのコラム新作、ぜひぜひ、読んでみてほしいです。

 


こちらのお店、つまみもうまいんです。“エローテ”はぜひ食べてほしいなあ。

今回は仕事のお知らせでした。

あ、もし大井町に行かれたならば串焼きの『晋ちゃん』もぜひ。

 

 

 

 

 

 

二日目のガスパチョ、久松さんの野菜。

f:id:hakuoatsushi:20170724104229j:plain

日曜の朝食は、二日目のガスパチョでした。

ガスパチョ、巳亦敬一さんのうつわにぴったりだ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170724104425j:plain

一度枯れたアジサイ、また花がつきだしました。遅咲きなのか、狂い咲きなのか? どちらにせよ歓迎です。ようこそ。

 

そうそう、突然ですがプエラリア・ミリフィカ」という商品があるのですね。美容目的のサプリとして販売されているようですが、国民生活センターが注意喚起の記事を発表しています若い女性を中心に被害報告が増えているそう。

「このこと、もっと世間に知られてほしい」と栄養学関係のかたから聞きました。

興味のあるかたはどうぞご一読を。

美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品−若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう−(発表情報)_国民生活センター

 

f:id:hakuoatsushi:20170724104603j:plain

久松さんのところでいただいたキュウリ。 

f:id:hakuoatsushi:20170724104616j:plain

そしてトマト。こういうのはそのままいただくのが一番ですな。家人にも好評でした。

 来週は月~水とお弁当いらないそうです。楽でうれしいけど、ちょっとさびしい…ような(笑)。

 

 

 

久松農園さんのイベントに行ってきました。

f:id:hakuoatsushi:20170723123438j:plain

朝ごはん、モロヘイヤとトマトのクミンスープ。

有賀薫さんのレシピが簡単でおいしく、リピートしてます。さあ、きょうは茨城県の土浦へ向かいますよ。久松農園さんのイベントなのです。最近イベント続きだ。ちなみに茨城県は「いばら」と発音するんですよね。ここ、間違えちゃいけないところ。

f:id:hakuoatsushi:20170723124001j:plain

上野から常磐線に乗って1時間ちょい、土浦駅に着きました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723124329j:plain

駅の階段にこんな案内が。霞ヶ浦のレンコンは生産量日本一、ハスが咲くころはきれいなんですよねえ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723124618j:plain

駅の向かいは市役所で、こんな応援幕が。力士の高安さん、土浦出身なんですね。あ、バスが来た。久松農園へ向かいますよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723125008j:plain

出迎えてくれたのは、オクラとトウモロコシ、そして熱い太陽! 今回のイベント、タイトルが「畑でバーベキューして常陸野ネストビール生樽を飲もう!」というもの。聞いただけでもう、

たまりませんね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723132841j:plain

畑の手前には早くも、常陸野ネストビールのキッチンカーがスタンバイ。いや、サーバーカー、というべきかな?

ちなみに常陸野ネストは、茨城県那珂市鴻巣にある木内酒造さんがつくるクラフトビール。このフクロウマーク、見たことある人も多いでしょうね。置いてある酒販店、ホント増えました。私はここの「だいだいエール」のファン。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723130506j:plain

そしてたくさんのごちそうもスタンバイ。いい匂い、いい音!

 

f:id:hakuoatsushi:20170723131623j:plain

調理を担当されたのは、CONVEYというフードカンパニーの代表、横田渉さん。夏の屋外、炭火の前の仕込みと調理は大変なんてもんじゃないですよね…。おつかれさまです、きょうはよろしくお願いします!

 

f:id:hakuoatsushi:20170723132954j:plain

さあ、ともかくも乾杯です。

右のかたは『リカーショップサトウ』の三代目ご店主、佐藤栄介さんで、今回はスタッフとしてご参加。はじめてお目にかかりました。

茨城の酒を積極的に発信されているお店だそう。今回は寄れなかったのですが、次回必ず!

 

f:id:hakuoatsushi:20170723134101j:plain

農園の代表・久松達央さんのご挨拶のあと、みんなで乾杯! こちらは久松さんのところのトマトとパクチーを使ったオリジナルビールだそうです。かなりスッキリ、さっぱり。いやはや、ゴクゴク飲んでしまいました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723171510j:plain

スターターにガスパチョを一杯。ワインクーラーにいっぱいのガスパチョ、迫力! 強い日射しを浴びて汗かいて、おいしいガスパチョ。ああ、生き返るー!

 

f:id:hakuoatsushi:20170723171706j:plain

白サングリア、何が入ってると思います? リンゴと枝のままのシソです。久松さんの畑からきょう抜いてきたものだそう。フリーダムなサングリア作り、いいなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723171833j:plain

今回のメニュー。これらを好きにプレートに取り放題で…

 

f:id:hakuoatsushi:20170723171932j:plain

こんな感じになりました。個人的にはサルサと子羊のうまさが忘れられません。

f:id:hakuoatsushi:20170723172030j:plain

なので、子羊アンコール。久松さんの畑から採りたてのエゴマの葉と野菜で巻いていただきますよ。

f:id:hakuoatsushi:20170723172321j:plain

エゴマ葉とマリネされた野菜と羊肉、得も言われぬおいしさ!

 

f:id:hakuoatsushi:20170723184006j:plain

あ、そうそう。やっぱりサラダは圧巻でした。なんか思い出して今、「また食べたい」とかだけじゃなくて、パンにはさみたい、酢飯と海苔で巻いてみたいとか、いろんなこと思います。濃いんだよねえ。紫シソの葉がそのまま入ってたの、新鮮だったな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723172232j:plain

そしてビールが空けばサーバーカーに行って補充。うーん…会費払ってるとはいえ、さすがにバチあたりな気がしてきたぞ(笑)。極楽でした。いやいや、早々に酔っぱらってもいられません。というのも…

 

f:id:hakuoatsushi:20170723172539j:plain

久松さんご自身による農園案内があるのです。これが楽しみでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723172720j:plain

何の葉だと思いますか?

 

f:id:hakuoatsushi:20170723173117j:plain

オクラです。これは紫色になるオクラ。畑には一般的なオクラ、紫色になるもの、白っぽいの、いろいろな種類のオクラが植わっていました。「大きくはしたいけど筋っぽくなるのは避けたい、ならばどうするか?」そんな生育上の工夫の話をたくさんしてくださいます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723180913j:plain

そして「さあ、自由に採っていいですよ」なんてうれしい言葉が。収穫体験というのは本当に貴重です。多くの人に「収穫して、その場で食べる」ということを経験してみてほしい。ものにもよりますが、そうすることで「いつも買ってるスーパーまで野菜がどのくらい時間をかけてやってくるか」が実感できると思います。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723173202j:plain

これはオクラのつぼみ。オクラの花はとてもおいしい。きちんとオクラの味がします。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723173320j:plain

オクラをもがんとする子ども、まるで大根を引くかのごとく。小林一茶ならいい句にするだろうな。今回のイベントはお子さんもたくさん参加されていました。土と農業に子どもが触れてくれるのは嬉しくてなりません。体験しなくとも、「この時期にこういう野菜が露地で生ってるんだ」というのを目にするだけでも違うと思うんです。子ども、けっこうしっかり見てますからね。

  

f:id:hakuoatsushi:20170723173643j:plain

トウモロコシ畑に移動、実際に1本引っこ抜いて、あれこれ教えてくださる久松さん。昨今の品種事情など、短い時間に本当にたくさんのことを伝えてこられる。そしてトークセンスに敬服しました。久松さんは、ショーマンですね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723174031j:plain

うちの母方の祖母の家にもトウモロコシ畑がありました。夏休みに行くと、たくさんゆでてくれたなあ。子どものころの夏の思い出は、ゆがいたトウキビ、ユウガオの入った味噌汁、蚊取り線香、ハエとり紙、汲み取り便所…いろんな匂いと共に思い出されます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723174155j:plain

ヤングコーンをおみやげにいただきました。帰ったらホイル焼きにしよう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723174233j:plain

落花生の畑。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723174256j:plain

落花生の花。これが受粉すると地面に伸びて地下で結実するのだそうです。だから落花生。

f:id:hakuoatsushi:20170723174524j:plain

最後に枝豆の畑へ。今年は雨が少なく、結実がよくないとのこと。しかし今日もぎたてを焼いたのは香ばしいことこの上なく、ボリボリ食べてしまいました。

久松さん、いろいろ教えていただき、ありがとうございました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723174712j:plain

さあ、戻ってまたひと飲み。

さっきまでの熱波はどこへやら、「じきに涼しくなりますよ」と久松さんの言葉どおり、すごしやすくなりました。ビールがさらに、うまい。常陸野ネストのペールエールにアンバーエール、堪能しました。夕焼けビール。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723174913j:plain

子どもたちがぬかるんだ畑で遊ぶ遊ぶ。

夜はさぞかしグッスリ寝るんだろうな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723175039j:plain

日は暮れはじめ、久松農園のみなさんによる楽器演奏がスタート。ああ、時間を気にせず居たかった。でも、そうもいかない。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723175129j:plain

うしろ髪を痛いほど引かれつつ、辞去しました。

久松さん、スタッフのみなさん、ごちそうさまでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723175225j:plain

帰りのバス停に急げば、なんとこの日はお祭り。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723175308j:plain

御祭礼の提灯に灯がともり、雰囲気がありました。この周辺、サルスベリやキキョウ、オミナエシが暮色に映えて、うつくしかったな。しばし郷愁。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723175514j:plain

この通りね、祭りばやしがいまエンドレスに流れてるんですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723175544j:plain

帰宅。久松さんのところでいただいてきた野菜です。

さあ、飲みなおしますよ。

夏は短いのだ。

 

 

 

最近の食メモ。

f:id:hakuoatsushi:20170723100326j:plain

朝の6時台から入道雲。暑い日が続きますな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723100355j:plain

もう今シーズンは終わりと思っていたらまた一輪、ダリアが咲いてくれました。暑さに強いなあ。

さ、弁当作ろう。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723100645j:plain

この日はなんの買い物もしておらず、さて困った。こんなときのために冷凍常備してあるイシイのチキンハンバーグをあっため、両面焼いた目玉焼きでメインにしよう。

目玉焼き、暑い時期は両面焼いてしっかり火通し。

これまた冷凍のインゲンをおかかとポン酢であえて、セロリ刻んでこれまた冷凍してたハムといっしょにマヨで和えて、カレーパウダーちょい。完成。

こんな日があってもいよな。行ってらっしゃい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723100504j:plain

さて、ツイッターで見かけてどーにも作りたくなってしまった。今季初、ガスパチョ仕込みますよー。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723100516j:plain

できました。

トマトにキュウリ、玉ネギにピーマン、ニンニク少々。赤ワインビネガーにオリーブオイル、塩コショウとシンプルなレシピ。ガスパチョって音がいいよね。

今度はパプリカ加えてみよう。まずは、ひと晩寝かせます。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723100531j:plain

モロヘイヤ買ってきた。夜はこれでカレーにしようかな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723101200j:plain

そうそう、先日打ち合わせで池袋東口駅前すぐの老舗『タカセ』に行ったんでした。

オムライス、こってりクラシカルかと思いきや…意外とあっさり、食べやすい。中のケチャップライスは玉ネギ、ピーマン、マッシュルーム、コーンと野菜たっぷりでしたよ。さて、藤村公洋さんとまたイベントをやれることになったので、近々お知らせしますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170723101335j:plain

最後にお味噌汁。

マッシュルームと油揚げとたっぷりの刻みニラ。あまりもの消費で「どんどん入れちゃおう」ってなノリですが、これがいい組み合わせになりました。

好みのダシで7分ぐらいマッシュと油揚げをことこと煮て、刻んだニラ入れて1分、味噌を溶いたらできあがり。

冷房負けしそうなときにあったかい味噌汁、いいですねえ。

どんどん消化力がおとろえてるのを実感します。胃、いたわらなければですね。

 

 

 

栃木『うしとらブルワリー』工場開放イベントへ

f:id:hakuoatsushi:20170721150400j:plain

はじめて降りました、東北本線自治医大駅

ここは栃木県下野市、『うしとらブルワリー』の工場開放デーにやってきましたよ。

先日、西川口のクラフトビアバー『cariage』でこちらのビールに出合い、いっぺんでファンになったのです。

もともと『うしとら』というビアバーが下北沢にあり、オリジナルビールを醸造すべく2014年にブルワリーを立ち上げたのだとか。まだ出来て3年目なんですねえ。

 

※最初にうしとらブルワリーのビールを飲んだ日のブログ

フェイスブックでブルワリーのアカウントがあったのでフォローしていたら、「ビール祭り開催するよー」とイベント告知。こりゃ見逃せない。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721151721j:plain

駅からブルワリーまでは徒歩10分だそうな。道の途中には畑が広がり、暑さにめげず里芋が葉をのばしていました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721152115j:plain

栃木名物・カンピョウの原料となるユウガオという野菜もたわわに。ユウガオ、円筒型に生る種類と、こんなふうにダルマっぽく生る2種があります。カンピョウの原料はこのダルマ型。1つがおっきいんですよ、ビーチボールぐらいはあるかなあ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721152244j:plain

畑のそばには栗の木も。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721152320j:plain

さあ、着きました!

 

f:id:hakuoatsushi:20170721152533j:plain

おお、4種類開いてます! しかも1杯500円!

この値段であれこれ体験できるのが嬉しい。現地ならではですねえ。空いたらまた次のを繋ぐとか。楽しみだあああああ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721152951j:plain

さあ、乾杯!

あれこれ試した結果、『百花繚乱ラガー』というのが抜群に好みでした。残念ながら今年分はもうハケてしまったよう。来年また出合えますように。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721153826j:plain

場内にはフードブースもありました。小山市にある『Cafe Q』さんが出張営業。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721154858j:plain

Qさんの揚げもの、うまかったなあ。じゃがいもの素揚げ、夏のビールのアテにホント最高ですね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721155027j:plain

お店の人にすすめられたのがこちら、フライドチキンオーバーライス…だったかな?

思い出して今、もう一度食べたくてたまりません。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721155203j:plain

DJブースのお兄さん、いい表情でしょう? このとき、場内には山下達郎が流れていました。夏でうしとらビールで達郎で。ああ…来てよかった。俺、しあわせだった。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721155333j:plain

さあ、工場見学タイム!

いい感じに皆できあがっているので、知らぬ同士が会話したり、質問も気後れせず盛んに発したり。いいもんですな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721155406j:plain

案内してくれたこちらのスタッフさん、すごーく楽しいトークをされる人でした。トラトさん、とおっしゃったかな。ありがとうございました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721155847j:plain

場内にはプールもあったんですよ。

私は入らなかったけど、たまに頭から水をかぶって涼みました。最初は入る人少なかったけど、飲んで陽気になるにつれ入る人続出。子どもたちは大喜び。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721160103j:plain

これは『ほとぽっぽエール』だったかな、原料にハト麦が使われているそう。プールを隣に、たまに吹く風がなんとも気持ちいい。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721160251j:plain

ここのDJさん、分かってましたねえ…「オヤジの心のつかみ方」を。達郎ではじまり、だんだんと客の年齢層にあわせてくるんです。サザンの『勝手にシンドバッド』から中原めいこ『君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。』(名曲!)、そしてマドンナの『Like a virgin』へと続く流れのなんとも見事だったこと。

会場内の見知らぬ酔っぱらい40~50代がみんなそろって「ライク・ア・ヴァージン~Hey!!」と声をそろえたとき、私は感涙にむせびました。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721160722j:plain

スタッフのみなさん、おつかれさまでした。ありがとうございました。とっっっても楽しかったです。

 

f:id:hakuoatsushi:20170721161109j:plain

これらがビールになった頃、また来たいなあ。

 

 

 

 

 

 

新橋『宇木央』にておつかれさま会

f:id:hakuoatsushi:20170720035652j:plain

この日は千葉・香取市へ。

車窓からの一枚、あまりに青田がきれいで撮りたくなりました。

この先にはサツマイモ畑が広がり、ヒマワリは堂々とそびえ咲き、セミがもう元気に大合唱。高速脇にはユリも咲いて、筑波山がよく見えましたよ。

 夏は来ぬ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170720043926j:plain

醤油工場を見学してきました。また誌面になったら、お知らせしますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170720041054j:plain

香取市は千葉と茨城の県境、利根川を越えるとそこは潮来(いたこ)でした。

もちろん私の心には「ギッチラ・ギッチラ」というあのフレーズが流れます。そう『潮来花嫁さん』ですね。ちょうど先月までアヤメ祭り。一度来てみたいなあ。

さて、取材を終えてまた東京に戻り、新橋で取材。私にしてはめずらしく慌ただしい日でした。 

◇新橋『宇木央』

f:id:hakuoatsushi:20170720042157j:plain

さて取材も終わり、そのまま新橋飲み。

といっても、今夜はおもてなしする側です。仕事で大変お世話になった方をご招待。日本酒好きなかたなので、新橋の『宇木央』(うこう)さんにお願いしましたよ。

まずは高知・香美市のお酒『文佳人』から。好きなんだここの。

二人して「沁みるぅ…!」と声に出してしまいました(笑)。なんとまあ活き活きとして、密度の濃いうまさだろう。夏の夜の一杯目はそりゃビールもいいけれど、冷酒もいいもんですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170720042839j:plain

稚アユの酢醤油漬け。そりゃあ、うまいわ。いいアテ。

ちなみにこれで600円です。手頃なお店なんですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170720042959j:plain

今年最初のハモは『宇木央』さんで。山椒風味の照り焼きです。800円。

酢のあとに、照り焼きのあの味。そして山椒香。味のドラマティックな味の変化。そしてそれらをすべてカバーする良質の日本酒。たまらん。

日本酒、選ぶのがナンでしたら、ご主人に「合うものを選んでくれますか」と気軽にお願いしてみてください。人当たりのいいかたなんです。

 

f:id:hakuoatsushi:20170720042753j:plain

『宇木央』さんの定番酒になるのかな、栃木・宇都宮のお酒『四季桜』。こちらは五百万石米を使った特別純米生酒。フレッシュ感と香りのよさ、そしてなんとも瑞々しく。

このほか、トビウオのなめろう、トウモロコシ入りさつま揚げ、カジキの漬け焼き、麦イカと長ネギの炒めものを。

Kさんも喜んでくださったようで、よかった。

本当に長年の大役、おつかれさまでした。

 

 

 

 

水野仁輔さんのイベント、そして川口『松ちゃん』

f:id:hakuoatsushi:20170719175122j:plain

水野仁輔さんのイベントに行ってきました。

水野さんはカレーの専門家、食雑誌でもおなじみですね。料理教室やケータリング、最近ではキッチンカーの活動もされているよう。水野さんのカレーがやってくるエリアの人がああ、うらやましい。

あの、こんなところに帽子をかぶったままですいません

という話が冒頭7分ぐらい続いて、笑いました。

「きょうは調理仕事からの直行で、調理の時は帽子をかぶるのでこういう恰好なんです…スミマセン」とのこと。

それだけのことなんですが、語りぶりがほほえましいんですね。ご人徳だと思いました。さらに自己紹介から、カレーのよもやま話へ。

ココイチって日本に1300軒ぐらいあるんです。そしてカレー専門店って日本に4~5千店ぐらいあるといわれてるんですね。すごくないですか。つまり日本のカレー屋さんって、3~4軒に1軒はココイチなんですよ

この話、妙に心に残っています。我が町にも1軒あるなあ。

水野さん、淡々と話されるんですが「引き込み力」がすごい。会場で退屈してる人、多分いなかったと思います。そういうの、空気で分かりますね。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719182350j:plain

今回の講演は、水野さんの新刊『いちばんおいしい家カレーをつくる』とはどんな本かが軸となっていました。

とはいっても、やっぱり単なる本の紹介では終わりません。

「日本におけるカレーの成り立ち」

「あめ色玉ネギの意味とその楽な調理法」

「欧風カレー、インドカレー、そして双方のいいところがミックスされた、ジャパニーズカレーについて」

こんな内容で、2時間があっという間に。

質問タイムでは1つお聞きできて、ラッキーでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719183006j:plain

21時で講演が終わって、赤ちょうちんへ寄り道。

大好きな『松ちゃん』、ここはいい日本酒が飲めるんですよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719183652j:plain

最近は「とりあえずビール」やめました。

まずは山口県萩の酒『東洋美人』から。誰かが「サッカーの中田選手のお気に入りだそうですよ」なんて言ってたけど、ホントなのだろうか。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719184224j:plain

この日のお通しは、ハムとキュウリと玉ネギのマリネ。好きだなー、こういうの。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719184402j:plain

水ナス漬。あっさりと、なんともいい漬け具合。たしか300円ぐらいでした。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719184831j:plainそして2杯目、秋田・山本郡八峰町の『山本』を。

バランスよくて、ふくよかで。

裏を見ると…

f:id:hakuoatsushi:20170719185241j:plain

ははは。こういうの、いいですね。ユーモアのある方だな。

 

f:id:hakuoatsushi:20170719185405j:plain

これ、トマトじゃなくて玉ネギなんです。らっきょう酢に漬けたこの玉ネギがうまいんだ。酢のもの好きとしては毎度頼んでしまう。

 ごちそうさまでした。さあ、帰って寝よう。